PAGE TOP

国立大学法人

山梨大学大学院総合研究部医学域 社会医学講座

社会医学講座 | 山梨大学医学部

Department of Health Sciences,Basic Science for Clinical Medicine,
Division of Medicine, Graduate School Department of Interdisciplinary Research,
University of Yamanashi

業績一覧

トップページ 業績 2016年

原著 new

Hiroko Matsubara, Mami Ishikuro, Masahiro Kikuya, Shoichi Chida, Mitsuaki Hosoya, Atsushi Ono, Noriko Kato, Susumu Yokoya, Toshiaki Tanaka, Tsuyoshi Isojima, Zentaro Yamagata, Soichiro Tanaka, Shinichi Kuriyama, Shigeo Kure: Design of the nationwide nursery school survey on child health throughout the Great East Japan Earthquake.Journal of Epidemiology 26(2): 98-104. 2016
Kohta Suzuki, Zentaro Yamagata, Miyuki Kawado, Shuji Hashimoto: Effects of the Great East Japan Earthquake on secondary sex ratio and perinatal outcomes. Journal of Epidemiology 26(2). 2016.2
Kensuke Koyama, Michitomo Sakuma, Tetsuro Ohba, Kohta Suzuki, Hirotaka Haro: Fractures lead to worsening of disease activity in rheumatoid arthritis. Modern Rheumatology 26(6): 873-877. 2016.2
Yae Yokoyama, Kazunari Onishi, Takenobu Hosoda, Hiroki Amano,Shinji Otani,Youichi Kurozawa, Akiko Tamakoshi: Skipping Breakfast and Risk of Mortality from Cancer, Circulatory Diseases and All Causes: Findings from the Japan Collaborative Cohort Study. Yonago Acta Medica 59(1): 55-60 2016.3
Hiroshi Yokomichi, Kenji Kashiwagi, Kazuyoshi Kitamura, Yoshioki Yoda,Masahiro Tsuji, Mie Mochizuki, Miri Sato, Ryoji Shinohara, Sonoko Mizorogi, Kohta Suzuki, Zentaro Yamagata: Evaluation of the associations between changes in intraocular pressure and metabolic syndrome parameters: a retrospective cohort study in Japan. BMJ Open 6(3): doi:10.1136/bmjopen-2015-010360. 2016.3
Wei Zheng, Kohta Suzuki, Miri Sato, Hiroshi Yokomichi, Ryoji Shinohara, Zentaro Yamagata: Pubertal timing and a family history of hypertension: Prospective cohort study. Pediatrics International 58(4): 284-289. 2016.4
Kumiko T. Kanatani, Kei Hamazaki, Hidekuni Inadera, Nobuo Sugimoto, Atsushi Shimizu, Hisashi Noma, Kazunari Onishi, Yoshimitsu Takahashi,Toshiko Itazawa, Miho Egawa, Keiko Sato, Tohshin Go, Isao Ito, Youichi Kurozawa, Ikuo Konishi, Yuichi Adachi, Takeo Nakayama, for the Japan Environment & Children's Study Group: Effect of desert dust exposure on allergic symptoms. Annals of Allergy, Asthma & Immunology 116(5): 425-430. 2016.5
古賀誠,横道洋司,丹波正利,山縣然太朗:重心動揺計を用いて測定した統合失調症患者の重心動揺とその関連要因の検討.日本保健科学学会誌19(1):24-32.2016.6
Chisato Ohara, Gen Komaki, Zentaro Yamagata, Mari Hotta, Toshiko Kamo, Tetuya Ando: Factors associated with caregiving burden and mental health conditions in caregivers of patients with anorexia nervosa in Japan. BioPsychoSocial Medicine: doi: 10.1186/s13030-016-0073-5. 2016.6
大西一成:黄砂/大気汚染物質/花粉への感受性群におけるアレルゲンの特定と予防行動に関する知見.別冊 BIO Clinica 慢性炎症と疾患 5(2).2016.6
Kohta Suzuki, Ryoji Shinohara, Miri Sato, Sanae Otawa, Zentaro Yamagata: Association Between Maternal Smoking During Pregnancy and Birth Weight: An Appropriately Adjusted Model From the Japan Environment and Children’s Study. Journal of Epidemiology 26(7): 371-377. 2016.7
元木愛理,篠原亮次,山縣然太朗:家族関係社会支出の国際比較および合計特殊出生率との関連検討.日本公衆衛生雑誌 63(7):345-354.2016.7
上原里程,篠原亮次,秋山有佳,市川香織,尾島俊之,玉腰浩司,松浦賢長,山崎嘉久,山縣然太朗:市町村における「健やか親子21」に関する母子保健統計情報の利活用の現状と課題:都道府県による集計分析および課題抽出の支援を受けた市町村の観察.日本公衆衛生雑誌 63(7):376-384.2016.7
