研究業績

原著

2022

  1. Nakao A, Nakamura Y: Time will tell about mast cells: Circadian control of mast cell activation. Allergology International 71(4):425-431, 2022 [ELSEVIER]
  2. Nakao A: Welcome to "Circadian Immunology & Allergology": Why timing matters in diagnosing and treating allergies. [Editorial] Allergology International 71(4)423-424, 2022[PubMed]

2021

  1. Takahashi T, Fukudome H, Ueno HM, Watanabe-Matsuhashi S, Nakano T, Kobayashi T, Ishimaru K, Nakao A: Probiotic Supplementation and Human Milk Cytokine Profiles in Japanese Women: A Retrospective Study from an Open-Label Pilot Study. Nutrients 13(7):2285, 2021 [PubMed]
  2. Matsushita K, Li X, Nakamura Y, Dong D, Mukai K, Tsai M, Montgomery SB, Galli SJ: The role of Sp140 revealed in IgE and mast cell responses in Collaborative Cross mice. JCI Insight 6(12):146572, 2021 [PubMed]

2020

  1. Moriguchi T, Harii N, Goto J, Harada D, Sugawara H, Takamino J, Ueno M, Sakata H, Kondo K, Myose N, Nakao A, Takeda M, Haro H, Inoue O, Suzuki-Inoue K, Kubokawa K, Ogihara S, Sasaki T, Kinouchi H, Kojin H, Ito M, Onishi H, Shimizu T, Sasaki Y, Enomoto N, Ishihara H, Furuya S, Yamamoto T, Shimada S: A first case of meningitis/encephalitis associated with SARS-Coronavirus-2. Int J Infect Dis 94:55-58, 2020[PubMed]
  2. Nakajima S, Manita S, Yu G, Ishimaru K, Kono K, Kitamura K, Nakao A: Activation of the reward system ameliorates passive cutaneous anaphylactic reaction in mice. Allergy 75(12):3275-3279, 2020 [PubMed]
  3. Nakamura Y, Ishimaru K, Nakao A: Time-restricted feeding in rest phase alters IgE/mast cell–mediated allergic reaction in mice. Allergology International 69(2):296-299, 2020 [PubMed]
  4. Nakao A: Circadian Regulation of the Biology of Allergic Disease: Clock Disruption Can Promote Allergy. [Review] Frontiers in Immunology 11:1237, 2020[PubMed]

2019

  1. Ishimaru K, Nakajima S, Yu G, Nakamura Y, Nakao A: The Putatively Specific Synthetic REV-ERB Agonist SR9009 Inhibits IgE- and IL-33-Mediated Mast Cell Activation Independently of the Circadian Clock. Int J Mol Sci 20(24)6320, 2019[PubMed]
  2. Isobe J, Maeda S, Obata Y, Iizuka K, Nakamura Y, Fujimura Y, Kimizuka T, Hattori K, Yun-Gi Kim, Morita T, Kimura I, Offermanns S, Adachi T, Nakao A, Kiyono H, Takahashi D, Hase K: Commensal-bacteria-derived butyrate promotes the T cell-independent IgA response in the colon. Int Immunol 32(4):243-258, 2020[PubMed]
  3. Nakajima S,Ishimaru K, Kobayashi A, Yu G, Nakamura Y, Oh-oka K, Suzuki-Inoue K, Kono K, Nakao A: Resveratrol inhibits IL-33–mediated mast cell activation by targeting the MK2/3–PI3K/Akt axis. Sci Rep 9(1):18423, 2019[PubMed]
  4. Nakamura Y, Sasaki T, Mochizuki C, Ishimaru K, Koizumi S, Shinmori H, Suzuki-Inoue K, Nakao A: Snake venom rhodocytin induces plasma extravasation via toxin-mediated interactions between platelets and mast cells. Sci Rep 9(1):15958, 2019 [PubMed]
  5. Fukano C, Ohashi-Doi K, Lund K, Nakao A, Masuyama K, Matsuoka T: Establishment of enzyme-linked immunosorbent facilitated antigen binding as a biomarker assay for Japanese cedar pollen allergy immunotherapy. J Pharmacol Sci 140(3):223-227, 2019 [PubMed]
  6. Ihara T, Nakamura Y, Mitsui T, Tsuchiya S, Kanda M, Kira S, Nakagomi H, Sawada N, Kamiyama M, Shigetomi E, Shinozaki Y, Yoshiyama M, Nakao A, Koizumi S, Takeda M: Intermittent restraint stress induces circadian misalignment in the mouse bladder, leading to nocturia. Sci Rep 9(1):10069, 2019 [PubMed]
  7. Takahashi T, Fukudome H, Hiroshi M. Ueno, Watanabe-Matsuhashi S, Nakano T, Kobayashi T, Ishimaru K, Nakao A: Effects of Probiotic Supplementation on TGF-β1, TGF-β2, and IgA Levels in the Milk of Japanese Women: An Open-Label Pilot Study. frontiers in Nutrition 6:128 eCllection 2019 [PubMed]

2018

  1. Ihara T, Mitsui T, Nakamura Y, Kanda M, Tsuchiya S, Kira S, Nakagomi H, Sawada N, Kamiyama M, Shigetomi E, Shinozaki Y, Yoshiyama M, Nakao A, Takeda M, Koizumi S: The time-dependent variation of ATP release in mouse primary-cultured urothelial cells is regulated by the clock gene. Neurourol Urodyn 37(8)2535-2543, 2018 [PubMed]
  2. Ihara T, Mitsui T, Nakamura Y, Kanda M, Tsuchiya S, Kira S, Nakagomi H, Sawada N, Kamiyama M, Hirayama Y, Shigetomi E, Shinozaki Y, Yoshiyama M, Nakao A, Takeda M, Koizumi S: The oscillation of intracellular Ca2+ influx associated with the circadian expression of Piezo1 and TRPV4 in the bladder urothelium. Scientific Reports 8(1)5699, 2018[PubMed]
  3. Ihara T, Mitsui T, Nakamura Y, Kanda M, Tsuchiya S, Kira S, Nakagomi H, Sawada N, Hirayama Y, Shibata K, Shigetomi E, Shinozaki Y, Yoshiyama M, Nakao A, Takeda M, Koizumi S: The Circadian expression of Piezo1, TRPV4, Connexin26, and VNUT, associated with the expression levels of the clock genes in mouse primary cultured urothelial cells. Neurourol Urodyn 37(3)942-951, 2018[PubMed]
  4. Huang Y, Zhang Z, Huang Y, Mao Z, Yang X, Nakamura Y, Sawada N, Mitsui T, Takeda M, Yao J: Induction of inactive TGF-β1 monomer formation by hydrogen sulfide contributes to its suppressive effects on Ang II- and TGF-β1-induced EMT in renal tubular epithelial cells. Biochem Biophys Res Commun 501(2)534-540, 2018[PubMed]
  5. Nakao A: Clockwork Allergy:How the Circadian Clock Underpins Allergic Reactions. [Review] J Allergy Clin Immun 142(4):1021-1031, 2018 [PubMed]
  6. Matsuzawa T, Nakamura Y, Ogawa Y, Ishimaru K, Goshima F, Shimada S, Nakao A, Kawamura T: Differential Day–Night Outcome to HSV-2 Cutaneous Infection. Journal of Investigative Dermatology 138(1)233-236, 2018[PubMed]

2017

  1. Yamamoto T, Koizumi S, Masuyama K, Nakao A: Regulation of TSLP Expression in Human Lung Fibroblasts:The Involvement of TNF-α TGF-β , FGF-2, and ATP Yamanashi Med 32(1)15-25, 2017
  2. Wada M, Orihara K, Kamagata M, Hama K, Sasaki H, Haraguchi A, Miyakawa H, Nakao A, Shibata S: Circadian clock-dependent increase in salivary IgA secretion modulated by sympathetic receptor activation in mice. Scientific Reports 7 Article number:8802, 2017[PubMed]
  3. Thu Le HP, Nakamura Y, Oh-oka K, Ishimaru K, Nakajima S, Nakao A: The frequency of Th17 cells in the small intestine exhibits a dayenight variation dependent on circadian clock activity. Biochem Biophys Res Commun 490(2)290-295, 2017[PubMed]
  4. Ihara T, Mitsui T, Kira S, Miyamoto T, Sawada N, Nakagomi H, Yoshiyama M, Takeda M, Nakamura Y, Nakao A, Shinozaki Y, Koizumi S: The Clock mutant mouse is a novel experimental model for nocturia and nocturnal polyuria. Neurourology and Urodynamics 36(4)1034-1038, 2017[PubMed]
  5. Oh-oka K, Kojima Y, Uchida K, Yoda M, Ishimaru K, Nakajima S, Hemmi J, Kano H, Fujii-Kuriyama Y, Katoh R, Ito H, Nakao A: Induction of colonic regulatory T cells by 5-aminosalicylic acid (5-ASA) by activating the aryl hydrocarbon receptor. Cell Mol Gastroenterol Hepatol 4(1)135-151, 2017[PubMed]
  6. Kawauchi T*, Ishimaru K*, Nakamura Y, Nakano N, Hara M, Ogawa H, Okumura K, Shibata S, Nakao A: Clock-dependent temporal regulation of IL-33/ST2-mediated mast cell response. Allergology International 66(3)472-478, 2017 (*Thease authers contributed equally to this work.)[PubMed]
  7. Nakamura Y, Ishimaru K, Shibata S, Nakao A: Regulation of plasma histamine levels by the mast cell clock and its modulation by stress. Scientific Reports 7 Article number:39934, 2017[PubMed]
  8. Ihara T, Mitsui T, Nakamura Y, Kira S, Nakagomi H, Sawada N, Hirayama Y, Shibata K, Shigetomi E, Shinozaki Y, Yoshiyama M, Andersson KE, Nakao A, Takeda M, Koizumi S: Clock Genes Regulate the Circadian Expression of Piezo1, TRPV4, Connexin26, and VNUT in an Ex Vivo Mouse Bladder Mucosa. PLoS One 12(1):e0168234, 2017[PubMed]

2016

  1. Igarashi S, Suzuki K, Nakamura Y, Ishimaru K, Fukano C, Masuyama K, Ohashi-Doi K, Nakao A: The efficacy of sublingual immunotherapy for allergic rhinitis may vary with the time of day. Int Arch Allergy Immunol 171(2)111-118, 2016[PubMed]
  2. Hanihara M, Kawataki T, Oh-oka K, Mitsuka K, Nakao A, and Kinouchi H: Synergistic anti-tumor effect with indoleamine 2,3-dioxygenase inhibition and temozolomide in a murine glioma model. Journal of Neurosurgery 124(6)1594-1601, 2016[PubMed]
  3. Nakamura Y, Nakano N, Ishimaru K, Ando N, Katoh R, Suzuki-Inoue K, Koyanagki S, Ogawa H, Okumura K, Shibata S, Nakao A: Inhibition of IgE-mediated allergic reaction by pharmacologically targeting the circadian clock. J Allergy Clin Immun 137(4)1226-1235, 2016[PubMed]
  4. Aoki R, Kawamura T, Goshima F, Ogawa Y, Nakae S, Moriishi K, Nakao A, Shimada S: The alarmin IL-33 derived from HSV-2-infected keratinocytes triggers mast cell-mediated antiviral innate immunity. J Invest Dermatol 136(6)1290-1292, 2016[PubMed]
  5. Matsuoka S, Ishii Y, Nakao A, Abe M, Ohtsuji N, Momose S, Jin H, Arase H, Sugimoto K, Nakauchi Y, Masutani H, Maeda M, Yagita H, Komatsu N, Hino O: Establishment of a therapeutic anti-pan HLA-class Ⅱ monoclonal antibody that directly induces lymphoma cell death via large pore formation. PLoS One 11(3):e0150496, 2016[PubMed]

