PAGE TOP

国立大学法人

山梨大学大学院総合研究部医学域 社会医学講座

社会医学講座 | 山梨大学医学部

Department of Health Sciences,Basic Science for Clinical Medicine,
Division of Medicine, Graduate School Department of Interdisciplinary Research,
University of Yamanashi

業績一覧

トップページ 業績 2017年

原著 new

Mami Ishikuro, Hiroko Matsubara, Masahiro Kikuya, Taku Obara, Yuki Sato, Hirohito Metoki, Tsuyoshi Isojima, Susumu Yokoya, Noriko Kato, Toshiaki Tanaka, Shoichi Chida, Atsushi Ono, Mitsuaki Hosoya, Hiroshi Yokomichi, Zentaro Yamagata,
Soichiro Tanaka, Shigeo Kure, Shinichi Kuriyama. Disease prevalence among nursery school children after the Great East Japan earthquake. BMJ Global Health. March 2017; 2(2): e000127
Akiko Nagai, Makoto Hirata, Yoichiro Kamatani, Kaori Muto, Koichi Matsuda, Yutaka Kiyohara, Toshiharu Ninomiya, Akiko Tamakoshi, Zentaro Yamagata, Taisei Mushiroda, Yoshinori Murakami, Koichiro Yuji, Yoichi Furukawa, Hitoshi Zembutsu,
Toshihiro Tanaka, Yozo Ohnishi, Yusuke Nakamura; BioBank Japan Cooperative Hospital Group, Michiaki Kubo. Overview of the BioBank Japan Project: Study design and profile. Journal of Epidemiology. 2017 Mar; 27(3S): S2-S8
Makoto Hirata, Yoichiro Kamatani, Akiko Nagai, Yutaka Kiyohara, Toshiharu Ninomiya, Akiko Tamakoshi, Zentaro Yamagata,
Michiaki Kubo, Kaori Muto, Taisei Mushiroda, Yoshinori Murakami, Koichiro Yuji, Yoichi Furukawa, Hitoshi Zembutsu, Toshihiro
Tanaka, Yozo Ohnishi, Yusuke Nakamura; BioBank Japan Cooperative Hospital Group, Koichi Matsuda. Cross-sectional
analysis of BioBank Japan clinical data: A large cohort of 200,000 patients with 47 common diseases. Journal of Epidemiology.
2017 Mar; 27(3S): S9-S21
Makoto Hirata, Akiko Nagai, Yoichiro Kamatani, Toshiharu Ninomiya, Akiko Tamakoshi, Zentaro Yamagata, Michiaki Kubo,
Kaori Muto, Yutaka Kiyohara, Taisei Mushiroda, Yoshinori Murakami, Koichiro Yuji, Yoichi Furukawa, Hitoshi Zembutsu,
Toshihiro Tanaka, Yozo Ohnishi, Yusuke Nakamura; BioBank Japan Cooperative Hospital Group, Koichi Matsuda. Overview of
the BioBank Japan follow-up data in 32 diseases. Journal of Epidemiology. Mar; 27(3S): S22-S28
Emiko Okada, Shigekazu Ukawa, Koshi Nakamura, Makoto Hirata, Akiko Nagai, Koichi Matsuda, Toshiharu Ninomiya, Yutaka
Kiyohara, Kaori Muto, Yoichiro Kamatani, Zentaro Yamagata, Michiaki Kubo, Yusuke Nakamura; BioBank Japan Cooperative
Hospital Group, Akiko Tamakoshi. Demographic and lifestyle factors and survival among patients with esophageal and gastric
cancer: The Biobank Japan Project. Journal of Epidemiology. Mar; 27(3S): S29-S35
Akiko Tamakoshi, Koshi Nakamura, Shigekazu Ukawa, Emiko Okada, Makoto Hirata, Akiko Nagai, Koichi Matsuda, Yoichiro
Kamatani, Kaori Muto, Yutaka Kiyohara, Zentaro Yamagata, Toshiharu Ninomiya, Michiaki Kubo, Yusuke Nakamura; BioBank
Japan Cooperative Hospital Group. Characteristics and prognosis of Japanese colorectal cancer patients: The BioBank Japan
Project. Journal of Epidemiology. 2017 Mar; 27(3S): S36-S42
Shigekazu Ukawa, Emiko Okada, Koshi Nakamura, Makoto Hirata, Akiko Nagai, Koichi Matsuda, Zentaro Yamagata, Yoichiro
Kamatani, Toshiharu Ninomiya, Yutaka Kiyohara, Kaori Muto, Michiaki Kubo, Yusuke Nakamura; BioBank Japan Cooperative
Hospital Group, Akiko Tamakoshi. Characteristics of patients with liver cancer in the BioBank Japan project. Journal of Epidemiology. 2017 Mar; 27(3S): S43-S48