大西一成:疫学から見た大気浮遊粒子状物質による健康影響~PM2.5アレルギー・黄砂アレルギーと診断できるのか~.大阪保険医雑誌 (599).2016.8
杉山賢明,遠又靖丈,武見ゆかり,津下一代,中村正和,橋本修二,宮地元彦,山縣然太朗,横山徹爾,辻一郎:健康日本21(第二次)に関する国民の健康意識・認知度とその推移に関する調査研究.日本公衆衛生雑誌 63(8):424-431.2106.8
篠原亮次,秋山有佳,山縣然太朗:乳児期の母親の喫煙と市町村の継続的育児支援の関連-健やか親子21最終評価から-.厚生の指標 63(8).2016.8
Shinji Otani, Kazunari Onishi, Youichi Kurozawa,Yasunori Kurosaki, Tserenpurev Bat-Oyun, Masato Shinoda, Haosheng Mu: Assessment of the Effects of Severe Winter Disasters (Dzud) on Public Health in Mongolia on the Basis of Loss of Livestock. Disaster Medicine and Public Health Preparedness.10(4): 549-552. 2016 8
A.T.M. Abdul Kader, Yuki Murakami, Miwa Yoshimoto, Kazunari Onishi, Hirohiko Kuroda, Tomoyuki Matsunaga, Yoji Fukumoto, Shuichi Takano, Naruo Tokuyasu, Tomohiro Osaki, Hiroaki Saito, Masahide Ikeguchi: Intra-Abdominal Complications after Curative Gastrectomies Worsen Prognoses of Patients with Stage II窶的II Gastric Cancer. Yonago Acta medica 59(3): 210窶骭€216. 2016.9
Sachiko Ohde, Emily McFadden, Gautam A. Deshpande, Hiroshi Yokomichi, Osamu Takahashi, Tsuguya Fukui, Rafael Perera, Zentaro Yamagata: Diabetes screening intervals based on risk stratification. BMC Endocrine Disorders: DOI 10.1186/s12902-016-0139-1. 2016.11
佐々木渓円,新美志帆,山縣然太朗,佐藤拓代,秋山千枝子,小倉加恵子,溝呂木園子,朝田芳信,船山ひろみ,松浦賢長,草野恵美子,石川みどり,黒田美保,市川香織,山崎嘉久:3歳児健康診査の実施対象年齢に関する全国調査.厚生の指標 63(15):8-13.2016.12
Kohta Suzuki, Aya Goto, Keiya Fujimori: Effect of medical institution change on gestational duration after the Great East Japan Earthquake: The Fukushima Health Management Survey. Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 42(12): 1704-1711. doi:10.1111/jog.13102. 2016.12
Takashi Harada, Fuminori Taniguchi, Kazunari Onishi, Youichi Kurozawa, Kunihiko Hayashi, Tasuku Harada and Japan Environment & Children's Study Group:Obstetrical complications in women with endometriosis: A cohort study in Japan. PLoS One 11(12): e0168476. 2016.12
村松照美,安藤大輔,山縣然太朗:成人期におけるカタログ化された運動継続ロールモデル集による保健指導の効果.ウォーキング研究 (20):13-19.2016
Teruya Maki, Yasunori Kurosaki, Kazunari Onishi, Kevin C. Lee, Stephen B. Pointing, Dulam Jugder, Norikazu Yamanaka, Hiroshi Hasegawa, Masato Shinoda: Variations in the structure of airborne bacterial communities in Tsogt-Ovoo of Gobi desert area during dust events. Qual Atmos Health. 2016 DOI: 10.1007/s11869-016-0430-3 2016.8.26
Abir Majbauddin, Kazunari Onishi, Shinji Otani, Yasunori Kurosaki, Youichi Kurozawa: Association between Asian Dust-Borne Air Pollutants and Daily Symptoms on Healthy Subjects: A Web-Based Pilot Study in Yonago, Japan.Journal of Environmental and Public Health. 2016(1-2):1-6. 2016.11.22
Kazunari Onishi: Findings about the specification of an allergen (cross border air pollution, Asian dust and pollen) and the preventive behavior. The allergy in Practice 2016 36(8) No.488. 2016.8
Hiroshi Yokomichi, Wei Zheng, Hiroko Matsubara, Mami Ishikuro, Masahiro Kikuya, Tsuyoshi Isojima, Susumu Yokoya, Toshiaki Tanaka, Noriko Kato, Shoichi Chida, Atsushi Ono, Mitsuaki Hosoya, Soichiro Tanaka, Shinichi Kuriyama, Shigeo Kure, Zentaro Yamagata: Impact of the great east Japan earthquake on the body mass index of preschool children: a nationwide nursery school survey. BMJ Open 6(4): doi:10.1136/bmjopen-2015-010978. 2016.4