2015

  1. Tanabe K, Kitagawa E, Wada M, Haraguchi A, Orihara K, Tahara Y, Nakao A, and Shibata S: Antigen exposure in the late light period induces severe symptoms of food allergy in an OVA-allergic mouse model. Scientific Reports 5 Article number:14424, 2015[PubMed]
  2. Ando N, Nakamura Y, Aoki R, Ishimaru K, Ogawa H, Okumura K, Shibata S, Shimada S, Nakao A: Circadian Gene Clock Regulates Psoriasis-like Skin Inflammation in Mice. Journal of Investigative Dermatology 135:3001-3008, 2015[PubMed]
  3. Nakao A: IL-7:AhR We Ready for a New Cytokine to Fight Colitis? [Editorial] Dig Dis Sci 60(7)1876-1877, 2015[PubMed]
  4. Koyama K, Ohba T, Haro H, and Nakao A: Positive Association between Serum Thymic Stromal Lymphopoietin and Anti-Citrullinated Peptide Antibodies with Rheumatoid Arthritis. Clnical Experimental Immunology 181(2)239-243, 2015[PubMed]
  5. Nakao A, Nakamura Y, and Shibata S: The Circadian Clock Functions As A Potent Regulator of Allergic Reaction. [Review] Allergy 70(5)467-473, 2015[PubMed]
  6. Ando N, Nakamura Y, Ishimaru K, Ogawa H, Okumura K, Shimada S, and Nakao A: Allergen-specific basophil reactivity exhibits daily variations in seasonal allergic rhinitis. Allergy 70(3)319-322, 2015[PubMed]

2014

  1. Aihara Y, Oh-oka K, Kondo N, Ishimaru K, Hara M, Yamagata Z, Nakao A: Comparison of colostrum TGF-β2 levels between lactating women in Japan and Nepal. Asian Pacific Journal of Allergy and Immunology 32(2)178-184, 2014
  2. Fukumoto S, Toshimitsu T, Matsuoka S, Maruyama A, Oh-oka K, Takamura T, Nakamura Y, Ishimaru K, Fujii-Kuriyama Y, Ikegami S, Itou H, Nakao A:Identification of a probiotic bacteria-derived activator of the aryl hydrocarbon receptor that inhibits colitis. Immunology and Cell Biology 92(5)460-465, 2014
  3. Oh-oka K, Kono H, Ishimaru K, Miyake K, Kubota T, Ogawa H, Okumura K, shibata S, Nakao A: Expressions of tight junction proteins Occludin and Claudin-1 are under the circadian control in the mouse large intestine: implications in intestinal permeability and susceptibility to colitis.PLoS One 9(5)e98016, 2014
  4. Nakamura Y*, Ishimaru K*, Tahara Y*, Shibata S, Nakao A: Disruption of the Suprachiasmatic Nucleus Blunts A Time of Day-Dependent Variation in Systemic Anaphylactic Reaction in Mice. Journal of Immunology Research vol.2014 Article ID474217, 2014 (*Thease authers contributed equally to this work.)
  5. Nakao A: Temporal regulation of cytokines by the circadian clock. [Review] Journal of Immunology Research vol.2014 Article ID 614529, 2014
  6. Aihara Y, Oh-oka K, Kondo N, Sharma J, Shrestha N, Ishimaru K, Hara M, Yamagata Z, Nakao A: Residential area, birth order, and dietary habit may influence TSLP levels in colostrum: Comparative study between Japan and Nepal. Allergology International 63(2)283-285, 2014
  7. Nakamura Y, Nakano N, Ishimaru K, Hara M, Ikegami T, Tahara Y, Katoh R, Ogawa H, Okumura K, Shibata S, Nishiyama C, and Nakao A: Circadian regulation of allergic reaction by the mast cell clock in mice.J Allergy Clin Immun 133(2)568-575.e12, 2014

2013

  1. Aoki R, Kawamura T, Goshima F, Ogawa Y, Nakaw S, Nakao A, Moriishi K, Nishiyama Y, Shimada S: Mast cells play a key role in host defense against herpes simplex virus infection through TNF-α and IL-6 production.J Invest Dermatol 133(9)2170-2179, 2013
  2. Cermakian N, Lange T, Golombek D, Sarkar D, Nakao A, Shibata S, Mazzoccoli G: Cross-talk between the circadian clock circuitry and the immune system.[Review] Chronobiol Int 30(7)870-888, 2013
  3. Zhu Y, Ohba T, Ando T, Fujita K, Koyama K, Nakamura Y, Katoh R, Haro H, Nakao A: Endogenous TGF-β activity limits TSLP expression in the intervertebral disc tissue by suppressing NF-κB activation. J Orthop Res 31(7)1144-1149, 2013
  4. Takita E, Yokota S, Tahara Y, Hirao A, Aoki N, Nakamura Y, Nakao A, Shibata S: Biological clock dysfunction exacerbates contact hypersensitivity in mice. Brit J Dermatol 168(1)39-46, 2013
  5. Sugiyama T, Kitamura M, Sugita K, Hisamoto M, Okuda T, Nakao A: Grape seed extract from "Koshu" cultivar antagonizes dioxin-induced aryl hydrocarbon receptor activation. Am J Enol Viticult 64(1)146-151, 2013

2012

  1. Okada Y, Oh-oka K, Nakamura Y, Ishimaru K, Matsuoka S, Okumura K, Ogawa H, Hisamoto M, Okuda T, Nakao A: Dietary resveratrol prevents the development of food allergy in mice. PLoS One 7(9)e44338, 2012
  2. Kawamura T, Ogawa Y, Nakamura Y, Nakamizo S, Ohta T, Nakano H, Kabashima K, Katayama I, Koizumi S, Kodama T, Nakao A, Shimada S: Severe dermatitis with loss of epidermal langerhans cells in human and mouse zinc deficiency. J Clin Invest 122(2)722-732, 2012
  3. Ouyang Y, Nakao A, Han D, Zhang L: Transforming growth factor-β(1) promotes nasal mucosal mast cell chemotaxis in murine experimental allergic rhinitis. ORL J Otorhinolaryngol Relat Spec 74(3)117-123, 2012

2011

  1. Ouyang Y, Nakao A, Fan E, Li Y, Zhao L, Zhang W, Han D, Zhang L: Decreased expression of EBI3 and Foxp3 in CD4+CD25+ regulatory T cells in murine experimental allergic rhinitis. ORL Otorhinolaryngol Relat Spec 73(6)313-320, 2011
  2. Fujita K, Ando T, Ohba T, Wako M, Sato N, Nakamura Y, Ohnuma Y, Hara Y, Kato R, Nakao A, Haro H:Age-related expression of MCP-1 and MMP-3 in mouse intervertebral disc in relation to TWEAK and TNF-α stimulation. J Orthop Res 30(4)599-605, 2011
  3. Kondo N, Suda Y, Nakao A, Oh-oka K, Suzuki K, Ishimaru K, Sato M, Tanaka T, Nagai A, Yamagata Z: Maternal psychosocial factors determining the concentrations of transforming growth factor-beta in breast milk. Pediatr Allergy Immunol 22(8)853-861, 2011
  4. Kawamura T, Ogawa Y, Shimozato O, Ando T, Nakao A, Kobata T, Okumura K, Yagita H, Shimada S: CD70 is selectively expressed on Th1 but not on Th2 cells and is required for Th1-type immune responses. J Invest Dermatol 131(6)1251-1261, 2011
  5. Nakamura Y, Harama D, Shimokawa N, Hara M, Suzuki R, Tahara Y, Ishimaru K, Katoh R, Okumura K, Ogawa H, Shibata S, Nakao A: Circadian clock gene Period2 regulates a time-of-day-dependent variation in cutaneous anaphylactic reaction. J Allergy Clin Immun 127(4)1038-1045, 2011
  6. Takamura T, Harama D, Fukumoto S, Nakamura Y, Shimokawa N, Ishimaru K, Ikegami S, Makino S, Kitamura M, Nakao A: Lactobacillus bulgaricus OLL1181 activates the aryl hydrocarbon receptor pathway and inhibits colitis. Immunology and Cell Biology 89(7)817-822, 2011

2010

  1. Fukunishi N, Katoh I, Tomimori Y, Tsukinoki K, Hata R, Nakao A, Ikawa Y, Kurata S:Induction of ΔNp63 by the newly identified keratinocyte-specific TGF-β signaling pathway with Smad2 and IKKα in squamous cell carcinoma. Neoplasia 12(12)969-979, 2010
  2. Takamura T, Harama D, Matsuoka S, Shimokawa N, Nakamura Y, Okumura K, Ogawa H, Kitamura M, Nakao A: Activation of the aryl hydrocarbon receptor pathway may ameliorate dextran sodium sulfate-induced colitis in mice. Immunology and Cell Biology 88(6)685-689, 2010
  3. Ouyang Y, Miyata M, Hatsushika K, Ohnuma O, Katoh R, Ogawa H, Okumura K , Masuyama K, Nakao A: TGF-β signaling may play a role in the development of goblet cell hyperplasia in a mouse model of allergic rhinitis. Allergology International 59(3)313-319, 2010
  4. Nakao A:The role and potential use of oral TGF-β in the prevention of infant allergy. [Review] Clinical & Experimental Allergy 40:725-730, 2010

2009

  1. Miyata M, Nakamura Y, Shimokawa N, Ohnuma Y, Katoh R, Matsuoka S, Okumura K, Ogawa H, Masuyama K, Nakao A: Thymic stromal lymphopoietin is a critical mediator of IL-13-driven allergic inflammation. Eur J Immunol 39(11)3078-3083, 2009
  2. Nakamura Y, Miyata M, Ando T, Shimokawa N, Ohnuma Y, Katoh R, Ogawa H, Okumura K, Nakao A: The latent form of transforming growth factor-β administered orally is activated by gastric acid in mice. J Nutr 139(8)1463-1468, 2009
  3. Nakamura Y, Miyata M, Shimokawa N,Ohnuma Y, Katoh R, Ogawa H, Okumura K, Nakao A: House dust mite allergen Der f 1 can induce the activation of latent TGFβ via its protease activity. FEBS Letters 583(12)2088-2092, 2009
  4. Harama D, Koyama K, Mukai M,Shimokawa N, Miyata M, Nakamura Y, Ohnuma Y, Ogawa H, Matsuoka S, Paton AW, Paton JC, Kitamura M, Nakao A: A sub-cytotoxic dose of subtilase cytotoxin prevents LPS-induced inflammatory responses, depending on its capacity to induce the unfolded protein response. J Immunol 183(2)1368-1374, 2009
  5. Ohba T, Haro H, Ando T, Wako M, Suenaga F, Aso Y, Koyama K, Hamada Y, Nakao A:TNF-α-induced NK-κB signaling reverses age-related declines in VEGF induction and angiogenic activity in intervertebral disc tissues. J Orthop Res 27(2)229-235, 2009
  6. Ozawa T, Miyata M, Nishimura M, Ando T, Ouyang Y, Ohba T, Shimokawa N, Ohnuma Y, Katoh R, Ogawa H, Nakao A:Transforming growth factor-β activity in commercially available pasteurized cow milk provides protection against inflammation in mice. J Nutr 139(1):69-75, 2009

