本文へスキップ

Department of Ophthalmology, Yamanashi University

サブナビゲーション

TEL : 055-273-1111

各年の業績

2016年の業績

英文論文

1.
Nishisako M, Meguro A, Nomura E, Yamane T, Takeuchi M, Ota M, Kashiwagi K, Mabuchi F, Iijima H, Kawase K, Yamamoto T, Nakamura M SLC1A1 Gene Variants and Normal Tension Glaucoma: An Association Study Ophthalmic Genet 37(2):194-200
2.
Kume A, Ohshiro T, Sakurada Y, Kikushima W, Yoneyama S, Kashiwagi K Treatment Patterns and Health Care Costs for Age-Related Macular Degeneration in Japan: An Analysis of National Insurance Claims Data. Ophthalmology 123(6):1263-1268
3.
The Japanese Archive of Multicentral Database in Glaucoma (JAMDIG) construction group(Kashiwagi K, を含む) A novel method to predict visual field progression more accurately, using intraocular pressure measurements in glaucoma patients. Sci Rep 3172
4.
Kashiwagi K, Kogure S, Mabuchi F, Chiba T, Yamamoto T, Kuwayama Y, Araie M; Collaborative Bleb-Related Infection Incidence and Treatment Study Group. Change in visual acuity and associated risk factors after trabeculectomy with adjunctive mitomycin C. Acta Ophthalmologica 94(7):e561-e570
5.
Kashiwagi K, Kitamura K, Mabuchi F, Chiba T, Kogure S Current Status of Mitomycin C-Augmented Trabeculectomy in Japan Based on Collaborative Bleb-Related Infection Incidence and Treatment Study EC ophthalmology 4(3):553-562
6.
Lulin Huang, 41Sakurada Y, 43Iijima H A missense variant in FGD6 confers increased risk of polypoidal choroidal vasculopathy Nat Genet 48(6):640-647
7.
Yokomichi H, Kashiwagi K, Kitamura K, Yoda Y, Tsuji M, Mochizuki M, Sato M, Shinohara R, Mizorogi S, Suzuki K, Yamagata Z Evaluation of the associations between changes in intraocular pressure and metabolic syndrome parameters: a retrospective cohort study in Japan BMJ Open 6(3):e010360
8.
Fujino Y, Asaoka R, Murata H, Miki A, Tanito M, Mizoue S, Mori K, Suzuki K, Yamashita T, Kashiwagi K, Shoji N Evaluation of Glaucoma Progression in Large-Scale Clinical Data: The Japanese Archive of Multicentral Databases in Glaucoma (JAMDIG) Invest Ophthalmol Vis Sci 57(4):2012-2020
9.
Kikushima W, Sakurada Y, Sugiyama A, Tanabe N, Kume A, Iijima H Factors Predictive of Visual Outcome 1 Year After Intravitreal Aflibercept Injection for Typical Neovascular Age-Related Macular Degeneration. J Ocul Pharmacol Ther 32(6):376-382
10.
Yoneyama S, Sakurada Y, Kikushima W, Sugiyama A, Tanabe N, Mabuchi F, Kubota T, Iijima H Genetic factors associated with choroidal vascular hyperpermeability and subfoveal choroidal thickness in polypoidal choroidal vasculopathy Retina 36(8):1535-1541
11.
Sakurada Y, Yoneyama S, Sugiyama A, Tanabe N, Kikushima W, Mabuchi F, Kume A, Kubota T, Iijima H Prevalence and Genetic Characteristics of Geographic Atrophy among Elderly Japanese with Age-Related Macular Degeneration. PLoS One 11(2):e0149978
12.
Imasawa M, Tanabe J, Kashiwagi F, Kashiwagi K Efficacy and Safety of Switching Latanoprost Monotherapy to Bimatoprost Monotherapy or Combination of Brinzolamide and Latanoprost Open Ophthalmol J 10:94-102
13.
Taguchi M, Shinozaki Y, Kashiwagi K, Shigetomi E, Robaye B, Koizumi S Muller cell-mediated neurite outgrowth of the retinal ganglion cells via P2Y6 receptor signals J Neurochem 136(4):741-751
14.
Tateno Y, Sakurada Y, Yoneyama S, Kikushima W, Mabuchi F, Sugiyama A, Tanabe N, Kubota T, Iijima H Risk Factors for Second Eye Involvement in Eyes with Unilateral Polypoidal Choroidal Vasculopathy Ophthalmic Genet 37(2):177-182

和文論文

1.
加茂純子,原田 亮,瀬戸寛子,大島裕司 両眼開放のVisual Field ScoreとFunctional Field ScoreのいずれがNational Eye Institute Visual Functioning Questionnaire25(VFQ25)とより関連するか? あたらしい眼科 33(3):461-466
2.
柏木賢治,相原 一,稲谷 大,岩瀬愛子,川瀬和秀,杉山和久,中澤 徹,中村 誠,福地健郎,吉富健志,新家 眞 緑内障診療データの管理と共通化の現状とデータ共通化に向けての取り組み 日本眼科学会雑誌 120(8):540-547
3.
田辺譲二,河野恭子,津村豊明,花田斉久,遠藤勝久,柏木ふみ子,加藤圭一,楳窪のりこ,相田幸子,柏木賢治 ビジョンバンを用いた眼科検診の意義と課題-山梨県中央市における事例 日本の眼科 87(2):167-170
4.
坂本雅子,中込友美,櫻田庸一,地場達也,柏木賢治,飯島裕幸 抗結核治療が奏効した結核性網膜静脈炎の1例 眼科 58(2):215-221