著書 new

山縣然太朗(分担執筆、子ども虐待の予防とケア研究会編集):19 「健やか親子21」最終評価報告書の概要-最終評価報告書から見た虐待関連の指標および「健やか親子21(第2次)」における虐待対策-(第5節中).子ども虐待の予防とケアのすべて(加除式書籍、追録第25号):101-110.第一法規.2016.1(初刊2003.8)

総説

山縣然太朗:健やか親子21(第2次)-総論-.母子保健情報誌(1)(一般社団法人 日本家族計画協会) :4-5.2016.3
山縣然太朗(社会医学系専門医協議会 委員会):社会医学系専門医の制度確立に向けて.公衆衛生80(5):339-343.2016.5
山縣然太朗:「健やか親子21」の最終評価から見えた課題と展望(小児医療最前線 中).そんりーさ Vol.13:11-12.2016.5
山縣然太朗:重症化予防プログラムを実践しよう~その1 アドヒアランスを向上させる(論説).国保ひょうご(624):2-4.2016.7
山縣然太朗:妊娠中の喫煙が子どもの生涯にわたっての健康リスクに(話題-NEWS&TOPICS).MEDICAL TECHNOLOGY 44(10).2016.10
縣然太朗:重症化予防プログラムを実践しよう~その2 糖尿病腎症重症化予防プログラム(論説).国保ひょうご(625):6-9.2016.9
山縣然太朗:環境因子が子どもの健康に与える影響を10万人規模で全国調査!エコチル調査 現在と未来の子どもたちのために (第11回/最終回) まとめ これまでわかってきたこと、今後期待されること(解説).チャイルド ヘルス 19(11):1344-3151.2016.11