2008

  1. Nakamura Y, Miyata M, Ohba T, Ando T, Hatsushika K, Suenaga F, Shimokawa N, Ohnuma Y, Katoh R, Ogawa H, Nakao A: Cigarette smoke extract induces thymic stromal lymphopoietin expression, leading to TH2-type immune responses and airway inflammation. J Allergy Clin Immun 122(6)1208-1214, 2008
  2. Wako M, Ohba T, Ando T, Arai Y, Koyama K, Hamada Y, Nakao A, Haro H:Mechanism of signal transduction in TWEAK-induced matrix degradation by MMP-3 up-regulation in disc tissues. Spine 33(23)2489-2494, 2008
  3. Takano S, Ando T, Hiramatsu N, Kanayama A, Maekawa S, Ohnuma Y, Enomoto N, Ogawa H, Paton AW, Paton JC, Kitamura M, Nakao A: T cell receptor-mediated signaling induces GRP78 expression in T cells: The implications in maintaining T cell viability. Biochem Biophys Res Commun 371(4)762-766, 2008
  4. Ohba T, Haro H, Ando T, Koyama K, Hatsushika K, Suenaga F, Ohnuma Y, Nakamura Y, Katoh R, Ogawa H, Hamada Y, Nakao A:A potential role of TSLP in the recruitment of macrophages to the intervertebral disc via MCP-1 induction:The implications in a herniated disc. Arthritis and Rheumatism 58(11)3510-3519, 2008
  5. Miyata M, Hatsushika K, Ando T, Shimokawa N, Ohnuma Y, Katoh R, Suto H, Ogawa H, Masuyama K, Nakao A:Mast cell regulation of epithelial TSLP expression plays an important role in the development of allergic rhinitis. Eur J Immunol 38(6)1487-1492, 2008
  6. Suenaga F, Hatsushika K, Takano S, Ando T, Ohnuma Y, Ogawa H, Nakao A:A possible link between resveratrol and TGF-β: resveratrol induction of TGF-β expression and signaling. FEBS Letters 582(5)586-590, 2008

2007

  1. Ozawa T, Koyama K, Ando T, Ohnuma Y, Hatsushika K, Ohba T, Sugiyama H, Hamada Y, Ogawa H, Okumura K, Nakao A:Thymic stromal lymphopoietin secretion of synovial fibroblasts is positively and negatively regulated by Toll-like receptors/nuclear factor-κB pathway and interferon-γ/dexamethasone. Modern Rheumatology 17(6):459-463, 2007
  2. Wako M, Haro H, Ando T, Hatsushika K, Ohba T, Iwabuchi S, Nakao A, Hamada Y: Novel function of TWEAK in inducing intervertebral disc degeneration. J Orthop Res 25(11)1438-1446, 2007
  3. Koyama K, Hatsushika K, Ando T, Sakuma M, Wako M, Kato R, Sugiyama H, Hamada Y, Ogawa H, Nakao A:Imatinib mesylate both prevents and treats the arthritis induced by type II collagen antibody in mice. Modern Rheumatology 17(4):306-310, 2007
  4. Hatsushika K, Hirota T, Harada M, Sakashita M, Kanzaki M, Takano S, Doi S, Fujita K, Enomoto T, Ebisawa M, Yoshihara S, Sagara H, Fukuda T, Masuyama K, Katoh R, Matsumoto K, Saito H, Ogawa H, Tamari M, Nakao A:Transforming Growth Factor-β2 polymorphisms are associated with childhood atopic asthma. Clin Exp Allergy 37(8):1165-74, 2007
  5. Ando T, Hatsushika K, Wako M, Ohba T, Koyama K, Ohnuma Y, Katoh R, Ogawa H, Okumura K, Luo J, Wyss-Coray T, Nakao A:Orally administered TGF-βis biologically active in the intestinal mucosa and enhances oral tolerance. J Allergy Clin Immun 120(4)916-923, 2007.
  6. Koyama K, Ozawa T, Hatsushika K, Ando T, Takano S, Wako M, Suenaga F, Ohnuma Y, Ohba T, Katoh R, Sugiyama H, Hamada Y, Ogawa H, Okumura K, Nakao A:A possible role for TSLP in inflammatory arthritis. Biochem Biophys Res Commun 357(1)99-104, 2007
  7. Takano S, Kanai F, Jazag A, Ijichi H, Yao J, Ogawa H, Enomoto N, Omata M, Nakao A:Smad4 is essential for down-regulation of E-cadherin induced by TGF-β in pancreatic cancer cell line PANC-1. J Biochem(Tokyo) 141(3)345-351, 2007
  8. Sakuma M, Hatsushika K, Koyama K, Katoh R, Ando T, Watanabe Y, Wako M, Kanzaki M, Takano S, Sugiyama H, Hamada Y, Ogawa H, Okumura K, Nakao A:TGF-βtype I receptor kinase inhibitor down-regulates rheumatoid synoviocytes and prevents the arthritis induced by type II collagen antibody. Int. Immunol 19(2)117-26, 2007
  9. Kanzaki M, Shibagaki N, Hatsushika K, Mitsui H, Inozume T, Okamoto A, Dobashi Y, Ogawa H, Shimada S, Nakao A:Human eosinophils have an intact Smad signaling pathway leading to a major TGF-beta target gene expression. Int Arch Allergy Imm 142(4)309-317, 2007

2006

  1. Zhang L, Sato E, Amagasaki K, Nakao A, Naganuma H:Participation of an abnormality in the transforming growth factor-beta signaling pathway in resistance of malignant glioma cells to growth inhibition induced by that factor. J Neurosurg 105(1)119-28, 2006
  2. Ando T, Ichikawa J, Wako M, Hatsushika K, Watanabe Y, Sakuma M, Tasaka K, Ogawa H, Hamada Y, Yagita H and Nakao A:TWEAK/Fn14 interaction regulates RANTES production, BMP-2-induced differentiation, and RANKL expression in mouse osteoblastic MC3T3-E1 cells. Arthritis Research & Therapy 8(5):R146, 2006

2005

  1. Okamoto A, Kawamura T, Kanbe K, Kanamaru Y, Ogawa H, Okumura K, Nakao A: Suppression of serum IgE response and systemic anaphylaxis in a food allergy model by orally administered high-dose TGF-β. Int Immunol 17(6)705-712, 2005
  2. Ando T, Ichikawa J, Okamoto A, Tasaka K, Nakao A, Hamada Y:Gemcitabine inhibits viability, and metastasis of Osteosarcoma cell line. J Orthopaedic Research 23(4)964-969, 2005
  3. Mimura K, Kono K, Hanawa M, Kanzaki M, Nakao A, Ooi A, Fujii H: Trastuzumab-mediated antibody-dependent cellular cytotoxicity against esophageal squamous cell carcinoma. Clin Cancer Res 11:4898-904, 2005

2004

  1. Xu H, Okamoto A, Ichikawa J, Ando T, Tasaka K, Masuyama K, Ogawa H, Yagita H, Okumura K, Nakao A: TWEAK/Fn14 interaction stimulates human bronchial epithelial cells to produce IL-8 and GM-CSF. Biochem Biophys Res Commun 318:422-427, 2004
このページのトップへ

総説(日本語)

