ようこそ動物実験施設へ

photo of building

ご挨拶

皆様、初めまして。2019年9月より、総合分析実験センター資源開発分野の准教授を拝命いたしました兼平雅彦です。当分野は、動物実験施設の保守・管理、各種実験動物の維持・管理、ならびに動物実験に関する教育を行う分野として発足し、これまでに、手塚英夫先生、神沼修先生の多大な尽力により運営されてまいりました。詳しくは沿革をご参照ください。

現在、動物実験を取り巻く環境は大きく変化しています。これは、EU諸国の化粧品会社では一切の動物実験を禁止していること、日本もそれに賛同しつつあること等からもお分かりいただけるかと思います。また、イギリスの研究者であるRussell氏、Burch氏により提唱された、動物実験の3Rs 《Replacement (置換)、Reduction (削減)、Refinement (苦痛軽減)》は、獣医系大学を志望する高校生であれば誰もが知っていることです。私たちは、そのような目まぐるしい状況においても、安全かつクリーンな実験動物の場を提供するとともに、動物の身体的・心理的幸福を追求しようと日々奮闘しております。

マハトマ・ガンジーは、「国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物の扱い方でわかる」と述べています。私たちは、「国」を「大学」とも置き換えることができるのではないかと考えます。「"大学"の偉大さと道徳的発展は、その"大学"における動物の扱い方でわかる」これが私たちの願いであり、私たちの誇りです。

武田信玄公の「人は城、人は石垣、人は堀」という有名な言葉の通り、スタッフ一同、力を合わせてこの施設を盛り上げていきたいと考えております。同時に、優れた研究成果をこの甲府の地から世界に発信していければと思っております。私たちの仕事に興味を持たれた方は是非ご連絡ください。また、当分野は遺伝子改変動物の作製受託サービスも行っております。どんなことでもご相談ください。

ページ開設
2002.10.01
最終更新
2020.06.08