報告書 new

平成27年度 山縣班
山縣然太朗:「健やか親子21」の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究.平成27年度 厚生労働科学研究費補助金 健やか次世代育成総合研究事業「「健やか親子21」の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究」 総括研究報告書:2-46.2016.3
山縣然太朗,松浦賢長,山崎嘉久,尾島俊之,玉腰浩司,市川香織,篠原亮次,秋山有佳:「健やか親子21(第2次)」推進のための情報利活用の環境整備に関する経過報告.平成27年度 厚生労働科学研究費補助金 健やか次世代育成総合研究事業「「健やか親子21」の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究」 分担研究報告書:48-199.2016.3
篠原亮次,秋山有佳,山縣然太朗:母子保健情報の収集と利活用に向けた「乳幼児健診情報システム」の開発と都道府県への周知に関する報告.平成27年度 厚生労働科学研究費補助金 健やか次世代育成総合研究事業「「健やか親子21」の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究」 分担研究報告書:200-299.2016.3
篠原亮次,秋山有佳,薬袋淳子,山田七重,吉岡名保恵,山縣然太朗:2015年度における「健やか親子21」公式ホームページの展開.平成27年度 厚生労働科学研究費補助金 健やか次世代育成総合研究事業「「健やか親子21」の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究」 分担研究報告書:300-333.2016.3
仲宗根正,田中太一郎,林友紗,田沢広美,上里とも子,糸数公,山縣然太朗:沖縄県における妊婦健診・乳幼児健診等データの連結・利活用に関する研究-低出生体重児予防プログラム(禁煙・やせ妊婦への支援)の検討-.平成27年度 厚生労働科学研究費補助金 健やか次世代育成総合研究事業「「健やか親子21」の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究」 分担研究報告書:390-411.2016.3
田中太一郎,仲宗根正,林友紗,田沢広美,上里とも子,糸数公,山縣然太朗:保健所・市町村、医療機関等のニーズに応じた妊婦健康診査・乳幼児健康診査等データの分析方法例の検討.平成27年度 厚生労働科学研究費補助金 健やか次世代育成総合研究事業「「健やか親子21」の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究」 分担研究報告書:412-418.2016.3
山中龍宏,大野美喜子,北村光司,西田佳史,山縣然太朗:医療・保健活動現場からの情報収集に関する検討-技術の導入によるアプローチ-~一小学校における事例より~.平成27年度 厚生労働科学研究費補助金 健やか次世代育成総合研究事業「「健やか親子21」の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究」 分担研究報告書:427-430.2016.3
平成25~27年度 山縣班
山縣然太朗:「健やか親子21」の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究.平成25~27年度 厚生労働科学研究費補助金 健やか次世代育成総合研究事業「「健やか親子21」の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究」 総括・総合研究報告書:2-64.2016.3
山縣然太朗,松浦賢長,山崎嘉久,尾島俊之,玉腰浩司,市川香織,篠原亮次,秋山有佳:「健やか親子21」の最終評価・「健やか親子21(第2次)」の指標策定および情報の利活用の環境整備に関する経過報告.平成25~27年度 厚生労働科学研究費補助金 健やか次世代育成総合研究事業「「健やか親子21」の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究」総合研究報告書:66-498.2016.3
篠原亮次,秋山有佳,薬袋淳子,山田七重,吉岡名保恵,山縣然太朗:2013~2015年度における「健やか親子21」公式ホームページの展開.平成25~27年度 厚生労働科学研究費補助金 健やか次世代育成総合研究事業「「健やか親子21」の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究」総合研究報告書:497-510.2016.3
秋山有佳,篠原亮次,山崎嘉久,尾島俊之,松浦賢長,山縣然太朗:第72~74回日本公衆衛生学会学術総会 自由集会に関する報告.平成25~27年度 厚生労働科学研究費補助金 健やか次世代育成総合研究事業「「健やか親子21」の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究」総合研究報告書:511-514.2016.3
仲宗根正,田中太一郎,林友紗,田沢広美,上里とも子,糸数公,山縣然太朗:沖縄県における妊婦健診・乳幼児健診等データの連結・利活用に関する研究.平成25~27年度 厚生労働科学研究費補助金 健やか次世代育成総合研究事業「「健やか親子21」の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究」総合研究報告書:563-567.2016.3
田中太一郎,仲宗根正,林友紗,田沢広美,上里とも子,糸数公,山縣然太朗:保健所・市町村、医療機関等における妊婦健康診査・乳幼児健康診査等データの分析方法例の検討.平成25~27年度 厚生労働科学研究費補助金 健やか次世代育成総合研究事業「「健やか親子21」の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究」総合研究報告書:568-573.2016.3
平成27年度 辻班
山縣然太朗:次世代の健康に関する目標項目の評価法の開発に関する研究~母子保健における社会経済的指標の位置づけ~.平成27年度 厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業「健康日本21(第二次)の推進に関する研究」分担研究報告書:55-62.2016.3
平成27年度 呉班
山縣然太朗,横道洋司,Wei Zheng:東日本大震災の子どもの体格への影響-乳児期、幼児期、学童期-.平成27年度 厚生労働科学研究費補助金 成育疾患克服等総合研究事業「東日本大震災被災地の小児保健に関する調査研究」分担研究報告書:98-105.2016.3
平成27年度 片野田班
鈴木孝太:妊娠中の喫煙と胎内発育についての文献的検討.平成27年度 厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業「たばこ対策の健康影響および経済影響の包括的評価に関する研究」分担研究報告書:36-43.2016.3

特別講演・シンポジウム new

「東日本大震災被災地の小児保健に関する調査研究」公開シンポジウム.2016年1月10日13:00-17:20.TKPガーデンシティ仙台(仙台市)
山縣然太朗:パネルディスカッションコーディネーター(「これからのエコチル調査-10万組の親子といっしょに-」)
5周年記念 エコチル調査シンポジウム.2016年1月16日14:00-16:10.日本科学未来館(東京都江東区)
山縣然太朗:子どもの身体発育に対する震災の影響
第26回日本疫学会学術総会
シンポジウム「エコチル調査の未来」.2016年1月23日15:00-17:00.米子コンベンションセンター(鳥取県米子市)
山縣然太朗:エコチル調査の挑戦と未来への展望(シンポジスト)
第26回日本疫学会学術総会
学会長講演.2016年1月22日9:30-10:00.米子コンベンションセンター(鳥取県米子市)
山縣然太朗:学会長(黒沢洋一先生)講演「環境と健康 疫学の挑戦 影響の研究から~」(座長)
第26回日本疫学会学術総会
シンポジウム「エコチル調査の未来」.2016年1月23日15:00-17:00.米子コンベンションセンター(鳥取県米子市)
山縣然太朗:エコチル調査の挑戦と未来への展望(シンポジスト)
Joint Japan-New Zealand DOHaD Researchers Seminar.February 2-3, 2016.Auckland, New Zealand
Kohta Suzuki: Longitudinal analyses of childhood growth: Evidence from public health activity
Kohta Suzuki: Introduction of nationwide cohort studies in Japan
第86回日本衛生学会学術総会 シンポジウム1.2016年5月11日15:30-17:30.旭川市民文化会館
山縣然太朗:健やか親子21(第2次)における女性の健康と社会の課題(シンポジウム「次世代人材育成と今後の男女共同参画」)
第89回日本産業衛生学会 教育講演.2016年5月25日14:30-15:30.福島市音楽堂
山縣然太朗:教育講演5「産業保健にかかる少子化対策の法整備と施策
第75回日本公衆衛生学会総会シンポジウム10.2016年10月27日8:10-10:00.グランフロント大阪(大阪市)
山縣然太朗:健やか親子21と母子保健データヘルス(山崎嘉久先生とともに座長)
第75回日本公衆衛生学会総会シンポジウム26.2016年10月27日13:10-15:00.グランフロント大阪(大阪市)
山縣然太朗(演者):小児の健康格差からみた地域歯科保健の課題(シンポジウム26「小児の口腔保健における健康格差の現状とその対策」)
13th DIA JAPAN Annual Meeting 2016.November 14-15, 2016.Koto-ku, Tokyo (Tokyo Big Sight)
Zentaro Yamagata:Health related Data base on Maternal and child health in Japan(Symposium: Life course data base)
中央市生活支援体制整備推進協議会シンポジウム.2016年11月18日13:30-15:30.中央市立玉穂生涯学習館
山縣然太朗:山梨の健康長寿の要因 「健康づくりはまちづくり ~人と人のつながりが命を守る~」(基調講演)およびパネルディスカッション座長