著書/総説

1.
飯島裕幸 網膜静脈閉塞症の疑問 疑問3.黄斑浮腫ではどうして視細胞が障害されるのか? 眼科 58(13):1591-1595
2.
飯島裕幸 網膜静脈閉塞症の疑問 2.RVO眼の黄斑浮腫以外の視力低下要因 眼科 58(10):1073-1076
3.
櫻田庸一 特集 中心性漿液性脈絡網膜症(CSC)最近の話題 4 CSCと遺伝子異常 眼科 58(7):739-744
4.
柏木賢治 特集 緑内障点眼薬の基礎と臨床 3 β遮断薬の功罪 眼科 58(12):1441-1447
5.
飯島裕幸 網膜静脈閉塞症の疑問 1.黄斑浮腫があるとどうして視力が低下するのか? 眼科 58(8):859-862
6.
飯島裕幸 真性多血症 今日の眼疾患治療指針 第3版:710-711
7.
Kashiwagi K Angle-Closure Glaucoma: Iridotomy Pearls of Glaucoma Management :511-516
8.
柏木賢治 眼科医の手引 線維柱帯切除手術後 白内障 日本の眼科 87(8):1097-1098
9.
津村豊明 特集 虚血性眼疾患を考える 1網膜動脈閉塞症 眼科 58(5):513-519
10.
飯島裕幸 第119回日本眼科学会総会 特別講演Ⅱ Humphrey視野計でみる網膜疾患 日本眼科学会雑誌120 (3):190-209

その他

1.
飯島裕幸 特集 加齢黄斑変性アップデート 序論 眼科 58(13):1521-1522
2.
飯島裕幸 時々、まぶしい光が見えます きょうの健康:2016.12:116
3.
飯島裕幸 特集 中心性漿液性脈絡膜症(CSC)最近の話題 眼科 58(7):711-712
4.
飯島裕幸 他科への手紙 眼科→内科・脳神経外科 日本医事新報 4815:45
5.
飯島裕幸 病院の実力 山梨編98 緑内障治療まずは点眼薬 読売新聞 2016年4月3日
6.
飯島裕幸 特集 眼の細菌感染 序論 眼科 58(2):117-118

2015年の業績

英文論文

1.
Yamamoto T, Kuwayama Y Changes in visual acuity and intra-ocular pressure following bleb-related infection: the Japan Glaucoma Society Survey of Bleb-related Infection Report 2. Acta Ophthalmologica 91(6):e420-e426
2.
Sakurada Y, Mabuchi F Advances in glaucoma genetics. Prog Brain Res 220:107-126
3.
Yanagisawa S, Sakurada Y, Miki A, Matsumiya W, Imoto I, Honda S The association of elastin gene variants with two angiographic subtypes of polypoidal choroidal vasculopathy. PLoS One 10(3):e0120643
4.
Cheng CY, (Sakurada Y, Iijima H, を含む) New loci and coding variants confer risk for age-related macular degeneration in East Asians. Nat Commun 6:6063
5.
Mabuchi F, Sakurada Y, Kashiwagi K, Yamagata Z, Iijima H, Tsukahara S Involvement of genetic variants associated with primary open-angle glaucoma in pathogenic mechanisms and family history of glaucoma Am J Ophthalmol 159(3):437-444
6.
Kikushima W, Imai A, Toriyama Y, Hirano T, Murata T, Ishibashi T Dynamics of Macular Hole Closure in Gas-Filled Eyes within 24 h of Surgery Observed with Swept Source Optical Coherence Tomography. Ophthalmic Res 53(1):48-54
7.
Sakurada Y, Nakamura Y, Yoneyama S, Mabuchi F, Gotoh T, Tateno Y, Sugiyama A, Kubota T, Iijima H Aqueous humor cytokine levels in patients with polypoidal choroidal vasculopathy and neovascular age-related macular degeneration. Ophthalmic Res 53(1):2-7

和文論文

1.
加茂純子 視覚のインペアメントをスコア化できる米国と韓国の制度から日本の制度を考える. 日本ロービジョン学会誌 15:35-41
2.
鶴岡三惠子,加茂純子,井上憲治 視覚の身体障害者認定基準では評価が難しい症例についてのFunctional Vision Scoreでの評価. 眼科臨床紀要 8:885-890
3.
柏木賢治 日本人の点眼継続率は本当に高いのですか? 臨床眼科 69(11):270-273
4.
田辺友理子,田辺直彦,飯島裕幸 緑内障と診断されていた網膜色素変性の2例 眼科 57(1):67-75

著書/総説

1.
加茂純子 184. 緑内障とロービジョンケアー欧米と比較してー あたらしい眼科 32:1433-1434
2.
加茂純子 眼科医のための心身医学 眼瞼疾患と心身医学 OCULISTA 30:31-39
3.
加茂純子 ロービジョンケアの実際 視覚障害判定(欧米との違い) 専門医のための眼科クオリファイ 26:104-109
4.
加茂純子 ロービジョンケアの実際 静的視野 専門医のための眼科クオリファイ 26:44-47
5.
飯島裕幸 特集 視野異常を診断する 6黄斑疾患とハンフリー視野 眼科 57(13):1671-1676
6.
間渕文彦 緑内障の疾患関連遺伝子は現在どのくらい見つかっているのですか? 緑内障なんでも質問箱:48-53
7.
柏木賢治 日本人の点眼継続率は本当に高いのですか? 緑内障なんでも質問箱:102-104
8.
大城智洋 特集●網膜?離手術の考え方と実際 裂孔の見つけ方および裂孔不明症例の治療 眼科手術 28(3):308-312
9.
飯島裕幸 網膜疾患を評価するのに適した視野検査法を教えてください 専門医のための眼科診療クオリファイ 27 視野検査とその評価:175-177
10.
飯島裕幸 加齢黄斑変性 専門医のための眼科診療クオリファイ 27 視野検査とその評価:154-157
11.
飯島裕幸 網膜静脈閉塞症 専門医のための眼科診療クオリファイ 27 視野検査とその評価:151-153
12.
飯島裕幸 中心性漿液性脈絡網膜症 専門医のための眼科診療クオリファイ 27 視野検査とその評価:147-150
13.
米山征吾 Ⅷ 腫瘍性疾患/炎症性疾患/外傷 5 視細胞炎症性疾患(MEWDSなど) 眼科 57(4):677-683
14.
飯島裕幸 Ⅳ 網膜血管病 4 眼虚血症候群 眼科 57(4):500-504
15.
櫻田庸一 Ⅲ 所見と病態 1 網膜出血 眼科 57(4):423-427
16.
飯島裕幸 Ⅱ検査 10 視野検査 眼科 57(4):409-413
17.
飯島裕幸 Ⅰ症状と鑑別診断 3 中心暗点,傍中心暗点 眼科 57(4):318-322
18.
飯島裕幸 南山堂医学大辞典 20版 南山堂医学大辞典 20版