Koshi Nakamura, Shigekazu Ukawa, Emiko Okada, Makoto Hirata, Akiko Nagai, Zentaro Yamagata, Toshiharu Ninomiya, Kaori
Muto, Yutaka Kiyohara, Koichi Matsuda, Yoichiro Kamatani, Michiaki Kubo, Yusuke Nakamura; BioBank Japan Cooperative
Hospital Group, Akiko Tamakoshi. Characteristics and prognosis of Japanese male and female lung cancer patients:
The BioBank Japan Project. Journal of Epidemiology. 2017 Mar; 27(3S): S49-S57
Koshi Nakamura, Emiko Okada, Shigekazu Ukawa, Makoto Hirata, Akiko Nagai, Zentaro Yamagata, Yutaka Kiyohara, Kaori
Muto, Yoichiro Kamatani, Toshiharu Ninomiya, Koichi Matsuda, Michiaki Kubo, Yusuke Nakamura; BioBank Japan Cooperative Hospital Group, Akiko Tamakoshi. Characteristics and prognosis of Japanese female breast cancer patients: The BioBank Japan project. Journal of Epidemiology. 2017 Mar; 27(3S): S58-S64
Shigekazu Ukawa, Koshi Nakamura, Emiko Okada, Makoto Hirata, Akiko Nagai, Zentaro Yamagata, Kaori Muto, Koichi
Matsuda, Toshiharu Ninomiya, Yutaka Kiyohara, Yoichiro Kamatani, Michiaki Kubo, Yusuke Nakamura; BioBank Japan
Cooperative Hospital Group, Akiko Tamakoshi. Clinical and histopathological characteristics of patients with prostate cancer in
the BioBank Japan project. Journal of Epidemiology. 2017 Mar; 27(3S): S65-S70
Jun Hata, Akiko Nagai, Makoto Hirata, Yoichiro Kamatani, Akiko Tamakoshi, Zentaro Yamagata, Kaori Muto, Koichi Matsuda,
Michiaki Kubo, Yusuke Nakamura; Biobank Japan Cooperative Hospital Group, Yutaka Kiyohara, Toshiharu Ninomiya; Collaborator. Risk prediction models for mortality in patients with cardiovascular disease: The BioBank Japan project. Journal of Epidemiology. 2017 Mar; 27(3S): S71-S76
Hiroshi Yokomichi, Hokuto Noda, Akiko Nagai, Makoto Hirata, Akiko Tamakoshi, Yoichiro Kamatani, Yutaka Kiyohara, Koichi
Matsuda, Kaori Muto, Toshiharu Ninomiya, Michiaki Kubo, Yusuke Nakamura; BioBank Japan Cooperative Hospital Group, Zentaro Yamagata. Cholesterol levels of Japanese dyslipidaemic patients with various comorbidities: BioBank Japan.
Journal of Epidemiology. 2017 Mar; 27(3S): S77-S83
Hiroshi Yokomichi, Akiko Nagai, Makoto Hirata, Akiko Tamakoshi, Yutaka Kiyohara, Yoichiro Kamatani, Kaori Muto, Toshiharu
Ninomiya, Koichi Matsuda, Michiaki Kubo, Yusuke Nakamura; BioBank Japan Cooperative Hospital Group, Zentaro Yamagata.
Statin use and all-cause and cancer mortality: BioBank Japan cohort. Journal of Epidemiology. Mar 2017; 27(3S): S84-S91
Hiroshi Yokomichi, Akiko Nagai, Makoto Hirata, Yutaka Kiyohara, Kaori Muto, Toshiharu Ninomiya, Koichi Matsuda, Yoichiro
Kamatani, Akiko Tamakoshi, Michiaki Kubo, Yusuke Nakamura; BioBank Japan Cooperative Hospital Group, Zentaro Yamagata.
Serum glucose, cholesterol and blood pressure levels in Japanese type 1 and 2 diabetic patients: BioBank Japan.
Journal of Epidemiology. Mar 2017; 27(3S): S92-S97
Hiroshi Yokomichi, Akiko Nagai, Makoto Hirata, Yutaka Kiyohara, Kaori Muto, Toshiharu Ninomiya, Koichi Matsuda, Yoichiro
Kamatani, Akiko Tamakoshi, Michiaki Kubo, Yusuke Nakamura; BioBank Japan Cooperative Hospital Group, Zentaro Yamagata.
Survival of macrovascular disease, chronic kidney disease, chronic respiratory disease, cancer and smoking in patients with type 2 diabetes: BioBank Japan cohort. Journal of Epidemiology. Mar 2017; 27(3S): S98-S106
Tomosa Mine, Taichiro Tanaka, Tadashi Nakasone, Toru Itokazu, Zentaro Yamagata, Yuji Nishiwaki. Maternal smoking during