学会・研究会等 new

第26回日本疫学会学術総会.2016年1月21日~23日.米子コンベンションセンター(鳥取県米子市)
横道洋司,高橋敦宣,鈴木孝太,佐藤美理,篠原亮次,溝呂木園子,山縣然太朗:体重増加後の減少・減少後の増加(Weight Cycling)による糖尿病発症リスクの検討
Kohta Suzuki, Rei Tsukahara, Zentaro Yamagata: Prenatal maternal weight gain rajectories grouped by pregetational weight status
林友紗,田中太一郎,糸数公,仲宗根正,山縣然太朗,西脇祐司:妊娠中の母親の喫煙と乳児期初期の急激な体重増加との関連
鈴木孝太:一般口演(5)(O-42~O-45)座長
北野尚美,鈴木孝太,上田勝也,南ふみ,上野雅巳,山縣然太朗:地域の母子保健情報に基づいた妊娠届出時の母親の喫煙と2歳児のう歯の関連
塚原怜,鈴木孝太,山縣然太朗:妊娠中の喫煙と体重増加の関連および、それらが出生体重に与える影響の、妊娠前の体格による検討
溝呂木園子,鈴木孝太,佐藤美理,篠原亮次,山縣然太朗:5歳児健診で発達障害が疑われた児と関連する3歳時の生活習慣因子
秋山有佳,篠原亮次,元木愛理,市川香織,尾島俊之,玉腰浩司,松浦賢長,山崎嘉久,山縣然太朗:居住地域での継続的な子育て希望と市区町村の母子保健施策取組状況との関連-健やか親子21の調査から-
元木愛理,篠原亮次,秋山有佳,市川香織,尾島俊之,玉腰浩司,松浦賢長,山崎嘉久,山縣然太朗:産後うつ予防に関する取り組みと保護者の育児に対する自信-健やか親子21データより-
篠原亮次,鈴木孝太,佐藤美理,溝呂木園子,山縣然太朗:エコチル調査・エコチル山梨における出産後の母親の再喫煙に関する状況
佐藤美理,鈴木孝太,篠原亮次,溝呂木園子,山縣然太朗:エコチル調査のデータを用いた乳幼児期の発熱頻度の検討
須田英子,李怡然,武藤香織,山縣然太朗,新田裕史:大規模出生コホート研究への子どもの研究参加に関する養育者の意識調査
野田北斗,鈴木孝太,佐藤美理,山縣然太朗:小学校6年間における視力低下の発症時期およびリスクの検討 甲州プロジェクト 生存時間分析
平成27年度冬季 山梨産科婦人科学会・山梨県産婦人科医会 合同学術集会. 2016年2月20日. 古名屋ホテル(甲府市)
鈴木孝太,塚原怜,平田修司,山縣然太朗:妊娠中の体重増加に関する、妊婦健診データを用いた詳細な検討
第50回予防医学技術研究会議.2016年2月25日~26日.仙台市情報・産業プラザ
石原るみ子,矢崎佳之,原憲雄,伊奈政彦,鈴木孝太:フィブロスキャン検診精検結果について
第59回日本糖尿病学会年次学術総会. 2016年5月19日-21日. 国立京都国際会館ほか(京都市)
横道洋司, 望月美恵, 依田芳起: 体重増加後の減少・減少後の増加による糖尿病発症リスクの検討
第19回日本運動疫学会学術総会.2016年6月18日~19日.早稲田大学東伏見キャンパス(東京都西東京市)
山北満哉,安藤大輔,佐藤美理,鈴木孝太,山縣然太朗:子どものスポーツクラブ等の所属とGrit(やり抜く力)との関連
29th Annual Meeting of SPER(Society for Pediatric and Perinatal Epidemiologic Research). June 20-21, 2016. Maiami, Florida
Kohta Suzuki, Rei Tsukahara, Zentaro Yamagata: Trajectories of prenatal weight gain among low birthweight and preterm birth in fants: A multilevel analysis
Kohta Suzuki, Miri Sato, Sonoko Mizorogi, Ryoji Shinohara, Zentaro Yamagata: Effect of maternal smoking during pregnancy on childhood growth by quartile of birth weight using multilevel analysis
Miri Sato, Kohta Suzuki, Sonoko Mizorogi, Zentaro Yamagata: Effects of depression on later onset of internet addction in puberty: A community-based cohort study
49th Annual SER Meeting(in the 2016 Epidemiology Congress of the Americas). June 21-24, 2016. Miami, Florida
Kohta Suzuki, Miri Sato, Sonoko Mizorogi, Ryoji Shinohara, Zentaro Yamagata: Effect of maternal smoking during pregnancy on childhood growth by quartile of birth weight using multilevel analiysis
Kohta Suzuki, Rei Tsukahara, Zentaro Yamagata: Trajectories of prenatal weight gain among low birthweight and preterm birth infants: A multi-level analysis
第63回日本小児保健協会学術集会.2016年6月23日~25日.大宮ソニックシティ(さいたま市)
山縣然太朗:一般口演 座長(一般口演3「学校保健・地域保健」)
篠原亮次:養育者の仕上げ磨き行動とかかりつけ歯科医の有無および自治体の乳幼児歯科保健対策の状況との関連-健やか親子21追加調査データから-
溝呂木園子:5歳児の就寝時刻に影響を及ぼす3歳児の生活習慣因子
スマホ時代を賢く生きる~困っていませんか!?子どものスマホ~(日本小児連絡協議会合同委員会「子どもとICT、子どもたちの健やかな成長を願って」委員会).2016年7月2日.日本医師会館(東京都文京区)
山縣然太朗:大人はどうすればいいのか~地域や学校の取り組み
第5回日本小児診療多職種研究会.2016年7月30~31日.パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)
溝呂木園子,鈴木孝太,佐藤美理,篠原亮次,横道洋司,山縣然太朗:5歳時の睡眠習慣と関連する因子の検討-甲州市母子保健縦断調査から-
20th International Dryland Development Conference "Sustainable Development of Drylands in the Post 2015 World".
August 21-24, 2016. Alexandria, Egypt
Kazunari ONISHI, Teruya Maki, Dhira Saraswati, Yasunori Kurosaki, Banzragch Nandintsetseg, Shinji Otani, Zentaro Yamagata, Youichi Kurozawa, Masato Shinoda: Diversity and distribution of bacterial species compositions in sand dunes in an Asian dust source area, the Gobi Desert
Kazunari Onishi, Teruya Maki: Diversity and distribution of bacterial species compositions in sand dunes in an Asian dust source area, the Gobi Desert(poster)
保育パワーアップ研究会「みらいエンパワメントカフェ」.2016年8月22日18:00-19:30.国際文化会館(東京都港区)
山縣然太朗:発達コホートの成果を子どもたちのみらいに生かす
28th Annual Conference of ISEE (International Society for Environmental Epidemiology). September 1-4, 2016.
Rome, Italy
Shinji Otani, Abir Majbauddin, Tserenpurev Bat-Oyun, Kazunari Onishi, Hiroki Amano, Youichi Kurozawa, Masato Shinoda: Health risk assessment of severe winter disaster, dzud, in Mongolia
Kumiko Kanatani, Yuichi Adachi, Kei Hamazaki, Kazunari Onishi, Takeo Nakayama: Effect modifiers of desert dust
exposure to allergic symptoms - From an adjunct study of Japan Environment and Children Study (JECS)