その他

1.
飯島裕幸 あなたの目、大丈夫? 眼精疲労対策 NHKテレビテキスト きょうの健康 12:54-57
2.
飯島裕幸 あなたの目、大丈夫? 目の働きは? NHKテレビテキスト きょうの健康 12:50-53
3.
飯島裕幸 特集 眼科再手術  序論 眼科 57(11):1303-1304
4.
篠崎和美,吉富健志,永田 哲,柏木賢治,川瀬和秀,野田佳宏,山西茂喜,小野眞史,稲用和也,奥田保男 眼科領域の『標準化』の進捗-『標準化』でコストダウン・相互運用性を目指した快適な眼科領域の医療情報環境へ-2014年度活動報告と2015年度予定 日本の眼科 86(9)1288-1291
5.
柏木賢治 「1人2万円・1週間」の手法で緑内障関連遺伝子解析に挑む Medical Tribune 2015.10.15
6.
飯島裕幸 みなさんの健康 遠視眼と遠近両用眼鏡 広報しょうわ 2015:7月号
7.
飯島裕幸 みなさんの健康 遠視眼と遠近両用眼鏡 広報ちゅうおう 2015:7月号
8.
飯島裕幸 網膜動脈分枝閉塞症・網膜静脈分枝閉塞症 ドクターサロン 59(7):29-33
8.
今澤光宏 ウイルス性結膜炎 仕事休むほどの病気? 山梨日日新聞6月18日 メディカルテラス

2014年の業績

英文論文

1.
Yoneyama S, Sakurada Y, Mabuchi F, Sugiyama A, Kubota T, Iijima H Genetic variants in the SKIV2L gene in exudative age-related macular degeneration in the Japanese population. Ophthalmic Genet 35(3):151-155
2.
Yoneyama S, Sakurada Y, Mabuchi F, Imasawa M, Sugiyama A, Kubota T, Iijima H Genetic and clinical factors associated with reticular pseudodrusen in exudative age-related macular degeneration. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 252(9):1435-1441
3.
Kitamura K, Yokomichi H, Yamagata Z, Tsuji M, Yoda Y, Kashiwagi K Changes in intraocular pressure and associated systemic factors over 10 years in subjects without ocular disease at baseline. J Glaucoma 23(3):185-189
4.
Yamamoto T, Sawada A, Mayama C, Araie M, Ohkubo S, Sugiyama K, Kuwayama Y, The Collaborative Bleb-Related Infection Incidence and Treatment Study Group(Kashiwagi K, Mabuchi F, Chiba T, を含む) The 5-Year Incidence of Bleb-Related Infection and Its Risk Factors after Filtering Surgeries with Adjunctive Mitomycin C. Ophthalmology 121(5):1001-1006
5.
Kashiwagi K, Furuya T Persistence with topical glaucoma therapy among newly diagnosed Japanese patients. Jpn J Ophthalmol 58(1):68-74
6.
Kashiwagi K, Tsukahara S Impact of Patient Access to Internet Health Records on Glaucoma Medication: Randomized Controlled Trial. Journal of Medical Internet Research 16(1):1-14

和文論文

1.
松原美緒,田辺直彦,館野 泰,阿部圭哲 眼内悪性リンパ腫5症例の検討. 山梨中病年報 40:89-92
2.
原田 亮,加茂純子,瀬戸寛子,大島裕司 Colenbranderグリッドスコアの右左合成両眼と両眼開放,FFSの関係. 臨床眼科 68:1161-1166
3.
加茂純子,荘子万可,村松志保,赤澤博美,阿部水穂,山本ひろ子 細菌性結膜炎の眼脂培養による2008年から2011年の抗菌薬の感受性率の変化. あたらしい眼科 31:1037-1042
4.
米山征吾,地場達也,中込友美,飯島裕幸 高度の視野障害を伴った多発消失性白点症候群の1例. 眼科 56(6):767-773
5.
高橋 博,古藤田優実,古屋敏江,大城智洋,間渕文彦,飯島裕幸 眼球摘出に至ったアカントアメーバ角膜炎. 臨床眼科 68(4):477-481
6.
松原美緒,阿部圭哲,若杉正清,神崎健仁,長沼 司,小山敏雄 前部虚血性視神経症を生じた好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の1例. 眼科 56(5):649-654

著書/総説

1.
飯島裕幸 Ⅲ網膜疾患と硝子体疾患 Q6網膜静脈閉塞症の薬物治療について教えてください あたらしい眼科 (臨増)31:98-99
2.
Mabuchi F Genetics of glaucoma: Japanese perspective. Glaucoma Second Edition:298 2014J
3.
柏木賢治 周辺前房深度計 専門医のための眼科診療クオリファイ 24 前眼部の画像診断:148-154
4.
Kashiwagi K Chapter11 Interaction Between RGC Bodies and Glia. Neuroprotection and Neuroregeneration for Retinal Diseases:143-160
5.
飯島裕幸 網膜静脈分枝閉塞症の治療戦略. あたらしい眼科 31(8):1119-1124
6.
豊浦正広,柏木賢治,茅 暁陽 2片眼失明者のための距離情報の獲得と提示 ウエアラブル・エレクトロニクス 通信・入力・電源・センサから材料開発、応用事例、セキュリティまで:173-183
7.
柏木賢治 走査式周辺前房深度計 眼科臨床エキスパートAllAbout原発閉塞隅角緑内障:132-134
8.
飯島裕幸 加齢黄斑変性臨床の疑問 疑問2:血管病変を伴わない網膜色素上皮剥離は治療対象か? 眼科 56(5):629-634
9.
飯島裕幸 加齢黄斑変性臨床の疑問 疑問1:高齢者の漿液性網膜色素上皮剥離は滲出型AMDか? 眼科 56(3):417-423
10.
櫻田庸一 加齢黄斑変性 Retina Medicine 3(1):21-25
11.
飯島裕幸 硝子体/眼球鉄症 専門医のための眼科診療クオリファイ 21 眼救急疾患スクランブル:249-251
12.
飯島裕幸 特集/視野検査update 網膜疾患の評価と視野検査法 MonthlyBook OCULISTA 11:67-77