pregnancy and rapid weight gain from birth to early infancy. Journal of Epidemiology. Mar; 27(3): 112-116
Hiroko Matsubara, Mami Ishikuro, Masahiro Kikuya, Shoichi Chida, Mitsuaki Hosoya, Atsushi Ono, Noriko Kato, Susumu
Yokoya, Toshiaki Tanaka, Tsuyoshi Isojima, Zentaro Yamagata, Soichiro Tanaka, Shinichi Kuriyama, Shigeo Kure.
Design of the health examination survey on early childhood physical growth in the Great East Japan Earthquake affected areas.
Journal of Epidemiology. 2017 Mar; 27(3): 135-142
Wei Zheng, Hiroshi Yokomichi, Hiroko Matsubara, Mami Ishikuro, Masahiro Kikuya, Tsuyoshi Isojima, Susumu Yokoya, Toshiaki Tanaka, Noriko Kato, Shoichi Chida, Atsushi Ono, Mitsuaki Hosoya, Soichiro Tanaka, Shinichi Kuriyama, Shigeo Kure, Zentaro
Yamagata. Longitudinal changes in body mass index of children affected by the Great East Japan Earthquake. Internaional
Journal of Obesity. Apr 2017; 41(4): 606-612
Shigeto Ebata, Jun Takahashi, Tomohiko Hasegawa, Keijiro Mukaiyama, Yukihiro Isogai, Tetsuro Ohba, Yosuke Shibata,
Toshiyuki Ojima, Zentaro Yamagata,Yukihiro Matsuyama, Hirotaka Haro. Role of Weekly Teriparatide Administration in Osseous Union Enhancement within Six Months After Posterior or Transforaminal Lumbar Interbody Fusion for Osteoporosis-Associated
Lumbar Degenerative Disorders: A Multicenter, Prospective Randomized Study. The Journal of Bone and Joint Surgery.
American Volume. 2017 Mar 1; 99(5): 365-372
Hiroshi Yokomichi, Sachiko Ohde, Osamu Takahashi, Mie Mochizuki, Atsunori Takahashi, Yoshioki Yoda, Masahiro Tsuji, Yuka Akiyama, Zentaro Yamagata. Weight cycling and the subsequent onset of type 2 diabetes mellitus: 10-year cohort studies in
urban and rural Japan. BMJ Open. 2017 Jun 8; 7(5): e014684
Kazunari Onishi. Prevention of the secondhand smoke and leak-rate of the mask in children. Japanese society for pedatric
tabacco research. 2017 Feb; 7(1): 41-44
山北満哉,佐藤美理,安藤大輔,鈴木孝太,山縣然太朗:両親の学歴と子ども運動時間の関連.運動疫学研究 19(1):36-43.2017.3
榊原文,濱野強,篠原亮次,秋山有佳,中川昭生,山縣然太朗,尾崎米厚:ソーシャル・キャピタルと産後うつ有病率との関連.厚生の指標 64(11):21-27.2017.9
Masahiro Kikuya, Hiroko Matsubara, Mami Ishikuro, Yuki Sato, Taku Obara, Hirohito Metoki, Tsuyoshi Isojima, Susumu Yokoya, Noriko Kato, Toshiaki Tanaka, Shoichi Chida, Atsushi Ono, Mitsuaki Hosoya, Hiroshi Yokomichi, Zentaro Yamagata, Soichiro Tanaka, Shigeo Kure, Shinichi Kuriyama: Alterations in physique among young children after the Great East Japan Earthquake: Results from a nationwide survey. Journal of Epidemiology 2017 Oct, 27(10): 462-468. doi:10.1016/j.je.2016.09.012
上原里程,篠原亮次,秋山有佳,市川香織,尾島俊之,松浦賢長,山崎嘉久,山縣然太朗:市町村における母子保健対策の取り組み状況:「健やか親子21」の推進状況に関する実態調査を用いた都道府県別観察.厚生の指標 64(15):1-7.2017.12
Mie Mochizuki, Toru Kikuch, Tatsuhiko Urakami, Nobuyuki Kikuchi, Tomoyuki Kawamura, Hiroshi Yokomichi, Tadao Hoshino, Nobuo Matsuura, Nozomu Sasaki, Shigetaka Sugihara, Shin Amemiya, on behalf of The Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood and Adolescent Diabetes: Improvement in glycemic control through changes in insulin regimens: findings from a Japanese cohort of children and adolescents with type 1 diabetes. Pediatric Diabetes 18(6): 435-442. doi: 10.1111/pedi.12409. 2017.9
