HOME
  • 医学部
医学部 医学科・看護学科

医学域長からのメッセージ

山梨大学医学域長 中尾 篤人

「ローカルな環境で育まれるグローバルな医学教育と研究」

 山梨大学医学部の特徴は、富士山や南アルプス、八ヶ岳に囲まれた「シルクハットをひっくり返したような」(太宰治“新樹の言葉”より)美しい甲府盆地の静かな環境の中で、数千人程度の教職員・学生が日々協力しながら教育・研究活動をしていることです。若干恐れ多いですが英国のオックスフォードやケンブリッジ大学のような大学の雰囲気を持っています。このような恵まれた自然環境と教職員・学生間の風通しの良さは東京や大阪など大都市に立地する数万人規模の大学では決して手に入りません。
 大学の使命や醍醐味は研究活動を通じ、より良い社会を築くことに貢献することです。そのために私達は面白い研究を行い世界レベルで優れた業績をあげている人達を教員として採用し研究の質を高め続けています。その結果、脳、癌、ウイルス、血液、アレルギーなど現代医学の大切なトピックにおいて卓越した研究を行いその成果は数多くの一流医学雑誌に掲載されています。地方都市の小規模な医学部としては驚くほど効率的に質の高い基礎ならびに臨床研究がされており社会的にも注目されています。
 また優れた研究活動を通じて未来を担う学生を育てることも大学の使命です。そのため研究に興味を持つ医学生に対して研究者としての早期教育を医学部として公式に施すことを国内で最初に始めました(「リエゾンアカデミー」)。このコースでは毎年医学科学生を募集し大学院講座に受け入れ課外時間や学期間の休暇を利用し在学中から大学院に準じた研究教育を行っています。このコースで教育を受けた学生達は「サイエンス・インカレ」での最高賞受賞など優れた成果をあげています。このような成果も質の高い研究を行う教員と学生の距離が近いことの賜物と考えています。また平成28年度医学科新入学生からは医学教育の国際認証評価基準に合致した臨床実習を重視した新カリキュラムがスタートしています。
 現在、ビッグデータ、人口知能、ロボットなどのテクノロジーが医学を根底から変えつつあります。NatureやCellといった科学誌では私達のカラダや心に関する常識を一変させる報告が毎月のように掲載されています。このような変革期だからこそ周囲に振り回されず静かで集中できる環境で優秀なメンター(教員)から人間的に暖かい雰囲気を通じ知識や技能だけでなくその根底となる教養やロジカルな考え方を指導されることがとても重要です。そのような教育により研究の本質を理解した学生こそが医学を取り巻く環境がどのように変化しても健康増進や病気を治すことにモチベーションを抱きつづけ新しい医学を開拓し数多くの患者さんに将来福音をもたらしてくれると思います。単純に“田舎”と言ってしまえばそれまでですが、インターネットが発達した今日では、ローカルで優れているものはグローバルでも優れていることを簡単に証明できます。山梨大学医学部は学問に没頭するには極めて恵まれた自然および人的環境を活かし未来の医学を生み出すオリジナルな研究ならびに将来の医学を担う学生を輩出するための豊かな教育をこれからも提供しそのユニークな価値を証明していきます。(平成29年4月1日)

中尾 篤人
医学部
理念と概要
沿革
組織図
医学科
新カリキュラム
講座紹介
卒後進路
看護学科
電子シラバス
倫理委員会
同窓会