その他

1.
飯島裕幸 特集 黄斑疾患診療の進歩 序論 眼科 56(12):1387-1388
2.
飯島裕幸 病態を考慮したRVOの治療戦略とVEGF阻害薬の可能性 2014年5月25日座談会記録集
3.
飯島裕幸 第67回日本臨床眼科学会印象記 特別講演1山本哲也「患者(ひと)は何故緑内障で失明すのか?失明回避にTSUNAGUために」 眼科 56(8):1021-1022
4.
飯島裕幸 特集 網膜剥離診断 序論 眼科 56(9):1033-1034
5.
飯島裕幸 写真でみるあの医師のHomeとAway 眼科グラフィック 3(5):573-575
6.
高橋 博 ドクター紹介 岡谷市民病院 ホスピタル情報誌オーエン 21:3
7.
飯島裕幸 特集 未熟児網膜症:最近の知見 序論 眼科 56(6):671-672
8.
柏木賢治 県境を超えた地域医療連携について 厚生労働科学研究費補助金地域医療基盤開発推進研究事業 平成25年度総括・分担研究報告書:97-98
9.
柏木賢治 中央市におけるビジョンバンを用いた眼科検診について 山梨県眼科医会会報 2014:49-50
10.
飯島裕幸 特集 糖尿病黄斑浮腫 序論 眼科 56(4):451-452
11.
飯島裕幸 巻頭言 眼循環学会タイムズ 2014March(4):1
12.
豊浦正広,柏木賢治 片眼鏡 片眼失明者や斜視患者への距離情報の強調提示 日本薬学会ファルマシア 50(3):240-242
13.
地場達也 40代で緑内障疑い治療すれば治る? 山梨日日新聞2月20日 メディカルテラス

2013年の業績

英文論文

1.
Yamamoto T, Kuwayama Y, Nomura E, Tanihara H, Mori K, for the Study Group for the Japan Glaucoma Society Survey of Bleb-related Infection(Kashiwagi K, Mabuchi F, Chiba T, を含む)Changes in visual acuity and intra-ocular pressure following bleb-related infection: the Japan Glaucoma Society Survey of Bleb-related Infection Report 2. Acta Ophthalmologica 91(6):e420-e426
2.
Yamamoto T, Kuwayama Y, Kano K, Sawada A, Shoji N, for the Study Group for the Japan Glaucoma Society Survey of Bleb-related Infection(Kashiwagi K, Mabuchi F, Chiba T, を含む)Clinical features of bleb-related infection: a 5-year survey in Japan. Acta Ophthalmologica 91(7):619-624
3.
Kato T, Meguro A, Nomura E, Uemoto R, Nomura N, Ota M, Kashiwagi K, Mabuchi F, Iijima H, Kawase K, Yamamoto T Association study of genetic variants on chromosome 7q31 with susceptibility to normal tension glaucoma in a Japanese population. Eye(Lond) 27(8):979-83
4.
Aihara M, Oshima H, Araie M; EXTraKT study group (Chiba T, Mabuchi F, Kashiwagi K,を含む)Effects of SofZia-preserved travoprost and benzalkonium chloride-preserved latanoprost on the ocular surface -- a multicentre randomized single-masked study. Acta Ophthalmologica 91(1):e7-e14
5.
Fatima Z, Ichikawa T, Ishigame K, Motosugi U, Waqar AB, Hori M, Iijima H, Araki T Orbital Masses: the Usefulness of Diffusion-Weighted Imaging in Lesion Categorization. Clin Neuroradiol 12
6.
Sakurada Y, Iijima H Two-year results of photodynamic therapy with or without intravitreal ranibizumab for polypoidal choroidal vasculopathy. J Ocul Pharmacol Ther 29(9):832-836
7.
Kashiwagi K, Tanabe N, Go K, Imasawa M, Mabuchi F, Chiba T, Sugiyama A, Abe K Comparison of a remote operating slit-lamp microscope system with a conventional slit-lamp microscope system for examination of trabeculectomy eyes. J Glaucoma 22(4):278-283
8.
Kashiwagi K, Chiba T, Mabuchi F, Furuya T, Tsukahara S Five-year incidence of angle closure among glaucoma health examination participants. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 251(4):1219-1228
9.
Iijima H Visual loss and perimetric sensitivity in eyes with retinitis pigmentosa. Jpn J Ophthalmol 57(6): 563-567
10.
Nakagomi T, Goto T, Tateno Y, Oshiro T, Iijima H Macular slippage after macular hole surgery with internal limiting membrane peeling. Curr Eye Res 38(12):1255-1260
11.
Goto T, Nakagomi T, Iijima H A comparison of the anatomic successes of primary vitrectomy for rhegmatogenous retinal detachment with superior and inferior breaks. Acta Ophthalmologica 91(6):552-556
12.
Kashiwagi K, Ito K, Haniuda H, Ohtsubo S, Takeoka S Development of Latanoprost-Loaded Biodegradable Nanosheet as a New Drug Delivery System for Glaucoma. IOVS 54(8):5629-5637
13.
Sakurada Y, Yoneyama S, Imasawa M, Iijima H Systemic risk factors associated with polypoidal choroidal vasculopathy and neovascular age-related macular degeneration. RETINA 33(4):841-845

和文論文

1.
加茂純子,原田 亮,松本行弘 緑内障のある運転手のBinocular Esterman Score対 Functional Field ScoreのThe 25-item National Eye Institute Visual Function Questionnaireへの関連 日本ロービジョン学会誌13:11-15
2.
豊浦正広,柏木賢治,茅 暁陽 片眼失明者に距離情報を強調提示する片眼鏡の開発 日本バーチャルリアリティ学会論文誌18(4)
3.
櫻田庸一 平成24年度日本眼科学会学術奨励賞 受賞論文総説 ポリープ状脈絡膜血管症の表現型とARMS2遺伝子多型 日本眼科学会雑誌 117(11):886-892
4.
齊藤 森,飯島裕幸 骨粗鬆症治療薬バゼドキシフェン酢酸塩(ビビアント)の副作用と考えられた網膜中心静脈閉塞症の1例 眼科 55(7):825-829