Zentaro Yamagata, Hiroshi Yokomichi: Impact of the great east Japan earthquake on the body mass index of school
children
Kazunari Onishi, Tsuyoshi Thomas Sekiyama, Masanori Nojima, Yasunori Kurosaki, Shinji Otani, Masato Shinoda, Youichi Kurosawa: Health effects of cross-border atmospheric pollutants can be predicted by using an aerosol forecast model
第71回日本体力医学会.2016年9月23日~25日.いわて県民情報交流センター、盛岡市民文化ホール(岩手県盛岡市)
山北満哉,安藤大輔,佐藤美理,鈴木孝太,山縣然太朗:子どものスポーツクラブの所属および身体活動と社会経済状況との関連
平成28年度ライフサイエンス特進コース/リエゾンアカデミー研究成果発表会.2016年9月27日17:00-.山梨大学医学部キャンパス
小村慶和(医学科3年):ペットの有無が高齢者のADLに及ぼす影響の検討
塚原怜(医学科5年):妊娠前の体格別に見た、分娩後の体重減少に関する要因の検討
The American Society of Human Genetics 66th Annual Meeting 2016. October 18-22, 2016. Canada Vancouver
Izumi Ishiyama, Zentaro Yamagata: Expert's opinion on child's capacity for informed assent in genomic research:
A focus group study
第75回日本公衆衛生学会総会.2016年10月26日~28日.グランフロント大阪 他(大阪府大阪市)
塚原怜,鈴木孝太,山縣然太朗:妊娠前の体格別に見た、分娩後の体重減少に関連する要因の検討
加藤則子,横道洋司,山縣然太朗,栗山進一:肥満幼児における体重夏増加に関する検討
山北満哉,安藤大輔,佐藤美理,鈴木孝太,山縣然太朗:小学生の骨密度と加速度計で測定した身体活動、座位時間の関連
篠原亮次,秋山有佳,山縣然太朗:母子保健情報の収集と利活用に向けた「乳幼児健診情報システム」の開発と周知
鈴木孝太,北野尚美,南ふみ,中山真美子,津村千賀,原出君枝,川合さとみ,上かおる,山縣然太朗:地域の母子保健情報の電子化による、妊娠中の喫煙が出生体重に与える影響の検討
佐藤美理,溝呂木園子,大西一成,篠原亮次,鈴木孝太,山縣然太朗:乳幼児期の発熱頻度の検討-山梨県内のエコチル調査のデータから-
秋山有佳,篠原亮次,市川香織,尾島俊之,玉腰浩司,松浦賢長,山崎嘉久,山縣然太朗:3・4か月児と3歳児の保護者の経済状況と育児環境との関連~健やか親子21データ~
佐藤美理,溝呂木園子,大西一成,篠原亮次,鈴木孝太,山縣然太朗:乳幼児期の発熱頻度の検討-山梨県内のエコチル調査のデータから-
大西一成,中山健夫,黒沢洋一:妊婦における大気浮遊粒子状物質に対するマスク着用の予防効果
榊原文,濱野強,篠原亮次,秋山有佳,中川昭生,山縣然太朗,尾﨑米厚:ソーシャル・キャピタルと産後うつ発生率との関連
田中太一郎,仲宗根正,谷口亜季,上里とも子,山川宗貞,山縣然太朗:沖縄県妊産婦・乳幼児支援体制整備事業(第4報)-産科医療機関への分析結果還元例-
大澤絵里,今村晴彦,朝倉敬子,西脇祐司,尾島俊之,山縣然太朗:乳幼児の母親の育児満足感・自信と育児サポート環境との関連
上原里程,篠原亮次,秋山有佳,市川香織,尾島俊之,松浦賢長,山崎嘉久,山縣然太朗:都道府県別にみた市町村の母子保健対策の取組状況:「健やか親子21」最終評価から
山縣然太朗:一般演題口演 座長(第5分科会「親子保健・学校保健」-3)
横道洋司,加藤則子,栗山進一,山縣然太朗:東日本大震災が乳幼児の発育に与えた影響の検討
溝呂木園子,佐々木渓円,新美志帆,山縣然太朗,山崎嘉久:乳幼児健診の精度管理の現状と課題(第1報)全国調査結果
山崎嘉久,溝呂木園子,佐々木渓円,新美志帆,山縣然太朗:乳幼児健診の精度管理の現状と課題(第2報)モデル評価指標を用いた分析
武内三恵,青野美香,伊藤千晶,山縣然太朗:H28熊本地震の亜急性期の医療ニーズ、及びNPO活動によるアプローチの意義に関する検討
小村慶和,横道洋司,山縣然太朗:ペットの有無が高齢者の生活活動能力に及ぼす影響の検討
田村孝司,篠原亮次,山縣然太朗:地域在住高齢者の日常生活活動能力の変化が要介護認定に与える影響
APHA2016 (The American Public Health Association) Annual Meeting & Expo.October 29-November 2,
2016.Denver, Colorado
Zentaro Yamagata: International Investigation into the Relationship between Social Expenditure for Family and Total Fertility Rate
ISEE-ISES AC2016.2016年6月26日~29日.北海道大学
Abir Majbauddin, Kazunari Onishi, Shinji Otani, Yasunori Kurosaki, Youichi Kurozawan. Correlation Between Asian Dust-Borne Air Pollutants and Daily Symptoms on Healthy subjects: A Web Based Survey Study
Kumiko T. Kanatani, Takayuki Kameda, Ayano Okubo, Kazunari Onishi, Kei Hamasaki, Yuichi Adachi, Susumu Tohno, Takeo Nakayama. The effect of Asian Dust for Allergic Symptoms May be Partly Attributed to PAH-quinone, Secondary Formed on the Dust Surface
3rd JSPS Seminar. August 8-12, 2016. UB, Mongolia
Kazunari Onishi1, Shinji Otani , Yasunori Kurosaki , Zentaro Yamagata , Youichi Kurozawa. Adverse health effect of Asian dust particle for healthy subjects
Teruya Maki, Yasunori Kurosaki, Kazunari Onishi, Fumihisa Kobayashi, Kenji Kai, Kevin Lee, Stephen Pointing, Dulam Jugder, Masato Shinoda and Yasunobu Iwasaka. Variations in the structure of airborne bacterial communities in Tsogt-Ovoo of Gobi Desert area during dust events
5th Conference on Prenatal Programming and Toxicity (PPTOX). November 13-16. Kokura
Kazunari Onishi, Aya Sakakihara, Miri Sato, Sonoko Mizorogi, Ryouji Shinohara, Kohta Suzuki, Zentaro Yamagata. Exploration of question items connected with the neglect in the Japan environment and Children's Study From temporary data of Yamanashi
Miri Sato, Kohta Suzuki, Kazunari Onishi, Zentaro Yamagata. Pollen allergy among pregnant women in Yamanashi prefecture
微生物生態学会.2016年10月23日~25日.横須賀
牧輝弥,笹川修太郎,石丸佳苗,長谷川浩,黒崎泰典,大西一成,洪天祥,陳彬,岩坂泰信: 黄砂・PM2.5の沈着地におけるバイオエアロゾルの微生物群集構造の変化
第55回日本生気象学会.2016年11月4日~6日.北海道大学医学部
大西一成,佐藤美理,溝呂木園子,横道洋司,篠原亮次,鈴木孝太,山縣然太朗: 妊娠前期における血中スギ特異的IgE濃度と花粉飛散時期との関係-エコチル調査山梨県内のデータから
平成28年度 鳥取大学乾燥地研究センター共同研究発表会.2016年12月3日~4日.鳥取
関山剛,眞木貴史,大西一成:エアロゾル数値モデルと観測データの比較による黄砂発生プロセス理解の深化

