本文へスキップ

Department of Ophthalmology, Yamanashi University

サブナビゲーション

TEL : 055-273-1111

ご挨拶

教授(科長)飯島裕幸

教授

山梨大学医学部眼科学講座ではよりよい医療人を育成するとの大学の理念にのっとり、卒前教育(学生教育)、卒後教育(研修医教育、医師の生涯教育)を充実させて、眼科専門医の育成に努めています。また地域の拠点病院として、高度の医療技術を要する眼科疾患にも対応できる診療体制を整備しています。さらに眼科に関する医学研究の進歩に貢献できるよう臨床研究、基礎研究を発展させ、その成果を世界に向けて発信しています。


医局の歴史

1982年(昭和57年)、旧山梨医大の眼科初代教授に塚原重雄が就任しました。塚原重雄は1983年(昭和58年)に開院した山梨医科大学附属病院の眼科を山梨県内での眼科医療の中核となるよう、外来、病棟、手術室の整備につとめました。塚原重雄はその後、1998年に副学長を兼務する山梨医科大学附属病院の病院長に就任し、大学と病院の発展に尽くしました。さらに2004年には統合後の山梨大学の理事として、主に大学の経営、医療面で多大の貢献をしました。
1999年に准教授(当時は助教授と呼んでいた)であった飯島裕幸が第2代の教授に就任しました。裂孔原性網膜剥離や増殖糖尿病網膜症、硝子体界面黄斑疾患(黄斑円孔や網膜前膜)の治療法である網膜硝子体手術は、地域の中核病院である大学病院の眼科に求められる大きな役割の一つです。飯島裕幸の専門は網膜疾患でしたが、年々ニーズの高まる硝子体手術の専門家の育成に特に力を注ぎ、山梨県内外の診療施設から紹介されてくるこれらのsurgical retina対象疾患患者診療に対応できる体制を整えました。さらに初代の塚原重雄の専門であった緑内障も含め、角結膜疾患、ぶどう膜強膜疾患、神経眼科疾患、小児眼科疾患、眼付属器(眼瞼、眼窩、涙道)のすべての眼科疾患に対応できる大学眼科診療体制の構築に努めて、医局の体制を整備しています。

山梨大学医学部眼科学教室

〒409-3898
山梨県中央市下河東1110

TEL:055-273-1111
FAX:055-273-6757