  1. 中尾篤人:時間医学の観点から考慮した方がいい薬剤処方がありますか?JOHNS 38(9)1151-1154, 2022(2022年9月)
  2. 中尾篤人:アレルギー疾患と概日リズム。医学のあゆみ 281(2)175-179, 2022(2022年4月)
  3. 中尾篤人:睡眠障害による慢性蕁麻疹の悪化。Visual Dermatology 21(3)282-283, 2022(2022年3月)
  4. 中尾篤人:時計じかけのアレルギー。アレルギー 71(1)22-26, 2022(2022年2月)
  5. 中尾篤人:脳内報酬系の活性化はアレルギーを緩和する。医学のあゆみ 277(13)1123, 2021(2021年6月)
  6. 中尾篤人:アレルギーと概日時計。日本小児アレルギー学会誌 35(1)1-7, 2021(2021年3月)
  7. 中尾篤人:脳内ドーパミン報酬系の活性化による皮膚アレルギー反応の抑制。臨床免疫・アレルギー科 75(3)307-310, 2021(2021年3月)
  8. 中尾篤人:花粉症の免疫学。診断と治療 109(2)173-176, 2021(2021年2月)
  9. 中尾篤人:IL-33によるマスト細胞活性化とアレルギー:時計遺伝子とレスベラトロールによる制御。臨床免疫・アレルギー科 74(5)484-488, 2020(2020年11月)
  10. 中尾篤人:免疫療法と体内時計。チャイルドヘルス 22(7)43-45, 2019(2019年7月)
  11. 中尾篤人:時計じかけのアレルギー 概日時計によるアレルギー制御。生体の科学 70(2)87-91, 2019(2019年4月)
  12. 中尾篤人:時計遺伝子と免疫疾患。炎症と免疫 26(5)50-54, 2018(2018年8月)
  13. 中村勇規:アレルギー疾患の概日リズム分子機構と新しい予防・治療法。医薬ジャーナル 54(6)109-115, 2018(2018年6月)
  14. 中尾篤人:サーカディアンリズムとアレルギー―とくにマスト細胞活性化を中心として。医学のあゆみ 265(9)789-792, 2018(2018年6月)
  15. 中尾篤人:サーカディアンリズムとアレルギー。臨床免疫・アレルギー科 69(4)402-406, 2018(2018年4月) 
  16. 中尾篤人:アレルギーの時間医学。Medical Science Digest 44(1)16-19, 2018(2018年1月)
  17. 中尾篤人:概日時計を標的としたⅠ型アレルギー反応の制御。臨床免疫・アレルギー科 68(1)6-10, 2017(2017年7月) 
  18. 中尾篤人,中村勇規:花粉症と概日時計。 実験医学 2016年11月号 企画/中尾篤人 34(18)2990-2995, 2016(2016年11月)
  19. 中尾篤人:アレルギー克服への期待と興奮。 実験医学 2016年11月号 企画/中尾篤人 34(18)2968-2973, 2016(2016年11月)
  20. 中尾篤人:体内時計を標的としてアレルギー症状を緩和する。 小児科診療 79(10)1367-1371(2016年10月)
  21. 中村勇規:概日時計によるアレルギー反応の制御機構の解明。 山梨科学アカデミー会報 42:28-34, 2016(2016年7月)
  22. 中村勇規:時計遺伝子とアレルギー。 睡眠医療 10(1)43-51, 2016(2016年3月)
  23. 中尾篤人:ClockによるIL-33/ST2シグナルの時間依存的な制御。 臨床免疫・アレルギー科 65(3)229-232, 2016(2016年3月)
  24. 中村勇規:T細胞における内因性・外因性概日時計システムの役割。 実験医学 2016年1月号 34(1)68-69, 2016(2016年1月)
  25. 原間大輔,中尾篤人:敗血症の概念,疫学,診断,治療。 山梨医科学雑誌 30(2)37-45, 2015(2015年11月)
  26. 中尾篤人:時計遺伝子Clockにより制御されるマスト細胞活性化。 臨床免疫・アレルギー科 64(5)442-446, 2015(2015年11月)
  27. 安藤典子,島田眞路,中尾篤人:スギ花粉症患者好塩基球反応性の日内変動。 臨床免疫・アレルギー科 64(5)464-467, 2015(2015年11月)
  28. 中尾篤人:時計遺伝子とアレルギー性炎症。 呼吸と循環 63(10)951-956, 2015(2015年10月)
  29. 中村勇規:体内時計によるアレルギー反応の制御。 山梨医科学雑誌 30(1)21-28, 2015(2015年2月)
  30. 中尾篤人:アレルギーと時計遺伝子。 臨床免疫・アレルギー科 63(1)68-72, 2015(2015年1月)
  31. 中尾篤人,久保允人:TSLPを介したアレルギー性炎症のメカニズム。 実験医学増刊 炎症 32(17)2791-2795, 2014(2014年11月)
  32. 中尾篤人:アレルゲン免疫療法の作用機序の基礎。 アレルギー・免疫 21(7)1044-1049, 2014(2014年6月)
  33. 中尾篤人:体内時計は花粉症を制御するカギの一つ。 Medical View Point 35(3)12, 2014(2014年3月)
  34. 中村勇規:体内時計によるアレルギー反応の制御。 生化学 85(12)1075-1079, 2013(2013年12月)
  35. 中尾篤人:蕁麻疹とアナフィラキシー。日本臨牀 71(12)2153-2157, 2013(2013年12月)
  36. 中尾篤人:アレルギーに対する免疫療法。実験医学 増刊号 61(17)2885-2889, 2013(2013年11月)
  37. 中尾篤人:TSLPとアレルギー。臨床免疫・アレルギー科 60(1)28-31, 2013(2013年7月)
  38. 中尾篤人:食物アレルギーの理解と治療法の将来展望。最新医学 6月増刊号 自己免疫疾患・アレルギー疾患(後編)それぞれの疾患の理解 68:1466-1473, 2013(2013年6月)
  39. 中尾篤人:TSLPとアレルギー。アレルギー 62(5)555-559, 2013(2013年5月)
  40. 中尾篤人:体内時計とアレルギー。治療 94(11)1859-1864, 2012(2012年11月)
  41. 中尾篤人:体内時計によるアレルギー反応の時間的制御。感染 炎症 免疫 42(3)58-61, 2012(2012年10月)
  42. 中尾篤人:アレルギー疾患における体内時計の役割。アレルギーの臨床 32(434)32-36, 2012(2012年9月)
  43. 中尾篤人:食物アレルギーとその動物モデル。アレルギーの臨床 32(433)48-52, 2012(2012年8月)
  44. 中尾篤人:アレルギーと体内時計。FOOD STYLE21 p.24-26, 2012(2012年7月)
  45. 中尾篤人:肥満細胞によるアレルギー反応の体内時計遺伝子を介する日内変動調節。炎症と免疫 20(4)3-7, 2012(2012年6月)
  46. 中尾篤人:アレルギーと体内時計。臨床免疫・アレルギー科 57(6)681-685, 2012(2012年6月)
  47. 中村勇規:体内時計がアレルギー疾患の概日性の病態形成に果たす役割。アレルギア 40:80-82, 2011(2011年11月)
  48. 中尾篤人:体内時計は,アレルギー反応を制御するカギの1つである。化学と生物 49(11)740-742, 2011(2011年11月)
  49. 高村武之,原間大輔,下川直美,北村正敬,中尾篤人:Aryl hydrocarbon receptor経路の活性化によるデキストラン硫酸ナトリウム誘導性大腸炎の抑制。消化器と免疫 No.47 p.76-79, 2011(2011年6月)
  50. 中尾篤人:乳幼児アレルギー疾患の発症抑制と母乳中TGF-β。日本小児アレルギー学会誌 25(1)69-74, 2011(2011年6月)
  51. 中尾篤人:アレルギー疾患と母乳中のTGF-β。化学と生物 49(6)392-397, 2011(2011年6月)
  52. 中尾篤人:アレルギー疾患と母乳中TGF-β。医学のあゆみ 234(10) 983-986, 2010(2010年9月)
  53. 中尾篤人:TGF-βシグナルと免疫系の恒常性。実験医学 増刊 サイトカインによる免疫制御と疾患 28(12)115-119, 2010(2010年8月)
  54. 中尾篤人:食物アレルギーの発症メカニズム。実験医学 増刊 アレルギー疾患の免疫機構 27(20)195-199, 2009 (2009年12月)
  55. 中尾篤人:TSLPとアレルギー。臨床免疫・アレルギー科 50(6)692-696, 2008 (2008年12月)
  56. 中尾篤人:TGF-βの経口摂取による食物アレルギー予防についての基礎的検討。アレルギア 38:69-71, 2008 (2008年11月)
  57. 中尾篤人:TGF-βシグナルと免疫アレルギー。細胞 39(8)22-25, 2007(2007年7月)
  58. 中尾篤人:TGF-β/Smad。炎症と免疫 15(4)117-119, 2007(2007年7月)
  59. 中尾篤人:TGF-βスーパーファミリーによるシグナル伝達機構と疾患。シグナル伝達病を知る(遺伝子医学MOOK)6:80-85, 2006(2006年12月)
  60. 中尾篤人:Smad7と自己免疫/炎症性疾患。分子リウマチ 2:22-27, 2005(2005年3月)
  61. 中尾篤人:TGF-βのシグナル伝達の制御機構と疾患。山梨医科学雑誌19:79-82, 2004(2004年12月)
  62. 中尾篤人:TGF-β/Smad分子を標的とした肺疾患の治療。分子標的薬(週刊医学のあゆみ)208(5)408-411,2004(2004年1月)
  63. 中尾篤人:TGF-βのシグナル伝達異常と発癌。バイオセラピー 17:522-527,2003(2003年11月)
  64. 中尾篤人:Transforming Growth Factor-β (TGF-β)のシグナル伝達機構。分子細胞治療 2:409-411,2003(2003年8月)
このページのトップへ

著書

  1. 中尾篤人: 蕁麻疹。 適正使用のための臨床時間治療学 (企画編集)藤村昭夫、(編集)大戸茂弘、安藤仁、牛島健太郎 診断と治療社 p185-189,2022
  2. 中尾篤人: 食事や生活習慣とアレルギー疾患。 花粉症アレルギー疾患予防食品の開発 (監修)今井伸二郎 シーエムシ―出版 p13-20,2021
  3. 中尾篤人: 免疫担当細胞。 膠原病・リウマチ・アレルギー研修ノート (シリーズ総監修)永井良三、(責任編集)上阪等、(分野編集)渥美達也、亀田秀人、中島裕史、藤本学、山口正雄 診断と治療社 p53-55,2016
  4. Nakao A:Inhibitory Smads: mechanisms of action and roles in human diseases. p.379-395, In Smad Signal Transduction:Smads in proliferation, differentiation and disease, Proteins and cell regulation vol5 ed. Peter ten Dijke, Carl-Henrik Heldin, eds.Springer, Netherlands, 2006

翻訳書

  1. 中尾篤人(監訳):『アバス-リックマン-ピレ 基礎免疫学 免疫系の機能とその異常 原著第6版』エルゼビア・ジャパン株式会社 2020 [原著者:Abul K.Abbas, Andrew H.Lichtman, Shiv Pillai 原著書名:Basic Immunology Functions and disorders of the immune system, Sixth Edition]
    中尾篤人(翻訳):第1章 p1-18、用語解説 p247-290、付録Ⅲ p303-313
    村上悠二(翻訳) :付録Ⅰ p291-297、Ⅱ p299-302
  2. 中尾篤人(監訳):『アバス-リックマン-ピレ 分子細胞免疫学 原著第9版』エルゼビア・ジャパン株式会社 2018 [原著者:Abul K.Abbas, Andrew H.Lichtman, Shiv Pillai 原著書名:Cellular and Molecular Immunology, Ninth Edition]
    中尾篤人(翻訳):第1章 p1-11
    中村勇規(翻訳):付録Ⅰ~Ⅲ p543-568
    中嶋正太郎(翻訳):用語解説 p513-541

