HOME > 瘢痕・ケロイド

瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイドの治療

けがをして、治った後に目立つキズが残った場合が瘢痕(醜状瘢痕)、引き連れを伴うキズが生じた場合を瘢痕拘縮、赤く盛り上がったキズになると肥厚性瘢痕、特に誘因なく出現するのがケロイドとなります。

 図らずも負ってしまった切り傷などが治癒したのち、気にならない程度の瘢痕で済んだ場合はいいのですが、顔面などの整容上問題となりやすい部位などで、やや目立つキズが残ってしまった場合には、形成外科の技術で改善の余地がある場合があります。
 瘢痕修正術といわれる手術、レーザーリサーフェシングなど、いろいろな手段を使って対処が可能です。

 関節や目、鼻などの重要な構造物に干渉し、関節の運動制限や引き連れを伴うものを瘢痕拘縮と呼び、健康保険適応による治療が可能です。

 手術や外傷後のきずあとが、異常に盛り上がり、強い痒みや痛みを伴うものを肥厚性瘢痕、特に身に覚えがないのに前胸部や上腕部に瘢痕が生じるものを真性ケロイドといいます。
 対症療法としては、ステロイドの局所投与を行い、痛みや痒みを和らげる治療を施します。
 手術療法は、再発のリスクを伴いますが、再発のリスクを少しでも抑えるため、電子線の術後照射を行います。