著書/総説

1.
加茂純子 ロービジョンエイドとしてのデジタルデバイスの活用(視機能評価の道具としても)眼科グラフィック 2:36-39
2.
間渕文彦 これからの緑内障スクリーニング スクリーニングにおける遺伝子検査の可能性 Frontiers in Glaucoma 46:39-45
3.
飯島裕幸 特集 網膜静脈閉塞症の病態と治療 3.黄斑浮腫に対する抗VEGF治療 眼科 55(13):1595-1601
4.
柏木賢治 特集/緑内障性視神経症の診断 眼圧検査 MonthlyBook OCULISTA 9:7-14
5.
地場達也 2.隅角の評価~UBMとの比較にも触れて 眼科 55(12):1481-1489
6.
山本哲也,竹内 勤,柏木賢治,鈴木勝也 慢性疾患、緑内障の治療を再考する~関節リウマチの治療をもとに~ Frontiers in Glaucoma 46:103-113
7.
著:友廣雅之 監修:柏木賢治,長谷川貴史,野村 護 獣医・実験動物眼科学-獣医臨床とヒトに外挿できる医薬品の眼毒性評価のための基礎知識- 総頁88ページ
8.
飯島裕幸 脈絡膜骨腫 専門医のための眼科診療クオリファイ 18 眼底OCTのすべて:298-301
9.
飯島裕幸 網膜動脈閉塞症 専門医のための眼科診療クオリファイ 18 眼底OCTのすべて:177-181
10.
飯島裕幸 RVOの病態 Ophthalmic Foresight 18(1):4-5
11.
柏木賢治 これからの緑内障診療のために スクリーニングを考える(第II章) 病型別スクリーニング 閉塞隅角緑内障スクリーニング Frontiers in Glaucoma 45:60-64

その他

1.
柏木賢治 新規緑内障治療患者の点眼継続性 CONFERENCE WALK 82:6 第66回日本臨床眼科学会
2.
飯島裕幸 特集 眼底自発蛍光と網膜臨床 序論 眼科 55(9):985-986
3.
飯島裕幸 特集 網膜静脈閉塞症の病態と治療 序論 眼科 55(13):1577-1578
4.
飯島裕幸 OCT画像の新知見 序論 眼科 55(4):319-320
5.
地場奈実 ドライアイか治療方法は? 山梨日日新聞12月19日 メディカルテラス
6.
阿部圭哲 目の前の浮遊物 治療は必要? 山梨日日新聞10月17日 メディカルテラス
7.
小暮 諭 旅行中毒 山梨県医師会報8月号 512:54
8.
間渕文彦 みなさんの健康 白内障について 広報ちゅうおう 2013:8月号
9.
櫻田庸一 学生時代の遺伝子形式への興味をきっかけに やりたいことを試してみる-まずは行動 銀海 No224:28-29
10.
柏木賢治 眼球の「隅角」計測で危険性予見 山梨日日新聞2月21日
11.
飯島裕幸 医学教室とFD,テュートリアル 山梨県医師会報1月号 505:35

2012年の業績

英文論文

1.
Andrews J, Chang DS, Jiang Y, He M, Foster PJ, Munoz B, Kashiwagi K, Friedman DSComparing approaches to screening for angle closure in older Chinese adults. Eye (Lond) 26:96-100
2.
Hanada N, Iijima H, Sakurada Y, Imasawa MRecurrence of macular edema associated with branch retinal vein occlusion after intravitrealbevacizumab. JpnJ Ophthalmol 56:165-174
3.
Iijima HCorrelation between visual sensitivity loss and years affected for eyes with retinitis pigmentosa. Jpn J Ophthalmol 56:224-229
4.
Kashiwagi KEfficacy and safety of switching to travoprost/timolol fixed-combination therapy from latanoprostmonotherapy. Jpn J Ophthalmol 56:339-345
5.
Chiba N, Imasawa M, Goto T, Imai M, Iijima H Foveal sensitivity and visual acuity in macular thickening disorders. Jpn J Ophthalmol 56:375-379
6.
Furuya T, Pan Z, Kashiwagi K Role of retinal glial cell glutamate transporters in retinal ganglion cell survival following stimulation of NMDA receptor. Curr Eye Res 37:170-178
7.
Mabuchi F, Sakurada Y, Kashiwagi K, Yamagata Z, Iijima H, Tsukahara SAssociation between Genetic Variants Associated with Vertical Cup-to-Disc Ratio and Phenotypic Features of Primary Open-Angle Glaucoma. Ophthalmology 119:1819-1825
8.
Mabuchi F, Yoshimura K, Kashiwagi K, Yamagata Z, Kanba S, Iijima H, Tsukahara SRisk factors for anxiety and depression in patients with glaucoma. Br J Ophthalmol 96:821-825
9.
Pan Z, Furuya T, Kashiwagi KLongitudinal changes in anterior chamber configuration in eyes with open-angle glaucoma and associated factors. J glaucoma 21:296-301
10.
Sugiyama A, Imasawa M, Chiba T, Iijima HReappraisal of spontaneous closure rate of idiopathic full-thickness macular holes. Open Ophthal J 6:73-74
11.
Takamoto M, Kaburaki T, Mabuchi A, Araie M, Amano S, Aihara M, Tomidokoro A, Iwase A, Mabuchi F, Kashiwagi K, Shirato S, Yasuda N, Kawashima H, Nakajima F, Numaga J, Kawamura Y, Sasaki T, Tokunaga KCommon variants on chromosome 9p21 are associated with normal tension glaucoma. PLoS One 2012 7:e40107
12.
Tsumura T, Yoshikawa K, Suzumura H, Kimura T, Sasaki S, Kimura I, Takeda RBimatoprost ophthalmic solution 0.03% lowered intraocular pressure of normal-tension glaucoma with minimal adverse events. Clinical Ophthalmology 6:1547-1552
13.
Nakata I, Yamashiro K, Akagi-Kurashige Y, Miyake M, Kumagai K, Tsujikawa A, Liu K, Chen LJ, Liu DT, Lai TY, Sakurada Y, Yoneyama S, 他, Iijima H, 他Association of genetic variants on 8p21 and 4q12 with age-related macular degeneration in asian populations. Invest Ophthalmol Vis Sci 53:6576-6581
14.
Araie M, Shirato S, Yamazaki Y, Matsumoto C, Kitazawa Y, Ohashi Y; for the Nipradilol‐Timolol Study Group Risk factors for progression of normal-tension glaucoma under β-blocker monotherapy. Acta Ophthalmol 90:e337-e343