Masaki Goma, Masahiro Kaneshige, Sayaka Ichijo, Masashi Ichijo, Hideo Shindo, Nobuyuki Terada, Hiroshi Yokomichi, Zentaro Yamagata, Kenichiro Kitamura, Hiroki Shimura, Tetsuro Kobayashi: Sensitive detection of hemodynamic failure during orthostatic stress in patients with diabetic polyneuropathy using a mini laser Doppler blood flowmeter. Journal of the American Society of Hypertension 11(1): 28-37. 2017.1
Tsuyoshi Isojima, Susumu Yokoya, Atsushi Ono, Noriko Kato, Toshiaki Tanaka, Hiroshi Yokomichi, Zentaro Yamagata, Soichiro Tanaka, Hiroko Matsubara, Mami Ishikuro, Masahiro Kikuya, Shoichi Chida, Mitsuaki Hosoya, Shinichi Kuriyama, Shigeo Kure: Prolonged elevated body mass index in preschool children after the Great East Japan Earthquake. Pediatrics International 59(9):1002-1009. 2017.9
Naoki Oishi, Tetsuo Kondo, Aya Ebina, Yukiko Sato, Junko Akaishi, Rumi Hino, Noriko Yamamoto, Kunio Mochizuki, Tadao Nakazawa, Hiroshi Yokomichi, Koichi Ito, Yuichi Ishikawa, Ryohei Katoh: Molecular alterations of coexisting thyroid papillary carcinoma and anaplastic carcinoma: identification of TERT mutation as an independent risk factor for transformation. Modern Pathology volume 30, pages 1527 1537. 2017
Tamio Furuse, Kunio Miyake, Takashi Kohda, Hideki Kaneda, Takae Hirasawa, Ikuko Yamada, Tomoko Kushida, Misho Kashimura, Kimio Kobayashi, Fumitoshi Ishino, Takeo Kubota, Shigeharu Wakana: Protein-restricted diet during pregnancy after insemination alters behavioral phenotypes of the progeny. Genes & Nutrition 12:1. 2017.1
Tomoko Andoh-Noda, Wado Akamatsu, Kunio Miyake, Tetsuro Kobayashi, Manabu Ohyama, Hiroshi Kurosawa, Takeo Kubota, Hideyuki Okano: Differential X Chromosome Inactivation Patterns during the Propagation of Human Induced Pluripotent Stem Cells The Keio Journal of Medicine 66(1):1-8. 2017.3
Nguyen Quoc Vuong Tran, An Nghia Nguyen, Kyoko Takabe, Zentaro Yamagata, Kunio Miyake: Pre-treatment with amitriptyline causes epigenetic up-regulation of neuroprotection-associated genes and has anti-apoptotic effects in mouse neuronal cells. Neurotoxicology and Teratology 62:1-12. 2017.7
Meixian Huang, Kunio Miyake, Keiko Kagami, Masako Abe, Tamao Shinohara, Atsushi Watanabe, Shinpei Somazu, Hiroko Oshiro, Kumiko Goi, Hiroaki Goto, Masayoshi Minegishi, Shotaro Iwamoto, Nobutaka Kiyokawa, Kanji Sugita, Takeshi Inukai: Lack of association between deletion polymorphism of BIM gene and in vitro drug sensitivity in B-cell precursor acute lymphoblastic leukemia. Leukemia Research 60:24-30. 2017.9
Kazue Ishitsuka, Shoji F. Nakayama, Reiko Kishi, Chisato Mori, Zentaro Yamagata, Yukihiro Ohya, Toshihiro Kawamoto, Michihiro Kamijima: Japan Environment and Children’s Study: backgrounds, activities, and future directions in global perspectives. Environmental Health and Preventive Medicine 22(1):61. 2017.7
Fumi Takeuchi, Hirofumi Komaki, Zentaro Yamagata, Kazushi Maruo, Sunil Rodger, Janbernd Kirschner, Takeo Kubota, En Kimura, Shin’ichi Takeda, Kathrin Gramsch, Julia Vry, Kate Bushby, Hanns Lochmuller, Keiji Wada, Harumasa Nakamura: A comparative study of care practices for young boys with Duchenne muscular dystrophy between Japan and European countries: Implications of early diagnosis. Neuromuscular Disorders 27(10):894-904. 2017.10
Hideki Sugita, Ryoji Shinohara, Hiroshi Yokomichi, Kohta Suzuki, Zentaro Yamagata: Effect of text messages to improve health literacy on medication adherence in patients with type 2 diabetes mellitus: A randomized controlled pilot trial. Nagoya Journal of Medical Science 79(3):313-321. 2017.8