学会発表・学会活動

  1. 中尾篤人:[シンポジウム講演]Type2炎症経路における上皮サイトカインの重要性. 第71回日本アレルギー学会学術大会 2022年10月7日-10月9日 東京
  2. 中尾篤人:Circadian control of mast cell activation. 第71回日本アレルギー学会学術大会 2022年10月7日-10月9日 東京
  3. 中尾篤人:第71回日本アレルギー学会学術大会「シンポジウム1:2型アレルギー炎症の新規制御機構」司会 2022年10月7日-10月9日 東京
  4. 中村勇規:アレルギー疾患と概日時計. 日本睡眠学会第47回定期学術集会 2022年6月30日-7月1日 京都
  5. 中尾篤人:一般社団法人日本アレルギー学会理事 就任(2022年4月1日~)
  6. 中尾篤人:(特別講演)喘息の多様な炎症経路を紐解く. 第7回日本アレルギー学会関東地方会 2022年3月12日 東京
  7. 中尾篤人:[シンポジウム講演]アレルギー疾患の時間治療. 第42回日本臨床薬理学会学術集会 2021年12月9日-12月11日 仙台
  8. 中尾篤人:第50回日本免疫学会学術集会ワークショップ「Allergy」座長 2021年12月8日-12月10日 奈良
  9. 石川緋佳里,Tan Nguyen,斎藤史恵,奥田徹,中尾篤人:マスト細胞におけるEthyl-caffeateの脱顆粒反応抑制効果について. 第6回日本アレルギー学会関東地方会 2021年11月27日 東京
  10. 石丸かよ子,中尾篤人:核内受容体REV-ERB特異的合成アゴニスト(SR9009)は概日時計非依存的にマスト細胞の活性化を阻害する. 第6回日本アレルギー学会関東地方会 2021年11月27日 東京
  11. 中村勇規,中尾篤人:糞線虫感染防御における概日時計の役割. 第6回日本アレルギー学会関東地方会 2021年11月27日 東京
  12. 中尾篤人:(会長企画)マスト細胞活性化制御から考えるアレルギー創薬. 第6回日本アレルギー学会関東地方会 2021年11月27日 東京
  13. 中村勇規,中尾篤人:概日時計によるⅠ型アレルギー疾患の制御. 第28回日本時間生物学会学術大会 2021年11月20日-11月21日 沖縄
  14. 中尾篤人:ウイルス感染症と概日時計. 第28回日本時間生物学会学術大会 2021年11月20日-11月21日 沖縄
  15. 中尾篤人:(特別講演)アレルギーの時間医学. 第127回日本小児科学会甲信地方会 2021年11月7日 オンライン
  16. 中尾篤人:(教育講演)体内時計:アレルギーとストレスをリンクするカギ. 第37回日本ストレス学会学術総会 2021年10月30日-10月31日 オンライン
  17. 石川緋佳里,中尾篤人:白ワインポリフェノールによるマスト細胞脱顆粒反応の抑制. 第70回日本アレルギー学会学術大会 2021年10月8日-10月10日 横浜
  18. 中村勇規,Tan Nguyen,中尾篤人:糞線虫感染防御における概日時計の役割. 第70回日本アレルギー学会学術大会 2021年10月8日-10月10日 横浜
  19. 中尾篤人:(教育講演)時計じかけのアレルギー. 第70回日本アレルギー学会学術大会 2021年10月8日-10月10日 横浜
  20. 中村勇規:概日時計とアレルギー. 日本睡眠学会第46回定期学術集会 2021年9月23-24日 福岡
  21. 中尾篤人:(教育講演)アレルギーと体内時計. 第57回日本小児アレルギー学会学術大会 2020年10月31日-11月30日 オンライン
  22. 中尾篤人:IgE依存性のアレルギー反応と時間の関係. 第68回日本アレルギー学会学術大会 2019年6月14-16日 東京
  23. 中尾篤人:アレルギーと体内時計. 第33回日本救命医療学会 総会・学術集会 2018年9月21-22日 山梨
  24. 中尾篤人:アレルギーと概日時計. 第23回日本病態プロテアーゼ学会学術集会 2018年8月3-4日 山梨
  25. Nakamura Y, Nakao A: Regulation of steady state plasma histamine levels by the mast cell clock. 2018 SRBR Meeting 2018年5月12-16日 Florida, USA
  26. Thu Le HP, Nakao A: The frequency of Th17 cells in The small intestine exhibits a day-night variation dependent on circadian clock activity. 2018 SRBR Meeting 2018年5月12-16日 Florida, USA
  27. Nakamura Y, Nakao A: Circadian regulation of allergy. The 95th Annulal Meeting of Physiological Society of Japan 2018年3月28-30日 香川
  28. Nakajima S, Nakao A: Resveratrol inhibits IL-33-mediated mast cell activation. 第46回日本免疫学会学術集会 2017年12月12-14日 仙台
  29. Nakamura Y, Nakao A: Regulation of plasma histamine levels by the mast cell clock and its modulation by stress. 第46回日本免疫学会学術集会 2017年12月12-14日 仙台
  30. 中村勇規,柴田重信,中尾篤人:マスト細胞の概日時計による血中ヒスタミン濃度の調節. 第40回日本分子生物学会年会 2017年12月6-9日 神戸
  31. Nakamura Y, Shibata S, Nakao A: Regulation of plasma histamine levels by the mast cell clock. 第24回日本時間生物学会学術大会 2016年10月28-29日 京都
  32. 中尾篤人:アレルギーと体内時計. 第56回日本鼻科学会総会・学術講演会 2017年9月30日 山梨
  33. 中尾篤人:乾癬と体内時計 Circadian biology of psoriasis. 第32回日本乾癬学会学術大会 2017年9月8日 東京
  34. 中村勇規:マスト細胞の概日時計とアレルギー. 日本睡眠学会第42回定期学術集会 2017年6月29-30日 横浜
  35. Nakao A: Circadian regulation of allergic reaction. 第66回日本アレルギー学会学術大会 2017年6月16-18日 東京
  36. 中村勇規,中尾篤人:マスト細胞の概日時計による血中ヒスタミン濃度の調節. 第66回日本アレルギー学会学術大会 2017年6月16-18日 東京
  37. Nakamura Y, Nakao A, Shibata S: Inhibition of IgE-mediated allergic reaction by pharmacologically targeting the circadian clock. 第45回日本免疫学会学術集会 2016年12月5-7日 沖縄
  38. Oh-oka K, Nakao A: 5-amino salicylic acid (5-ASA) induces the colonic regulatory Tcells via the activation of the aryl hydrocarbon receptor signaling pathway. 第45回日本免疫学会学術集会 2016年12月5-7日 沖縄
  39. Le Pham Thu Ha, Nakamura Y, Nakao A: Migration of Th17 cells to the small intestine is temporally regulated by the circadian clock. 第45回日本免疫学会学術集会 2016年12月5-7日 沖縄
  40. 中村勇規,柴田重信,中尾篤人:Regulation of plasma histamine levels by the mast cell clock and its modulation by stress. 第23回日本時間生物学会学術大会 2016年11月12-13日 名古屋
  41. Nakao A:AHR activation by probiotics inhibits colitis. AHR 2016 The aryl hydrocarbon receptor as a central mediator of health and disease 2016年8月3-6日 New York, USA
  42. 中村勇規:概日時計とアレルギー性疾患. 日本睡眠学会第41回定期学術大会 2016年7月7-8日 東京
  43. 中村勇規,柴田重,中尾篤人:薬理学的概日時計制御によるIgE依存性アレルギー反応の抑制. 第65回日本アレルギー学会学術大会 2016年6月17-19日 東京
  44. Nakao A:Circadian Regulation of Allergic Reaction. 2016 SRBR Meeting 2016年5月21-25日 Florida, USA
  45. Nakao A : The mast cell-clock regulates blood histamine levels: implication for stress-induced exacerbation of allergy. 31th symposium of the Collegium Internationale Allergologicum 2016年4月3-8日 Charleston, USA
  46. Ihara T, Kira S, Miyamoto T, Sawada N, Nakagomi H, Mitsui T, Kobayashi H, Yoshiyama M, Takeda M, Nakamura Y, Nakao A, Shigetomi E, Shibata K, Shinozaki Y, Koizumi S: Clock genes regulate the circadian rhythm of Piezo1 and TRPV4 expressions and intracellular Ca2+ influx after stretch stimulation in cultured urothelial cells. 31th Annual Congress of the European Association of Urology Abstracts 2016年3月11-15日 Munich, Germany
  47. Nakamura Y, Shibata S, Nakao A:Inhibition of IgE-Mediated Allergic Reaction By Pharmacologically Targeting the Circadian Clock. 2016 AAAAI Annual Meeting 2016年3月4-7日 Los Angeles, USA
  48. 中村勇規,中尾篤人,柴田重信:薬理学的概日時計制御によるIgE依存性アレルギー反応の制御. 第22回日本時間生物学会学術大会 2015年11月21-22日 東京
  49. Nakao A:[Overview Talk] Allergy:From Bench to Bedside and Beyond. 第44回日本免疫学会学術集会 2015年11月18-20日 札幌
  50. 中村勇規:[シンポジウム講演][Data Blitz]概日時計によるアレルギー反応の制御. 日本睡眠学会第40回定期学術集会 2015年7月2-3日 栃木
  51. 安藤典子,中村勇規,石丸かよ子,島田眞路,中尾篤人:スギ花粉症患者好塩基球のスギ花粉に対する反応性の日内変動. 第64回日本アレルギー学会学術大会 2015年5月26-28日 東京
  52. 河内貴広,中村勇規,中尾篤人:IL-33依存性マスト細胞応答は時計遺伝子Clockにより制御される. 第64回日本アレルギー学会学術大会 2015年5月26-28日 東京
  53. 齋藤一歩,大岡杏子,久本雅嗣,奥田徹,中尾篤人:レスベラトロール二量体であるε-ビニフェリンによるIgE依存性アレルギー反応の抑制効果. 第64回日本アレルギー学会学術大会 2015年5月26-28日 東京
  54. 中尾篤人:[シンポジウム講演]Temporal regulation of allergic reaction by the circadian clock.アレルギーと概日時計. 第21回日本時間生物学会学術大会 2014年11月8-9日 福岡
  55. 福留博文,渡辺汐美,中埜拓,石丸かよ子,中尾篤人:授乳婦への乳酸菌・ビフィズス菌投与による母乳成分への影響.日本食品免疫学会設立10周年記念学術大会 2014年10月16-17日 東京
  56. 中尾篤人:[ランチョンセミナー]アレルギー疾患発症予防と母乳中TGF-β ~母親の乳酸菌摂取の可能性~. 第55回日本母性衛生学会総会 2014年9月13-14日 幕張メッセ
  57. Nakamura Y :Circadian regulation of allergic reaction by the mast cell clock in mice. 第26回日本アレルギー学会春季臨床大会 2014年5月9-11日 京都
  58. Oh-oka K, Nakao A: Circadian clock regulates the expression levels of tight junction proteins, permeability, and barrier function in the intestine. 第42回日本免疫学会学術集会 2013年12月11-13日 千葉
  59. 中村勇規,中尾篤人:マスト細胞の内在時計によるIgE受容体の日内変動の調節.第63回日本アレルギー学会秋季学術大会 2013年11月28-30日 東京
  60. Nakao A : [シンポジウム講演]Circadian regulation of allergic reaction by the mast cell clock. 2013 Asia Pacific Congress of Allergy, Asthma, and Clinical Immunology (APCAAI) 2013年11月14-17日 Taipei, Taiwan
  61. 中村勇規,中尾篤人,柴田重信:マスト細胞の内在時計によるアレルギー反応の日内変動の調節. 第20回日本時間生物学会学術大会 2013年11月9-10日 大阪
  62. 中尾篤人:[シンポジウム講演]母乳中TGF-β は乳幼児アレルギー疾患の防御因子か? 第9回日本食品免疫学会 2013年10月17-18日 東京大学
  63. 中尾篤人:Prevention of food allergy by dietary resveratrol. Resveratrol 2013 Regional Meeting. 2013年10月7-8日 Tokyo, Japan
  64. 中尾篤人:[シンポジウム講演]免疫グロブリン、IgEや特異IgEを中心に ―体内時計によるIgE応答の時間的制御― 第33回六甲カンファレンス 2013年7月27-28日 京都
  65. 中尾篤人:[教育講演]免疫療法の新たな展開―作用機序について.第25回日本アレルギー学会春季臨床大会 2013年5月12日 横浜市
  66. 中尾篤人:[シンポジウム講演]アレルギーの分子時計メカニズム. 第86回日本薬理学会年会 2013年3月21日 福岡市