和文論文

1.
高橋 博,帯包敬太郎,阿蘇仁志,齊藤 森,飯島裕幸 エキシマレーザー治療的角膜切除術の治療成績 臨床眼科 66:487-490
2.
北村一義,杉山 敦,林京子,比江島欣慎,柏木賢治 緑内障患者に対する診療連携と情報通信技術活用に関する意識調査 あたらしい眼科29:272-276
3.
原田亮,加茂純子 Goldmann III4eによる日本人の正常視野 日本ロービジョン学会誌 11:102-107
4.
加茂純子,原田 亮,杉浦寅男,仲泊 聡,平塚義宗,松本長太,宇田川さち子,松本行弘 Colenbrander,Estermanグリッドと日本身障者視野判定法の比較 日本ロービジョン学会誌 12:25-31
5.
加茂純子,原田亮,仲泊聡,松本長太,宇田川さち子,松本行弘 Functional Field Score(FFS)とFunctional Vision Score(FVS)から見た同名半盲と輪状暗点のある緑内障 日本ロービジョン学会誌 12:69-74

著書/総説

1.
今井雅仁 硝子体手術 網膜剥離が復位しない 網膜硝子体手術SOS トラブルとその対策:102-104
2.
柏木賢治 プロスタグランジン関連薬/眼圧下降作用 専門医のための眼科診療クオリファイ 11 緑内障薬物治療ガイド:122-132
3.
間渕文彦 原発開放隅角緑内障(狭義)の薬物治療 専門医のための眼科診療クオリファイ 11 緑内障薬物治療ガイド:209-212
4.
柏木賢治 Ⅵ.隅角閉塞に対する手術 1.レーザー隅角形成術 眼手術学 6 緑内障:332-336
5.
今井雅仁 A.術中合併症とその対策 3.駆逐性出血,B.術後合併症とその対策 1.再剥離 眼手術学 7 網膜・硝子体Ⅰ:340-352
6.
飯島裕幸 Ⅴ.網膜レーザー光凝固術 5.網膜静脈閉塞症 眼手術学 8 網膜・硝子体Ⅱ:298-307
7.
津村豊明 緑内障治療薬 配合剤点眼薬選択のポイント 実際にこんな症例に配合剤点眼薬を使っています 眼科グラフィック 1:53-56
8.
櫻田庸一 特集 眼底所見のみかた考え方 1.眼底出血 眼科 54:219-224
9.
飯島裕幸 Ⅴ眼底疾患 1 網膜疾患総論 1 眼底出血の鑑別疾患と薬物治療 眼科 54 薬物療法:1380-1392
10.
高橋 博 網膜動脈閉塞症 眼科 54 薬物療法:1400-1404
11.
飯島裕幸 特集 SD-OCT 網膜像読影のポイント 7.遺伝性網脈絡膜疾患 眼科 54:1627-1633
12.
柏木賢治 第115回日本眼科学会総会 評議委員会指名講演Ⅱ 評議緑内障研究の進歩 より質の高い緑内障診療を目指して 日本眼科学会雑誌 116:269-297
13.
柏木賢治 これからの緑内障のためにスクリーニングを考える 第Ⅰ章 スクリーニング総論 ①緑内障スクリーニングの基本 Flontires in Glaucoma 44:146-149
14.
飯島裕幸 内科医のための眼病変の知識-全身性疾患に見られる眼病変 ②高血圧 日本医事新報 4605:65-68
15.
飯島裕幸 Ⅰ診断法の進歩 3.網膜疾患の視野検査 あたらしい眼科 29:21-25
16.
加茂純子,原田 亮,杉浦寅男,仲泊 聡,平塚義宗,松本長太,宇田川さち子,松本行弘 Colenbrander,Estermanグリッドと日本身障者視野判定法の比較 眼科臨床紀要 5:315-321

その他

1.
高橋 博 アレルギー週間 玉穂であす市民フォーラム 「眼科領域のアレルギー疾患について」 山梨日日新聞2月4日
2.
塚原重雄 Comment 日本眼科学会雑誌 116:345-346
3.
柏木賢治 ネット活用 一目でチェック 山梨日日新聞4月7日
4.
飯島裕幸 特集 眼底所見のみかた考え方序論 眼科 54:217-218
5.
飯島裕幸 編集室 臭いを元から断つ治療戦略 日本眼科学会雑誌 116:358-359
6.
間渕文彦 外国誌要覧,緑内障患者における心気傾向,うつ傾向のリスクファクター 日本眼科学会雑誌 116:1108
7.
飯島裕幸 病院の実力~山梨編57 眼科 片方の目隠して確認を 読売新聞2012年10月7日
8.
飯島裕幸 特集 SD-OCT網膜像読影のポイント序論 眼科 54:1573-1574

2011年の業績

英文論文

1.
Imasawa M, Sakurada Y, Iijima H. Classic choroidal neovascularization developing after photodynamic therapy in eyes with polypoidal choroidal vasculopathy. Jpn J Ophthalmol 55:241-247
2.
Furuya T, Mabuchi F, Chiba T, Kogure S, Tsukahara S, Kashiwagi K.Comparison of the anterior ocular segment measurements using swept-source optical coherent tomography and a scanning peripheral anterior chamber depth analyzer. Jpn J Ophthalmol 55:472-479
3.
Mabuchi F, Sakurada Y, Kashiwagi K, Yamagata Z, Iijima H, Tsukahara S. Association between SRBD1 and ELOVL5 Gene Polymorphisms and Primary Open-Angle Glaucoma. IOVS 52:4626-4629
4.
Sakurada Y, Kubota T, Imasawa M, Mabuchi F, Tateno Y, Tanabe N, Iijima H. Role of Complement Factor H I62V and Age-Related Maculopathy Susceptibility 2 A69S Variants in the Clinical Expression of Polypoidal Choroidal Vasculopathy. Ophthalmology 118:1402-1407
5.
Iwao K, Inatani M, Tanihara H. Japanese Steroid-Induced Glaucoma Multicenter Sutudy Group Success rates of trabeculotomy for steroid-induced glaucoma : a comparative, multicenter, retrospective cohort study. Am J Ophthalmol 151:1047-1056.e1
6.
Sakurada Y, Mabuchi F, Yoneyama S, Kubota T, Iijima H. Polymorphisms in ARMS2 (LOC387715) and LOXL1 Genes in the Japanese With Age-Related Macular Degenaration. Am J Ophthalmol 152:499
7.
Yasumura R, Meguro A, Ota M, Nomura E, Uemoto R, Kashiwagi K , Mabuchi F, Iijima H, Kawase K, Yamamoto T, Nakamura M, Negi A, Sagara T, Nishida T, Inatani M,他. Investigation of the association between SLC1A3 gene polymorphisms and normal tension glaucoma. Mol Vis 17:792-796
8.
Tanabe N, Go K, Sakurada Y, Imasawa M, Mabuchi F, Chiba T, Abe K, Kashiwagi K. A remote operating slit lamp microscope system. Development and its utility in ophthalmologic examinations Methods Inf Med 50:427-434