講演会・研修会 new

1月
平成27年度母子保健事業検討会(栃木県).2016年1月5日13:30-17:00.栃木県庁
鈴木孝太:母子保健データの利活用と市町支援
平成27年度母子保健従事者研修(岐阜県保健医療課母子保健係).2016年1月25日13:00-16:00.岐阜市
山縣然太朗:母子保健のデータ活用方法について
甲州市食生活改善推進員養成講習「栄養教室」.2016年1月27日13:00-14:30.甲州市民文化会館 第2研修室
鈴木孝太:生活習慣病の基礎知識
2月
平成27年度 第2回母子保健研修会(愛媛県保健福祉部).2016年2月2日13:00-16:40.愛媛県庁(愛媛県松山市)
山縣然太朗:「健やか親子21(第2次)」を踏まえた母子保健の取り組み
3月
第15回健やか親子21推進協議会総会.2016年3月16日14:00-16:00.日比谷図書文化館(千代田区)
山縣然太朗:「健やか親子21」研究報告
東京医科大学 医科学フォーラム.2016年3月16日19:00-20:00.東京医科大学病院(新宿区)
山縣然太朗:エコチル調査(JECS)と臨床研究
平成27年度 厚生労働科学研究成育疾患克服等次世代育成基盤研究推進事業発表会.2016年3月17日13:00-16:00.都内
山縣然太朗:「健やか親子21」の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究
4月
平成27年度 神奈川県医師会学校医部会研修会.2016年3月24日18:30-19:30.神奈川県総合医療会館(横浜市)
山縣然太朗:子どもの健康とICT(スマートフォン・タブレット端末など)
北海道大学特別セミナー(「循環器疾患における集団間の健康格差の実態把握とその対策を目的とした大規模コホート共同研究」).2016年4月26日17:30-19:00.北海道大学医学部
山縣然太朗:出生コホート研究の実践
5月
山梨大学医学部 臨床研究資格制度 臨床研究講習会(平成28年度 第2回).2016年5月24日17:30-19:00.同大
山縣然太朗:「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」と「倫理審査申請書の書き方について」
山梨県小児保健協会 母子保健研修会.2016年5月28日13:30-15:40.山梨県地場産業センターかいてらす(甲府市)
山縣然太朗:基調講演およびパネルディスカッション座長
6月
学校保健・保健活動セミナー.2016年6月4日14:00-16:00.ファイザー株式会社 甲府オフィス(甲府市)
山縣然太朗:健やか親子21(第2次)における学校保健のアクションプラン
山梨大学医学部 臨床支援講座(医師向け) 臨床研究プログラム.2016年6月2日18:00-19:00.同大
横道洋司:仮説の検証・無作為化比較試験(生物統計学基礎1)
山梨大学医学部 臨床支援講座(医師向け) 臨床研究プログラム.2016年6月9日18:00-19:00.同大
横道洋司:サンプルサイズの計算・メタアナリシス(生物統計学基礎2)
7月
平成28年度 山縣班研修会(主催:厚生労働省、運営事務局:日本家族計画協会).2016年7月22日.都内
山縣然太朗:自分の地域の母子保健計画について考える~現在の取り組み状況と課題~(グループワーク講師)
山梨大学医学部 臨床研究資格制度 臨床研究講習会(平成28年度 第4回).2016年7月27日17:30-19:00.同大
横道洋司:サンプルサイズの計算とメタアナリシス
平成28年度 山縣班研修会(主催:厚生労働省、運営事務局:日本家族計画協会).2016年7月28日.大阪市
山縣然太朗:自分の地域の母子保健計画について考える~現在の取り組み状況と課題~(グループワーク講師)
8月
佐渡乳幼児保育支援フォーラム(第14回).2016年8月6日16:00-17:30.新潟県佐渡市
山縣然太朗:子育て健康支援とソーシャルキャピタル~健やか親子21(第2次)
第37回保健活動研修会.2016年8月7日9:00-10:00.自治医科大学地域医療情報研修センター(下野市)
山縣然太朗:研究と倫理~最近の話題を研究と倫理について概観する~
平成28年度 山縣班研修会(主催:厚生労働省、運営事務局:日本家族計画協会).2016年8月9日.福岡市
山縣然太朗:母子保健計画の策定と「健やか親子21(第2次)」の指標に基づく問診項目(講義・演習①)
平成28年度 山縣班研修会(主催:厚生労働省、運営事務局:日本家族計画協会).2016年8月24日.仙台市
山縣然太朗:自分の地域の母子保健計画について考える~現在の取り組み状況と課題~(グループワーク講師)
平成28年度 山崎班研修会(主催:厚生労働省、運営事務局:日本家族計画協会).2016年8月27日.都内
山縣然太朗:精度管理と評価のポイント(講義⑤)
平成28年度 山縣班研修会(主催:厚生労働省、運営事務局:日本家族計画協会).2016年8月28日.都内
山縣然太朗:自分の地域の母子保健計画について考える~現在の取り組み状況と課題~(グループワーク講師)
9月
山梨大学医学部 臨床研究資格制度 臨床研究講習会(平成28年度 第5回).2016年9月9日17:30-19:00.同大
山縣然太朗:「医学研究における研究デザインとその具体例」①前向き研究と後ろ向き研究
沖縄県小児保健協会 倫理研修会.2016年9月14日19:30-21:00.沖縄小児保健センター3階ホール(沖縄県南風原町)
山縣然太朗:人を対象とした医学系研究に関する倫理指針のガイダンス
セイコーエプソン(株)広丘事業所 研修会.2016年9月16日10:00-12:00.同事業所内(塩尻市)
山縣然太朗:効果的なポピュレーションアプローチの理解と実践
10月
日本学術会議 臨床医学委員会(第23期・第6回).2016年10月8日10:00-12:00.日本学術会議(東京都港区)
山縣然太朗:個人情報保護法改正にともなう人を対象とした医学系研究に関する 倫理指針改訂の現状と課題
南アルプス市健康づくり推進協議会・健康を考える会における研修会.2016年10月12日19:00-21:00.同市
山縣然太朗:第二次健康増進計画及び第一次食育推進計画について
11月
山梨県立中央病院 第4回 治験・臨床研究セミナー.2016年11月7日18:00~.同院
山縣然太朗:人を対象とする医学系研究に関する倫理指針(「臨床研究倫理指針について学ぼう!」)
倫理的側面から今後のヘルスケア研究を考える(ヘルスケア・データサイエンス研究所セミナー).2016年11月8日.
イイノホール(東京都千代田区)
山縣然太朗:医学系研究の倫理指針におけるデータベース研究の位置づけ
産婦人科専攻医向けセミナー(山梨県統一産婦人科専攻医研修プログラム).2016年11月12日17:00-18:00.甲府市
山縣然太朗:今さら聞けない医学統計まるわかり!(特別講演)
第1回母子保健対策研修会(奈良県医療政策部).2016年11月15日13:30-16:30.奈良県橿原市
山縣然太朗:標準的な乳幼児健康診査の考え方~問診の意義とその活用、精度管理・評価について~、健やか親子21(第2次)の達成に向けて
山梨大学医学部 臨床研究資格制度 臨床研究講習会(平成28年度 第7回).2016年11月18日17:30-19:00.同大
山縣然太朗:「医学研究における研究デザインとその具体例」②コホート研究と症例対照研究
やまなし健康セミナー 長寿県「山梨県の秘密」を探る(日本専門薬局同志会 山梨部会).2016年11月23日.アルプスワイン株式会社(笛吹市一宮町)
山縣然太朗:「無尽」の秘密-「健康長寿日本一の県、山梨県」の秘密と元気で長生きする秘訣
12月
目白大学 特別講義(ウィメンズヘルス分野).2016年12月12日.目白大学 国立埼玉病院キャンパス(和光市)
山縣然太朗:研究倫理に関する基礎知識 -人を対象とした医学系研究に関する倫理指針のガイダンス-