  67. 中尾篤人:「融合研究の推進」~共同研究や臨床応用への可能性~. 山梨大学 融合研究臨床応用推進センター第2回講演会 2013年3月5日 山梨大学
  68. 中尾篤人:[特別講演]アレルギーと体内時計. 第21回大分アレルギー講習会 2013年2月2日 由布市
  69. 中尾篤人:[教育講演]TSLPとアレルギー. 第62回日本アレルギー学会秋季学術大会 2012年11月30日 大阪市
  70. 中村勇規,中尾篤人,柴田重信:マスト細胞の内在時計による即時型皮膚反応の日内変動の調節. 第62回日本アレルギー学会秋季学術大会 2012年11月29日 大阪市
  71. 中尾篤人:[シンポジウム講演]関節リウマチとTGF-β. 第27回日本整形外科学会基礎学術集会 2012年10月26日 名古屋市
  72. Aihara Y, Oh-oka K, Nakao A, Kondo N, Shrestha S, Shrestha N, Sharma J, Yamagata Z: Colostrum feeding and immunological substance in colostrum among lactating women from urban and rural environments, Nepal. 44th Asia-Pacific Academic Consortium for Public Health. 2012年10月13-18日 Colombo, Sri Lanka
  73. 中尾篤人:[特別講演]アレルギーと体内時計. 第14回応用薬理シンポジウム 2012年9月3日 甲府市
  74. 中村勇規,中尾篤人,柴田重信:マスト細胞の内在時計による即時型皮膚反応の日内変動の調節. 第14回応用薬理シンポジウム 2012年9月3日 甲府市
  75. 中尾篤人:アレルギーと体内時計. ifia JAPAN2012(第17回国際食品素材/添加物展・会議、HFE JAPAN2012(第10回ヘルスフードエキスポ) 2012年5月25日 東京
  76. Nakao A:[Symposium:Various research fields can solve the physiological function of biological clocks] Circadian clock gene Period2 regulates a time-of-day-dependent variation in cutaneous anaphylactic reaction. 第89回日本生理学会 2012年3月29-31日 松本
  77. Oh-oka K, Nakao A:Circadian clock gene Period2 regulates intestinal barrier function. 第34回日本分子生物学会年会 2011年12月15-16日 横浜
  78. Okada Y:Resveratrol inhibits the development of food allergy in mice. 第34回日本分子生物学会年会 2011年12月14日 横浜
  79. Nakao A:(Symposium)The circadian clockgene Period2 regulates a daily rhythm in cutaneous anaphylactic reaction. 第40回日本免疫学会学術集会 2011年11月29日 千葉
  80. Shimokawa N, Nakagawa R, Nakao A:Functional analysis of tumor filtrating CD8+ T cells in liver metastasis. 第40回日本免疫学会学術集会 2011年11月28日 千葉
  81. Oh-oka K, Okumura K, Nakao A:Period2 regulates intestinal barrier function. 第40回日本免疫学会学術集会 2011年11月28日 千葉
  82. 中村勇規,中尾篤人,柴田重信:体内時計システムによる即時型皮膚反応の日内変動の調節. 第18回日本時間生物学会学術大会 2011年11月24日 名古屋
  83. 中尾篤人:[教育講演]アレルギーと体内時計. 第61回日本アレルギー学会秋季学術大会 2011年11月10日 東京
  84. 中尾篤人:[シンポジウム:環境と体内物質のTh2アジュバント作用] 母乳中TGF-βは,乳幼児のアレルギー疾患を予防するカギか? 第61回日本アレルギー学会秋季学術大会 2011年11月11日 東京
  85. 中村勇規,中尾篤人:体内時計システムによる即時型皮膚反応の日内変動の調節. 第61回日本アレルギー学会秋季学術大会 2011年11月11日 東京
  86. 岡田祐依,奥田 徹,中尾篤人:マウス食物アレルギーモデルに対するレスべラトロールの効果. 第61回日本アレルギー学会秋季学術大会 2011年11月12日 東京
  87. Nakao A:The biological clock regulates allergic reaction. The 1st University of Yamanashi Global COE Meeting 2011 2011年9月6日 山梨
  88. Oh-oka K, Nakao A: Dysfunction of the circadian gene Period2 protects mice against DSS-induced colitis. -Period2 regulates intestinal barrier function- 15th International Congress of Mucosal Immunology. 2011年7月5日-7月9日 Paris, France
  89. Nakamura Y:Circadian clock gene Period2 regulates a time-of-da-dependent variation in cutaneous anaphylactic reaction. 2011 International joint meeting of Bonn University, Waseda University, University of Yamanashi and Tokyo University of Agriculture and Technology. 2011年6月14日 東京
  90. 近藤尚己,須田由紀,中尾篤人,鈴木孝太,佐藤美理,田中太一郎,永井亜貴子,山縣然太朗,大霜かよ子:母乳中の免疫制御サイトカインTransforming Growth Factor(TGF)-β濃度に影響を与える要因:中間分析結果. 日本疫学会 2011年1月 北海道
  91. Okada Y, Okuda T, Nakao A:The effect of resveratrol on food allergy. Biochemistry and Molecular Biology 2010. 2010年12月9日 神戸
  92. Ohoka K, Nakao A:Period2 mutation inhibits DSS-induced colitis in mice. Biochemistry and Molecular Biology 2010. 2010年12月9日 神戸 
  93. 中尾篤人:(シンポジウム 招待講演)乳幼児アレルギー疾患の発症抑制と母乳中TGF-β. 第47回日本小児アレルギー学会 2010年12月5日 横浜
  94. 中尾篤人,中村勇規:Period2遺伝子による即時型皮膚過敏反応の日内変動の調節. 第60回日本アレルギー学会秋季学術大会 2010年11月27日 東京
  95. 中尾篤人,中村勇規,柴田重信:Period2遺伝子による即時型皮膚過敏反応の日内変動の調節. 第17回日本時間生物学会 2010年11月21日 東京
  96. 中尾篤人:(招待講演)TGF-βシグナルとアレルギー疾患. 第64回日本臨床眼科学会ランチョンセミナー 2010年11月13日 神戸市 
  97. 藤田康稚,大場哲郎,安藤隆,若生政憲,中尾篤人,波呂浩孝:ヘルニア塊の退縮に対する加齢の影響について. 第25回日本整形外科学会基礎学術集会 2010年10月 京都市
  98. Nakao A:Aryl hydrocarbon receptor signaling and colitis. The 1st University of Yamanashi Global COE Meeting 2010 2010年9月22日 山梨
  99. 藤田康稚,安藤隆,大場哲郎,若生政憲,加藤良平,中尾篤人,波呂浩孝:椎間板細胞における炎症性反応の加齢による変化. 第29回日本運動器移植・再生医学研究会 2010年9月 京都市
  100. 高村武之、原間大輔、下川直美、北村正敬、中尾篤人:Aryl hydrocarbon receptor経路の活性化によるデキストラン硫酸ナトリウム誘導性大腸炎の抑制 第47回日本消化器免疫学会総会、2010年7月8日-9日 滋賀
  101. Nakao A:Activation of aryl hydrocarbon receptor ameliorates experimental colitis in mice. The 2nd University of Yamanashi Global COE Meeting 2009 2010年1月29日 山梨
  102. 原間大輔, 中尾篤人, 下川直美:大腸菌由来毒素であるSubABは、UPRを惹起することでLPS誘導性の炎症反応を抑制する. 第39回日本免疫学会総会・学術集会 2009年12月4日 大阪市
  103. 中尾篤人:(特別講演)TGF-βの経口投与によるアレルギー疾患の予防. 第64回臨床アレルギー研究会 2009年11月28日 東京
  104. 中尾篤人:(招待講演)TGF-βの経口投与によるアレルギー疾患の予防. 第73回日本皮膚科学会東部支部学術大会 スポンサードシンポジウム1 2009年9月26日 甲府市 
  105. 中尾篤人:ぜんそく発作はなぜ夜間に多いのか? -体内時計とアレルギーの関係を解明する-. 文部科学省戦略的大学連携支援事業 学術シンポジウム 山梨大学・早稲田大学:国私立大学間連携による医学・理工学に精通した先端生命科学分野の国際的研究者の育成 2009年2月14日 東京
  106. Nakao A:Cigarette smoke extract induces TSLP expression, leading to Th2-type immune responses and airway inflammation. University of Yamanashi Global COE program International Symposium 2009年1月28-29日 山梨
  107. Shimokawa N, Nishiyama C, Nakao A, Okumura K, Ogawa H:Role of a transcription factor GATA-1 in commitment between dentritic cells and mast cells. 第38回日本免疫学会総会 2008年12月1-3日 京都
  108. 下川直美, 西山千春, 広田朝光, 玉利真由美, 池田志斈, 奥村康, 小川秀輿: IL-12/23 p40 遺伝子のプロモーター領域における遺伝子多型の機能解析. 第58回日本アレルギー学会秋季学術大会 2008年11月27-29日 東京都
  109. Nakamura Y, Miyata M, Shimokawa N, Ogawa H, Nakao A:Cigarette smoke extract induce TSLP expression ,leading to allergic airway inflammation. 第58回日本アレルギー学会秋季学術大会 2008年11月27-29日 東京都
  110. 中尾篤人:アレルギーの新規予防法: TGF-βの経口投与. 第4回日本免疫学会(JSI)-理研免疫アレルギーセンター(RCAI)免疫ワークショップ 2008年5月20日 甲府市
  111. Nakao A:Orally administered TGF-βis biologically active in the intestinal mucosa and enhances oral tolerance. Second Japanese-French Frontiers of Science Symposium. Jan 25-27,2008, Roscoff, France
  112. 中尾篤人:生乳に多量に含まれるTGF-βの経口摂取とその応用の可能性について. 千葉県高機能性食品開発事業化研究会 平成19年度第3回定例研究会 2007年12月11日 千葉市
  113. 宮田政則,下川直美,小川秀興,奥村康,増山敬祐,中尾篤人:アレルギー性鼻炎モデルマウスにおけるTSLPの発現. 第57回日本アレルギー学会秋季学術大会 ミニシンポジウム 2007年11月1-3日 横浜市
  114. 末永文子,下川直美,小川秀興,中尾篤人:ヨーグルトによるアレルギー反応抑制の機序;含有するTGF-βの効果. 第57回日本アレルギー学会秋季学術大会 2007年11月1-3日 横浜市
  115. 中尾篤人:アレルギー疾患の新しい予防法:TGF-βの経口投与. 新技術説明会「イノベーションジャパン2007」(東京国際フォーラム) 2007年9月13日 東京
  116. 中尾篤人:TGF-βの経口投与によるアレルギー疾患の予防. 産学交流ネットワーク2007 2007年8月27日 諏訪市
  117. Nakao A, Ando T, Hatsushika K, Wako M, Ohnuma Y, Ogawa H, Okumura K, Wyss-Coray T:Orally administered TGF-β is biologically active in the intestinal mucosa and enhances oral tolerance. 13th International Congress of Mucosal Immunology July 9-12, 2007 Tokyo
  118. 中尾篤人:教育講演(1)TGF-βシグナルと免疫アレルギー疾患. 第25回日本耳鼻咽喉科 免疫アレルギー学会  2007年3月29日 甲府市
  119. Nakao A:Suppression of serum IgE response and systemic anaphylaxis in a food allergy model by orally administered high-dose TGF-β. KEYSTONE SYMPOSIA Allergy, Allergic Inflammation and Asthma April 6-11, Colorado, USA
  120. 中尾篤人:TGF-βの経口投与による食物アレルギーの抑制. 第56回臨床アレルギー研究会 2006年10月8日 大阪市
  121. 中尾篤人:TGF-βの経口投与によるアレルギー疾患の予防と治療. 第3回新技術説明会(キャンパス・イノベーションセンター東京) 2006年7月21日 東京
  122. 中尾篤人、岡本篤司、川村龍吉、小川秀興、奥村康:経口的な高用量TGF-β投与による食物アレルギー反応の抑制. 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会 2005年10月21日 盛岡市
  123. 中尾篤人:TGF-βの経口投与による食物アレルギーの抑制. 第13回小児気道アレルギー研究会 2005年9月23日 仙台市
このページのトップへ

