HOME > 乳房再建

乳房再建

乳房再建について

乳がんの切除治療によって、失ってしまった乳房を手術によって作りなおすのが「乳房再建」です。

乳房は、女性だけが持つ特別な臓器・器官です。

当院では、乳房再建を希望されている患者さんへ、乳腺外科医と形成外科医が連携し医療を行っております。

乳腺外科チームと密接な連携をとることによって、それぞれの患者さんの病期(がんの状態)を十分に把握し、適切な再建方法や再建時期を選択することが可能となります。

乳房再建の方法について

手術を行う回数と時期による種類
1) 乳がんの根治手術と同時に乳房再建を開始する(一次再建)
2) 乳がん治療の終了後、あらためて乳房を再建する(二次再建)
A) メインの再建手術を1回でおこなう(一期再建)
B) メインの再建手術を2回に分けておこなう(二期再建)

1. 一次二期再建
現在、最も主流の方法です。
乳がんの切除手術と同時に組織拡張器(ティシュ・エクスパンダー)を挿入し、切除後の組織(皮膚)を徐々に延ばしておきます。手術をしていない側と同じ大きさになったところで、人工乳房(シリコン・インプラント法)もしくは自分のおなかの組織(皮弁法)で乳房を再建します。主に、皮下乳腺全摘術を受けられる方が適応となります。

2. 二次二期再建

過去に乳房の根治手術を受けている、あるいは手術後の補助療法(化学療法・放射線療法)を含めた乳がんの治療終了後に行う乳房再建術です。組織拡張器(ティシュ・エクスパンダー)を挿入し、後に人工乳房(シリコン・インプラント法)に置き換える場合と自分の組織(皮弁法)で乳房を再建する方法があります。

自家組織かインプラントかについて

乳房再建手術で用いる再建材料には、自家組織(自分の体の一部)を用いる方法とシリコン性インプラントを用いる方法の2種類があります。

従来、健康保険の適応は自家組織による乳房再建手術に限定されていましたが、2013年にアラガン社製シリコン性インプラント(人工乳腺)およびエキスパンダーが厚生労働省の薬事承認をうけ、保険適応での治療が可能となりました。
厚生局への届け出を経て、当院でも、健康保険適応によるシリコンインプラントを用いた乳房再建手術が可能となっております。