その他(受賞・新聞記事等) new

山縣然太朗:長期喫煙ほど低体重児傾向…妊婦分析で判明.毎日新聞(2016.1.6)記事
山縣然太朗:3歳児、7%が寝不足 共働きの家庭増加.佐賀新聞(2016.1.13)記事
鈴木孝太: 御坊の妊婦は喫煙率高い 共同研究の山梨大報告 疾病対策へ防煙教室等検討.日高新報(2016.3.4)記事
山縣然太朗:長期喫煙ほど低体重児傾向 子どもの健康環境省10万組調査.毎日新聞(2016.1.7)記事
山縣然太朗:3歳児は寝不足傾向 環境省調査親の遅い帰宅一因 就寝10時以降30%睡眠10時間未満7%.日本経済新聞夕刊(2016.1.12)記事
山縣然太朗:3歳児7%が寝不足遅寝傾向、共働き増加も一因 環境省の大規模調査30%が午後10時以降に就寝.毎日新聞(2016.1.12)記事
山縣然太朗:3歳児の7%が寝不足遅寝傾向、共働き増、一因か.東京新聞夕刊(2016.1.12)記事
鈴木孝太: 妊娠中喫煙の母赤ちゃん低体重に環境省調査喫煙しない母に比べ100㌘以上.朝日新聞夕刊(2016.1.15)記事
山縣然太朗:子どもの成長環境守る エコチル調査5年報告相次ぐ妊婦の喫煙で赤ちゃん「低体重」傾向3歳児の7%が寝不足に.公明新聞(2016.1.18)
山縣然太朗:健康寿命アベック日本一 健診、無尽会の効果大?.山梨新報(2016.1.22)記事
山縣然太朗:花粉症 県の2、3歳児多く 全国平均の倍以上 環境省大希望調査/山梨.毎日新聞(2016.2.10)記事
鈴木孝太: 喫煙妊婦新生児体重軽く山梨大発表血流悪化、栄養不足か.読売東京(2016.2.25)記事
鈴木孝太: 妊婦の喫煙と子どもの出生体重について(おしえて、エコチル先生!(第27回)).エコチル調査メールマガジン第38号.2016.3
山縣然太朗:要介護低率山梨1位 14%全国平均3ポイント下回る.山梨日日新聞(2016.4.6)記事
横道洋司: 日本人の眼圧上昇、メタボ因子との関連は?.ケアネット(2016.4.8)記事
山縣然太朗:デジタル教科書効果は 20年度導入安期待と懸念 学ぶ意欲増す/誰が費用負担.日本経済新聞(2016.4.23)記事
山縣然太朗:乳幼児健診結果京大に 神戸市周知せず14.5万人分住所氏名除く250項目.朝日新聞(2016.4.27)記事
山縣然太朗:デジタル教科書で学校現場はどう変わる?ICTと子どもの健康.朝日新聞言論サイトWEBRONZA(2016.5.27)
山縣然太朗:ピックアップレッスン(授業のヒトコマ)21-社会環境医学.山梨大学広報Vine29.2016.7
山縣然太朗:エコチル調査5周年記念シンポジウム開催.エコチル調査だより Vol.10.2016.7
山縣然太朗:産業保健にかかる少子化対策の法整備と施策 山縣然太朗氏講演 第89回日本産業衛生学会.家族と健康(2016.8.1)記事
山縣然太朗:医者が初めて語る、健康寿命を伸ばす秘訣.メディカルプラザ Vol.6 2016 夏号
山縣然太朗:無尽≒飲み会?その実態は もとは助け合い 交流広げる場に(それ行け!やまなし探偵団).朝日新聞(2016.9.10)記事
山北満哉,佐藤美理,安藤大輔,鈴木孝太,山縣然太朗:小中学生における2年間の運動状況と踵骨超音波骨量指標の縦断的検討(平成28年度日本体力医学会奨励賞.2016年9月25日.盛岡市民文化ホール)
山縣然太朗:市保健所設置の基本構想案提出 市長に検討委.山梨日日新聞(2016.10.6)記事
Zentaro Yamagata: Maternity culture in Japan_No pain, no gain_Why espectant mathers in Japan don't get pain relief.
The Economist (web). Oct 20th 2016
山縣然太朗:第75回日本公衆衛生学会総会開催される.Ishiyaku Dent Web(2016.10.28)記事
山縣然太朗:健康寿命テーマ 山縣教授が講演 中央でシンポジウム.山梨日日新聞(2016.11.30)記事
山縣然太朗:コラム 健康寿命日本一・「山梨県」の秘訣 <超高齢社会への対応 動き出す、静岡県の「健康長寿産業」(大石真裕,山﨑眞嗣).SERI Monthly (621).2016.12
大西一成: 大気汚染で肌がボロボロに?<第3回 山梨大学医学部大西准教授の環境医学ニュースの読み方.BBSラジオ「午後はドキドキ!」(2016.6.22(水)14:20~)
大西一成: 水分補給と熱中症のサイン<第4回 山梨大学医学部大西准教授の環境医学ニュースの読み方.BBSラジオ「午後はドキドキ!」(2016.8.17(水)14:20~)
大西一成: アスベストとマスク<第5回 山梨大学医学部大西准教授の環境医学ニュースの読み方.BBSラジオ「午後はドキドキ!」(2016.9.28(水)14:20~)
大西一成: デザイン性の高いマスク<第6回 山梨大学医学部大西准教授の環境医学ニュースの読み方.BBSラジオ「午後はドキドキ!」(2016.10.26(水)14:20~)
大西一成: 日本のタバコ対策と東京オリンピック<第7回 山梨大学医学部大西准教授の環境医学ニュースの読み方.BBSラジオ「午後はドキドキ!」(2016.11.23(水)14:20~)
大西一成: 中国でトリインフルエンザウイスルスがヒトに感染?<第8回 山梨大学医学部大西准教授の環境医学ニュースの読み方.BBSラジオ「午後はドキドキ!」(2016.12.28(水)14:20~)

前のページに戻る