受賞

  1. 中尾篤人:令和3年度山梨大学学長特別表彰(優秀研究者)
  2. 中村勇規:令和2年度山梨大学医学部優秀教員奨励賞
  3. 中尾篤人:令和元年度山梨大学学長特別表彰(優秀研究者)
  4. 石丸かよ子:平成29年度 山梨大学男女共同参画学術研究奨励賞[Summary]
  5. 中村勇規:平成27年度山梨大学医学部優秀教員奨励賞
  6. 中村勇規:第21回山梨科学アカデミー奨励賞
  7. 福元秀(特進コース 医学部4年):平成27年度山梨医科大学・山梨大学医学部同窓会 学生会員奨励賞
  8. 福元秀(特進コース 医学部4年):日本学生支援機構 平成26年度優秀学生顕彰事業(学術分野)「優秀賞」
  9. 中村勇規:平成26年度山梨大学戦略・公募プロジェクト経費(若手研究者等の表彰)
  10. 李昭姃(修士 2年):第10回やまなし留学生スピーチコンテスト 「コラニーダイヤモンド賞」
  11. 中村勇規:平成24年度山梨大学医学部優秀教員奨励賞
  12. 高村武之(特進コース 医学部6年):平成24年度山梨大学特別待遇学生賞
  13. 高村武之(特進コース 医学部6年):平成24年度山梨大学医学部同窓会 学生会員奨励賞
  14. 高村武之(特進コース 医学部5年):日本学生支援機構 平成22年度優秀学生顕彰事業(学術分野)「大賞」
  15. 原間大輔(特進コース 医学部6年):平成23年度山梨大学特別待遇学生賞
  16. 中村勇規:第21回アボット ジャパン・アレルギー学術奨励賞
  17. 高村武之(特進コース 医学部5年):平成23年度山梨大学医学部同窓会 学生会員奨励賞
  18. 中村勇規:第7回日本アレルギー学会学術大会賞
  19. 高村武之(特進コース 医学部4年):日本学生支援機構 平成22年度優秀学生顕彰事業(学術分野)「奨励賞」
  20. 原間大輔(特進コース 医学部4年):日本学生支援機構 平成21年度優秀学生顕彰事業(学術分野)「大賞」
  21. 宮田政則:平成20年度 山梨大学医学会若手研究者表彰奨学金
  22. 中尾篤人:平成20年度 日本生化学会JB論文賞[J Biochem(Tokyo) 141(3)345-351, 2007]
  23. 中尾篤人:平成18年度 日本アレルギー協会研究奨励賞
  24. 中尾篤人:平成17年度 山梨科学アカデミー賞
  25. 中尾篤人:平成16年度 第42回三島海雲学術奨励賞

特許

このページのトップへ

研究助成

公的資金

  1. 令和 4年度 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究 代表 中尾篤人
  2. 令和 4年度 科学研究費補助金基盤研究(C) 代表 石丸 かよ子
  3. 令和 3年度 山梨県若手研究者奨励事業補助金(中村准教授)
  4. 令和 2年度 科学研究費補助金若手研究 代表 村上悠二
  5. 令和元年度 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究 代表 中尾篤人
  6. 令和元年度 科学研究費補助金基盤研究(C) 代表 石丸かよ子
  7. 平成30年度 科学研究費補助金基盤研究(B) 代表 中尾篤人
  8. 平成30年度 科学研究費補助金若手研究(B) 代表 中嶋正太郎
  9. 平成29年度 山梨県若手研究者奨励事業補助金(中嶋助教)
  10. 平成29年度 科学研究費補助金若手研究(B) 代表 石丸かよ子
  11. 平成28年度 山梨県若手研究者奨励事業補助金(中村講師)
  12. 平成27年度 科学研究費補助金基盤研究(B) 代表 中尾篤人
  13. 平成27年度 科学研究費補助金基盤研究(C) 代表 中村勇規
  14. 平成27年度 科学研究費補助金若手研究(B) 代表 林杏子
  15. 平成27年度 科学研究費補助金若手研究(B) 代表 石丸かよ子
  16. 平成26-27年度 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究 代表 中尾篤人
  17. 平成25-26年度 科学研究費補助金若手研究(B) 代表 中村勇規
  18. 平成25年度 科学研究費補助金研究活動スタート支援 代表 石丸かよ子
  19. 平成24年度 文部科学省 特別経費 (プロジェクト分) −国際的に卓越した教育研究拠点機能の充実− 代表 中尾篤人
  20. 平成23年度 独立行政法人科学技術振興機構 平成23年度第1回 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)フィージビリティスタディ・探索タイプ 代表 中尾篤人
  21. 平成23-24年度 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究 代表 中尾篤人
  22. 平成23年度 科学研究費補助金基盤研究(C) 代表 中川竜介
  23. 平成23年度 科学研究費補助金若手研究(B) 代表 下川直美
  24. 平成23年度 科学研究費補助金若手研究(B) 代表 中村勇規
  25. 平成21年度 独立行政法人科学技術振興機構 地域イノベーション創出総合支援事業 重点地域研究開発推進プログラム 平成21年度「シーズ発掘試験B(発展型)」代表
  26. 平成21年度 独立行政法人科学技術振興機構「良いシーズをつなぐ知の連携システム(つなぐしくみ)」代表
  27. 平成21-22年度 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究 代表
  28. 平成20-21年度 独立行政法人科学技術振興機構 産学共同シーズイノベーション化事業「顕在化ステージ」代表
  29. 平成20-24年度 山梨大学 グローバルCOEプログラム 分担
  30. 平成20年度 山梨大学 大学高度化推進経費2件 分担
  31. 平成20-22年度 山梨大学 戦略的大学連携支援事業 分担
  32. 平成20-21年度 科学研究費補助金若手研究(B)代表 下川直美
  33. 平成19-21年度 科学研究費補助金基盤研究(B)代表
  34. 平成19-20年度 科学研究費補助金萌芽研究代表
  35. 平成18年度 独立行政法人科学技術振興機構 地域イノベーション創出総合支援事業重点地域研究開発推進プログラム 平成18年度「シーズ発掘試験」代表
  36. 平成17-18年度 科学研究費補助金基盤研究(C)代表
  37. 平成15-16年度 厚生労働科学研究費補助金(免疫アレルギー疾患予防・治療研究事業) 分担(代表:佐賀大学医学部 出原賢治)
  38. 平成15-16年度 厚生労働科学研究費補助金(免疫アレルギー疾患予防・治療研究事業) 分担(代表:順天堂大学医学部 小川秀興)

その他の資金

  1. 平成30年度 (公財)花王芸術・科学財団 花王科学奨励賞(中村講師)[研究助成金贈呈書]
  2. 平成30年度 (一財)藤井節郎記念 大阪基礎医学研究奨励会 研究助成金(中嶋助教)
  3. 2017年度 グラクソ・スミスクライン(株)研究助成(中村講師)
  4. 2016年度 (公財)武田科学振興財団 医学系研究奨励(基礎)(中村講師)[研究助成金贈呈書]
  5. 平成28年度 (公財)持田記念医学薬学振興財団 研究助成金(中村講師)[研究助成金贈呈書]
  6. 平成28年度 (一財)ニッポンハム食の未来財団研究助成(中村講師)
  7. 2014年度 (公財) 内藤記念科学振興財団 内藤記念科学奨励金・研究助成[内藤財団時報 vol.96]
  8. 平成27年度 (公財)ロッテ財団奨励研究助成(中村講師)
  9. 平成22年度 (財)母子健康協会小児医学研究助成
  10. 平成20年度 (財)浦上食品・食文化振興財団研究助成
  11. 平成20年度 (財)テレビ山梨厚生文化事業団「テレビ山梨サイエンス振興基金」研究助成
  12. 平成19年度 (財)三井生命厚生事業団 第40回医学研究助成
  13. 平成18年度 (財)日本アレルギー協会 平成18年度研究奨励賞
  14. 平成17年度 (財)金原一郎記念医学医療振興財団 研究交流助成金
  15. 平成17年度 (財)病態代謝研究会 研究助成
  16. 平成17年度 (財)医科学応用研究財団 平成17年度調査研究助成金
  17. 平成16年度 (財)三島海雲記念財団平成16年度学術奨励賞
  18. 平成16年度 協和発酵 第2回創薬シーズコンテスト
  19. 平成16年度 テレビ山梨サイエンス振興基金
このページのトップへ