和文論文

1.
加茂純子,原田亮,宇田川さち子,松本行弘,仲泊聡. American Medical associationのVisual Field ScoreのHumphey Field Scoreによる静的視野とGoldmann視野の結果の試行.臨床眼科 65:1243-1249
2.
関根 新,遠藤勝久,田辺直彦,阿部圭哲. 新型未熟児鈎の作製と使用経験. 臨床眼科 65:1309-1311

著書/総説

1.
渡邉郁緒,飯島裕幸.Ⅰ.構造とその病態 I..網膜 眼科専門医セルフアセスメント 第3版 第1~22回 眼科専門医認定試験全問題収録:319-422
2.
田野保雄,飯島裕幸. Ⅲ.A.眼底検査・眼底撮影・蛍光眼底撮影 眼科専門医セルフアセスメント 第3版 第1~22回 眼科専門医認定試験全問題収録:694-700
3.
田野保雄,飯島裕幸. Ⅲ.B.細隙灯顕微鏡検査 眼科専門医セルフアセスメント 第3版 第1~22回 眼科専門医認定試験全問題収録:701-711
4.
飯島裕幸. 眼底撮影 1)眼底撮影法の原理 2)カラー眼底撮影法 3)無赤色光眼底撮影法 4)立体眼底撮影法 5)広角眼底撮影法とパノラマ合成写真 6)手持ち眼底カメラ 7)デジタル眼底写真 眼科学 第2版 Ⅱ:970-974
5.
飯島裕幸. 頭頸部 眼球・眼瞼の異常 小児科臨床ピクシス 24 症状別 検査の選び方・進め方:214-215
6.
飯島裕幸. 3.識別を要する疾患 網膜静脈分枝閉塞症 専門医のための眼科診療クオリファイ 4加齢黄斑変性:診断と治療の最先端 115-118
7.
飯島裕幸. Leber粟粒血管腫症 専門医のための眼科診療クオリファイ 8 網膜血管障害:198-201
8.
柏木賢治.眼科における遠隔医療システム 日本の眼科 82:152-156
9.
加茂純子. 報告 身体障害認定における視覚障害評価 第1回 米国American Medical Association(AMA)が推奨する評価法と英国等のシステムについて 日本の眼科 82:165-167
10.
加茂純子. 報告 身体障害認定における視覚障害評価 第2回 国際基準でありQuality of Life(QOL)との相関があるFunctional Vision Score(FVS) 日本の眼科 82:463-467
11.
加茂純子. 報告 身体障害認定における視覚障害評価 第3回 Visual Acuity Score(VAS)とVisual Field Score(VFS)の測定の実際 日本の眼科 82:755-758
12.
加茂純子. 報告 身体障害認定における視覚障害評価 第4回 WHOの障害定義の変遷,Function Vision Score(FVS)とWhole Person Impairment(WPI:個人に対するインパクト) 日本の眼科 82:1069-1072
13.
加茂純子. 報告 身体障害認定における視覚障害評価 第5回 自動視野計による評価にも対応しやすいFunctional Field Score(FFS) 日本の眼科 82:1339-1341
14.
加茂純子. 報告 身体障害認定における視覚障害評価 第6回 ロービジョンケアへの連結,全国の視覚障害原因疾病統計に役立てる 日本の眼科 82:1617-1619
15.
今井雅仁. ハイドロゲルバックル材料マイラゲルと晩期合併症 眼科 53:103-109
16.
柏木賢治. 特集 緑内障の検査診断学 1.狭隅角眼,閉塞隅角のスクリーニングと評価眼科 53:191-197
17.
櫻田庸一. 特集 眼疾患と生活指導 5.網膜内科 眼科 53:431-436
18.
飯島裕幸. 特集 眼科と血液検査 4.血栓性疾患の血液検査 眼科 53:773-779
19.
今澤光宏. 特集 眼科と血液検査 5.眼科に関する血液疾患,膠原病 眼科 53:781-788
20.
飯島裕幸. 新しい展望 網膜静脈閉塞症黄斑浮腫に対するベバシズマブ硝子体注射治療治療(IVB) 眼科 53:957-971
21.
飯島裕幸. 特集 網膜血管病の病態とマネージメント 3.網膜出血性/虚血性病変の視機能 眼科 53:1083-1090
22.
高橋 博. 特集 網膜血管病の病態とマネージメント 5.BRAVO,CRAOのマネージメント 眼科 53:1099-1105
23.
柏木賢治. 5.病態生理(4) 緑内障手術に関する最近の病態理解 眼科 53 (眼科最新手術):1327-1333
24.
飯島裕幸. 1.手術器具・機械・材料・薬剤(6) 眼科局所麻酔 眼科 53 (眼科最新手術):1195-1120
25.
柏木賢治. 抗緑内障治療薬の新規処方の変換 Frontiers in Glaucoma 41:52-56

症例報告

1.
Hatori T, Imai M, Iijima H. Intravitreal intrusion of an intrascleral MIRAgel buckling implant. Jpn J Ophthalmol 55:310-311
2.
小倉 拓,間渕文彦,柏木賢治. Reverse Pupillary Blockを合併した中心前房深度が深い閉塞隅角緑内障眼の1例 あたらしい眼科 28:719-722

