English

掲載日:2016.12.28 お知らせ

医学部小児科学講座大学院4年生の黄媚賢さんが第58回アメリカ血液学会においてAbstract Achievement Awardを受賞

2016年12月2日(金)から6日(火)まで、米国カリフォルニア州サンディエゴで開催された第58回アメリカ血液学会American Society of Hematology (ASH) Annual Meetingにおいて、医学部小児科学講座大学院4年生の黄媚賢さんがAbstract Achievement Awardを受賞しました。 ASHは世界中から2万人以上の参加者が集まる血液領域で最大の学会で、演題の採択率は約50%です。口演発表は更に狭き門で、採択率は応募演題の10%のみです。Abstract Achievement Awardは、口演発表に選ばれた演題の中から特に抄録査読において高得点を取得した学術的に優れた発表に与えられる賞です。

 黄媚賢さんの口演発表のタイトルは「Molecular Mechanism for Synergistic Anti-Leukemic Activity of Tyrosine Kinase Inhibitors and Glucocorticoids Against Ph+ALL」で、フィラデルフィア染色体を有する急性リンパ性白血病において、チロシンキナーゼ阻害薬とステロイド剤が協調的に作用する分子細胞生物学的機序を世界で初めて明らかにしたものです。

 


このページについて問い合わせる

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合せ内容

内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。