社会貢献

  1. 令和 4年10月   東京都立立川国際中等教育学校 出前講義
  2. 令和 4年10月   Severe asthma on-line seminar 講演「喘息の多彩な炎症経路を紐解く」
  3. 令和 4年10月   テゼスパイア新発売記念講演会 in Osaka 特別講演「喘息の多彩な炎症経路を紐解く」
  4. 令和 4年10月   Meiji Seika ファルマ Webカンファレンス 講演「アレルギーと体内時計」
  5. 令和 4年10月   Rise Above―Severe Asthma Expert Meeting 基調講演「喘息の多様な炎症経路を紐解く」
  6. 令和 4年10月   Severe Asthma SEM 2022 講演「喘息の多様な炎症経路を紐解く」
  7. 令和 4年 9月   Scientific Exchange Meeting in Mie & Gifu 特別講演「喘息の多彩な炎症経路を紐解く」
  8. 令和 4年 8月   Severe Asthma Symposium 講演「アレルギーの時間医学からみる喘息診療」
  9. 令和 4年 7月   第8回東京Asthma & COPD研究会 特別講演「体内時計と喘息・アレルギー」
  10. 令和 4年 6月   Scientific Exchange Meeting in Kagoshima 特別講演「喘息の多様な炎症経路を紐解く」
  11. 令和 4年 6月   Allergic Rhinitis Web Seminar 講演「時計じかけのアレルギー:アレルギーと体内時計の密接な関係」
  12. 令和 4年 4月   Severe Asthma TV Symposium 特別講演「重症喘息の最前線」
  13. 令和 4年 3月   Scientific Exchange Meeting in Chiba 講演「喘息の多様な炎症経路を紐解く」
  14. 令和 4年 3月   Scientific Exchange Meeting from Kanagawa 2022 講演「喘息の多様な炎症経路を紐解く」
  15. 令和 4年 3月   Respiratory TV Symposium 特別講演「喘息の多彩な炎症経路を紐解く」
  16. 令和 4年 2月   第2回SLDDDRS-UHCT-A Webinar: New Biology of Mast Cells 講演「S. Venezuelensis Egg Clearance in Primary Infections shows a Time-of-day-dependent Variation in Mice」(中村准教授)
  17. 令和 4年 2月   第2回SLDDDRS-UHCT-A Webinar: New Biology of Mast Cells 講演「Circadian Control of Mast Cell Degranulation」
  18. 令和 4年 1月   Biomarker SEM2022 講演「喘息の多様な炎症経路を紐解く」
  19. 令和 3年11月   山梨県立塩山高等学校 「未来の科学者訪問セミナー(主催:山梨科学アカデミー)」講義
  20. 令和 3年 8月   Web-Scientific Exchange in Sapporo 2021(オンライン) 講演「重症喘息における気道上皮性サイトカインの役割」
  21. 令和 3年 7月   株式会社アルソア慧央グループ本社(小淵沢)教育セミナー「アレルギーと体内時計」
  22. 令和 3年 6月   免疫と臨床セミナー 座長
  23. 令和 3年 6月   株式会社アルソア慧央グループ本社(小淵沢)教育セミナー「免疫のしくみとアレルギー」
  24. 令和 3年 2月   Web花粉症市民フォーラム 講演「アレルギーと体内時計」
  25. 令和 2年12月   [監修]前向きな気持ちがアトピーを改善する あとぴナビ 291:12-15, 2020
  26. 令和 2年11月   京都大学医学研究科大学院教育コース オンライン講義
  27. 令和 2年 9月   Asthma Premium Live Symposium in 東京多摩 基調講演(オンライン)「アレルギーの時間医学からみる喘息診療」
  28. 令和 2年 7月   「Keiji-Respiratory Research Seminar」(京都大学医学部・滋賀医科大学呼吸器内科主催)特別講演(オンライン)「アレルギーと体内時計:気管支喘息診療への応用」
  29. 令和元年12月   千葉大学医学部令和元年度アレルギー・膠原病内科例会 特別講演「アレルギーの時間医学」
  30. 令和元年11月   飯田病院アレルギー科開設記念講演「アレルギーの時間医学」
  31. 令和元年11月   アレルギー・リウマチExpertセミナー 特別講演「アレルギーの時間医学」
  32. 令和元年11月   第15回山梨アレルギー研究会 座長
  33. 令和元年10月   山梨大学教育学部付属小学校「あおぎり講座」
  34. 令和元年10月   東京都アレルギー疾患医療拠点・専門病院~多摩アレルギー研修会 特別講演「アレルギーの時間医学からみたステロイド抵抗性」
  35. 平成31年 3月   Scientific Exchange Meeting in Fukui 講演「アレルギーと体内時計」
  36. 平成31年 3月   IgE Expert Meeting in Tokyo 2019 講演「アレルギーと体内時計の関係」
  37. 平成31年 2月   JA山梨厚生連広報「しあわせ」2019.冬号 掲載
  38. 平成31年 2月   Scientific Exchange Meeting in North Kawasaki 講演「アレルギーと体内時計」
  39. 平成30年 9月   ガールズサイエンスcafe @山梨 講演「アレルギーが起きる仕組み」(石丸助教)
  40. 平成30年 9月   健康経営推進セミナー 講演「就業スタイルやストレスによる体内時計の乱れからくるアレルギー症状~アレルギーの最新の理解~」
  41. 平成30年 8月   Physician Scientistを目指す若手医師の会 特別講演「アレルギーと体内時計」
  42. 平成30年 7月   ディレグラWebセミナー 講演「アレルギーと体内時計」
  43. 平成29年 7月   Scientific Exchange Meeting 講演「アレルギーと体内時計」
  44. 平成29年 7月   第79回臨床アレルギー研究会 特別講演「アレルギーと体内時計」
  45. 平成29年 7月   医療薬学フォーラム2017第25回クリニカルファーマシーシンポジウム シンポジウム講演「概日時計によるアレルギー性疾患の制御」(中村講師)
  46. 平成29年 3月   YBS『わくドキやまなし~魅力満載!大村智人材育成基金~』出演 (中村講師)[わくドキやまなし]
  47. 平成28年12月   Scientific Exchange meeting 講演「体内時計が喘息の病態に果たす役割」(中村講師)
  48. 平成28年11月   山梨科学アカデミー交流大会 奨励賞受賞講演「概日時計によるアレルギー反応の制御機構の解明」(中村講師)
  49. 平成28年10月   第4回山梨大学教育学部付属小学校「あおぎり講座」出前講義
  50. 平成28年10月   [監修]体内時計の調整で“かゆみ”を軽減する。 あとぴナビ 10:6-9, 2016
  51. 平成28年 9月   Allergic Night 7th 特別講演「アレルギーと体内時計」
  52. 平成28年 9月   抗加齢医学の実際2016 シンポジウム講演「アレルギーと体内時計―アレルギー反応の緩和に向けて―」
  53. 平成28年 7月   資生堂リサーチセンター 教育セミナー「アレルギーと体内時計」
  54. 平成28年 7月   三重県耳鼻咽喉科医会学術講演会 講演「花粉症と体内時計」
  55. 平成28年 7月   [協力]体内時計を利用したアレルギーの新治療。Newton別冊 時間とは何か 増補第3版 p178, 2016
  56. 平成28年 6月   Scientific Exchange meeting 特別講演「体内時計が喘息の病態に果たす役割」(中村講師)
  57. 平成28年 3月   第31回山梨県医学検査学会 教育講演「体内時計によるアレルギー反応の制御」(中村講師)
  58. 平成28年 2月   第11回山梨脳・血管セミナー 特別講演「体内時計とアレルギー」
  59. 平成28年 1月   [Allergology International] Associate Editor 就任
  60. 平成28年 1月   [協力]体内時計を利用したアレルギーの新治療。Newton 3月号 36(3)13, 2016
  61. 平成27年11月   Allergic Rhinitis Forum 2015 講演 Hot Topic「花粉症と体内時計」
  62. 平成27年11月   第20回福祉医療健康講座(山梨大学公開講座~すこやかに生きる~) 講演「人間と共存するよい菌の話」(中村講師)
  63. 平成27年11月   Scientific Exchang Meeting in Tokyo 特別講演「体内時計が喘息の病態に果たす役割」(中村講師)
  64. 平成27年10月   平成27年度山梨大学公開講座~すこやかに生きる~ 講演「人間と共存するよい菌の話」(中村講師)
  65. 平成27年10月   山梨英和高校 出前講義
  66. 平成27年 6月   第41回アレルギーフォーラム 特別講演「アレルギーと体内時計」
  67. 平成27年 3月   第3回札幌耳鼻フォーラム 講演「時計遺伝子と花粉症」
  68. 平成26年11月   早稲田大学 WIAS Top Runner's Lecture Collection of Science(高等研究所セミナーシリーズ)講演「アレルギーと概日時計」”The circadian clock regulates allergy”
  69. 平成26年10月   [インターネットサイト]ウレぴあ総研 ハピママ「雑菌には触れた方がいい!専門家が教える、知らずに免疫を下げる”悪習慣”」(ぴあ提供)
  70. 平成26年10月   [インターネットサイト]ウレぴあ総研 ハピママ「我が子をアレルギーにさせないためには?「原因・対策・対処法」を専門家に聞いた」(ぴあ提供)
  71. 平成26年10月   東海小児アレルギーオータムセミナー2014 特別講演「アレルゲン免疫療法のメカニズム」
  72. 平成26年10月   第66回東海小児アレルギー談話会 特別講演「アレルギーと体内時計」
  73. 平成26年10月   2014年度科研費ニュース(VOL2)(文部科学省/日本学術振興会発行)掲載「マスト細胞の体内時計は1日の時間に応じてアレルギー反応の強さを決めている」
  74. 平成26年 9月   第9回順天堂眼アレルギー研究会 講演「アレルギーと体内時計」
  75. 平成26年 9月   第65回関東耳鼻咽喉科アレルギー懇話会 講演「アレルギーと体内時計」
  76. 平成26年 8月   サイエンスフォーラム for 高校生 in 山梨大学医学部 講義「病原体から体を守るしくみ」
  77. 平成26年 8月   平成26年度山梨県教育委員会10年経験者研修山梨大学講座 アレルギーセミナー「アレルギーの最新のメカニズムと予防/治療」
  78. 平成26年 7月   資生堂リサーチセンター 教育セミナー「アレルギーと体内時計」
  79. 平成26年 7月   第21回中央臨床研究会 講演「アレルギーと体内時計」
  80. 平成26年 6月   Allergy Expert Seminar 特別講演「アレルギーと体内時計」
  81. 平成26年 5月   第45回日本アレルギー学会専門医教育セミナー 講演「免疫学・アレルギー学の基礎」
  82. 平成26年 2月   第15回京都アレルギークロストーク 特別講演「アレルギーと体内時計」
  83. 平成25年11月   新潟薬科大学第8回薬剤師生涯教育講座
  84. 平成25年11月   佐賀大医学部第68回分子生命科学セミナー・大学院特別講義
  85. 平成25年10月   山梨英和高校 出前講義
  86. 平成25年 9月   医学教育振興財団主催 第33回「国内医科大学視察と討論の会」(鹿児島大学医学部)参加
  87. 平成25年 8月   サイエンスフォーラム for 高校生 in 山梨大学医学部 講義
  88. 平成24年 7月   北杜市立甲陵高等学校 出前講義
  89. 平成24年 6月   山梨県立都留高等学校 出前講義(中村助教)
  90. 平成23年11月   エコチル山梨 フォーラム2011秋 記念講演I「アレルギーとは何か?」
  91. 平成23年 6月   Bio International Convention 2011(Washington DC)に出展(中川准教授)
  92. 平成23年 6月   山梨県立吉田高等学校 出前講義
  93. 平成23年 6月   山梨県立甲府南高等学校 出前講義
  94. 平成23年 3月   和歌山県立医科大学 眼科教室講演会(和歌山)講演
  95. 平成23年 2月   第177回八戸小児科医会 学術講演会(八戸)講演
  96. 平成23年 2月   平成22年度山梨大学・読売新聞甲府支局共催 連続市民講座-あすの生命と健康を見つめる-第9回「食と免疫」講演
  97. 平成22年10月   山梨県立塩山高等学校 「未来の科学者訪問セミナー(主催:山梨科学アカデミー)」講義
  98. 平成22年 3月   平成21年度 順天堂大学アトピー疾患研究センター(ARC)研究プロジェクト評価会議 講演
  99. 平成21年 9月   「Allergy New Vision」No.19 監修アドバイザー
  100. 平成21年 2月   北海道大学大学院歯学研究セミナー 講演
  101. 平成21年 1月   理化学研究所 横浜研究所 CGMセミナー 講演
  102. 平成20年12月   山梨県立甲府昭和高等学校 出前講義
  103. 平成20年12月   山梨日日新聞 研究成果掲載
  104. 平成20年12月   山梨県中央市広報12月号「みなさんの健康」掲載
  105. 平成20年11月   山梨県立甲府南高等学校 出前講義
  106. 平成20年11月   読売新聞 研究成果掲載
  107. 平成20年10月   山梨日日新聞 研究成果掲載
  108. 平成20年 6月   山梨県立甲府第一高等学校 出前講義
  109. 平成20年 3月   [The Open Allergy Journal]のEditorial Board Member 就任
  110. 平成20年 3月   [Inflammation and Allergy Drug-Targets]のEditorial Board Member 就任
  111. 平成19年10月   山梨県立吉田高等学校 出前講義
  112. 平成19年10月   山梨英和高等学校 出前講義
  113. 平成19年 4月   日本アレルギー学会代議員 就任
  114. 平成17年 6月   山梨日日新聞「顔」欄 掲載
  115. 平成16年 6月   山梨放送「酸素のすすめ」出演
  116. 平成16年 3月   山梨放送「活性酸素とは」出演
  117. 平成15年10月   ラジオたんぱ「マルホ皮膚科セミナー」出演
  118. 平成13年 4月   文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター 科学技術専門家ネットワーク専門調査員 就任
このページのトップへ