2010年の業績

英文論文

1.
Imasawa M, Chiba T, Iijima H. Spontaneous closure of idiopathic full-thickness macular holes in both eyes. Jpn J Ophthalmol 54:507-509, 2010
2.
Kashiwagi K. Changes in trend of newly prescribed anti-glaucoma medications in recent nine years in a Japanese local community. Open Ophthalmol J 28:4-11, 2010
3.
Mabuchi F, Sakurada Y, Kashiwagi K, Yamagata Z, Iijima H, Tsukahara S. Estrogen receptor beta gene polymorphism and intraocular pressure elevation in female patients with primary open-angle glaucoma. Am J Ophthalmol 149:826-30, 2010
4.
Mabuchi F, Sakurada Y, Kashiwagi K, Yamagata Z, Iijima H, Tsukahara S. Lack of association of common variants on chromosome 2p with primary open-angle glaucoma in the Japanese population. PNAS 107:E90-E91, 2010
5.
Sakurada Y, Kubota T, Imasawa M, Mabuchi F, Tanabe N, Iijima H. Association of LOC387715 A69S genotype with visual prognosis after photodynamic therapy for polypoidal choroidal vasculopathy. Retina 30:1616-1621, 2010
6.
Sekine A, Imasawa M, Iijima H. Retinal thickness and perimetric sensitivity in central serous chorioretinopathy. Jpn J Ophthalmol 54:578-83. 2010
7.
Araie M, Shirato S, Yamazaki Y, Kitazawa Y, Kashiwagi K. Visual field loss in patients with normal-tension glaucoma under topical nipradilol or timolol: subgrous and subfield analyses of the nipradilol-timolol study. Jpn J Ophthalmol 54:278-285, 2010
8.
Suzuki M, Meguro A, Ota M, Nomura E, Kato T, Nomura N, Kashiwagi K, Mabuchi F, Iijima H et al. Genotyping HLA-DRB1 and HLA-DQB1 alleles in Japanese patients with normal tension glaucoma. Mol Vis 16:1874-1879, 2010
9.
Murakami K, Meguro A, Ota M, Shiota T, Nomura N, Kashiwagi K, Mabuchi F, Iijima H et al. Analysis of microsatellite polymorphisms within the GLC1F locus in Japanese patients with normal tension glaucoma. Mol Vis 17:462-466. 2010

和文論文

1.
大城智洋,正田美穂,鈴木茂揮,渡邉亜希,渡邉慶,山田達生,扇谷晋,石橋健,星合繁,栗原秀行.非虚血型網膜中心静脈閉塞症による黄斑浮腫に対するベバシズマブの硝子体内投与の治療成績.臨床眼科 64:1719-1722,2010
2.
古屋敏江,飯島裕幸.山梨大学附属病院24年間の網膜芽細胞腫統計.眼科 52:807-812,2010
3.
古藤田優実,杉山敦,花田斉久,間渕文彦,飯島裕幸. IgG4関連慢性硬化性涙腺炎の2症例.眼科 52:1937-1943, 2010
4.
加茂純子,三戸秀哲. 眼瞼下垂と眼瞼皮膚弛緩に対する術前後の視野とNEI VEQ25によるquality of life(QOL)変化との関連.臨床眼科 64:1765-1771,2010
5.
大路正人,小椋祐一郎,坂本泰二,白神史雄,平形明人,寺崎浩子,東範行,飯島裕幸,他 眼内長期滞留ガス(SF6,C3F8)使用ガイドライン.日本眼科眼科学会 114:110-115,2010

著書/綜説

1.
Go K, Kashiwagi K, Tanabe N. Desingning aremote-control slit lampmicroscope for teleophthalmology. Huma-computer interaction, 2010
2.
Go K, Kashiwagi K, Tanabe N. Deployment of Remote-control Slit Lamp. SICE(Journal of Control, Measurement, and System Integration), 2010
3.
Kashiwagi K. Angle-closure glaucoma : iridotomy. Pearlas of glaucoma management Chaper 55:421-425, 2010
4.
Wang TH, Kashiwagi K. Devices for Measurement of Peripheral Anterior Chamber Depth. Atlas of ANGLE CLOSURE GLAUCOMA:49-52. 2010
5.
今井雅仁.白内障のある黄斑剥離を伴うアトピー網膜剥離の治療.新ES NOW 網膜剥離 こうすれば治る 復位率100%をめざして:82-87,2010
6.
今澤光宏,飯島裕幸.展望:網膜の展望-1)血管性網膜疾患,2008年度.眼科 52:847-860,2010
7.
柏木賢治.〔前眼部画像解析装置〕Q4 SPACの使い方を教えてください.あたらしい眼科 27:172-175,2010
8.
飯島裕幸.わかりやすい臨床講座、網膜静脈分枝閉塞症.日本の眼科 81:596-600,2010
9.
飯島裕幸.3.急性後部多発性斑状色素上皮症(APMPPE)と地図状脈絡膜炎.眼科 52:33-38,2010
10.
高橋博.特集:強膜炎,3.感染性強膜炎.眼科52:1161-1166,2010
11.
高橋博,飯島裕幸.3網膜血管障害(1)網膜動脈閉塞症.眼科 52 (眼科 画像診断 最近の進歩):1458-1462,2010
12.
今井雅仁.3網膜血管障害(2)網膜静脈閉塞症.眼科 52 (眼科 画像診断 最近の進歩):1463-1467,2010
13.
後藤輝彦.3網膜血管障害(3)糖尿病網膜症.眼科 52 (眼科 画像診断 最近の進歩):1468-1471,2010
14.
飯島裕幸.3網膜血管障害(4)高血圧網膜症 眼科 52 (眼科 画像診断 最近の進歩):1472-1475,2010
15.
柏木賢治.続発緑内障.眼科 52 (眼科 画像診断 最近の進歩):1537-1542,2010
16.
飯島裕幸.網膜静脈閉塞症・網膜動脈閉塞症.今日の診断指針第6版:1620-1622,2010

山梨大学医学部眼科学教室

〒409-3898
山梨県中央市下河東1110

TEL:055-273-1111
FAX:055-273-6757