総説

Kazunari Onishi. Health Impact Assessment of Asian Dust/Cross-border Air Pollutant and Necessary Preventive Measure.
Nihon Eiseigaku Zasshi. January 2017, 72(1): 43-48. DOI: 10.1265/jjh.72.43
山縣然太朗:日本の子どもの健康と子育て環境(子どもの健やかな成長を支援するプロの知識・プロの技術 第1回)
月刊 健康づくり4月号(468)(公財 健康・体力づくり事業財団) :12-15.2017.4
秋山有佳,山縣然太朗:日本の子どもを取り巻く食環境(子どもの健やかな成長を支援するプロの知識・プロの技術 第7回).月刊 健康づくり10月号(474)(公財 健康・体力づくり事業財団) :12-15.2017.10

報告書 new

平成28年度 山縣班
山縣然太朗:母子の健康改善のための母子保健情報利活用に関する研究.平成28年度 厚生労働科学研究費補助金 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業「母子の健康改善のための母子保健情報利活用に関する研究」総括研究報告書:2-46.2017.3
山縣然太朗,松浦賢長,山崎嘉久,尾島俊之,市川香織,篠原亮次,秋山有佳:母子保健情報利活用の推進のための環境整備に関する経過報告.平成28年度 厚生労働科学研究費補助金 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業「母子の健康改善のための母子保健情報利活用に関する研究」分担研究報告書:48-63.2017.3
篠原亮次,秋山有佳,山縣然太朗:母子保健情報の収集と利活用に向けた「乳幼児健診情報システム」の改修.平成28年度 厚生労働科学研究費補助金 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業「母子の健康改善のための母子保健情報利活用に関する研究」分担研究報告書:64-67.2017.3
秋山有佳,篠原亮次,山田七重,山縣然太朗:「取り組みのデータベース」および「母子保健・医療情報データベース」の展開.平成28年度 厚生労働科学研究費補助金 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業「母子の健康改善のための母子保健情報利活用に関する研究」分担研究報告書:68-73.2017.3
秋山有佳,篠原亮次,山縣然太朗:第75回日本公衆衛生学会学術総会 自由集会~知ろう・語ろう・取り組もう~一歩先行く 健やか親子21(第2次)第2回報告.平成28年度 厚生労働科学研究費補助金 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業「母子の健康改善のための母子保健情報利活用に関する研究」分担研究報告書:74-77.2017.3
大矢崇志,田中祥一朗,向井純平,神田洋,酒井さやか,梶原由紀子,原田直樹,増滿誠,田原千晶,平塚淳子,松浦賢長,山縣然太朗:すべての子どもを対象とした要支援情報の把握と一元化に関する研究.平成28年度 厚生労働科学研究費補助金 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業「母子の健康改善のための母子保健情報利活用に関する研究」分担研究報告書:136-141.2017.3
平成28年度 永井班
山縣然太朗:乳幼児健康診査の現状と課題.平成28年度 厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業「健康診査・保健指導の有効性評価に関する研究」分担研究報告書:15-19.2017.3

特別講演・シンポジウム new

第6回エコチル調査シンポジウム.2017年2月18日14:00-16:10.江戸東京博物館(東京都江東区)
山縣然太朗:パネルディスカッションコーディネーター(「子育てを支えるいろいろな立場から見た子育てと生活環境」)
研究結果報告会(大日本住友製薬).2017.年3月25日16:30-18:30.住友会館(東京都港区)
山縣然太朗:特別講演「個人情報保護法改正に伴う倫理指針の改定の留意点/臨床研究法施行後の留意点」
第87回日本衛生学会学術総会 シンポジウム2「学術研究からの少子化対策」.2017年3月26日15:15-17:15.シーガイアコンベンションセンター(宮崎県宮崎市)
山縣然太朗:少子化対策に寄与する疫学研究(シンポジスト)
平成29年度関東地区歯科医師会役員連絡協議会.2017年8月31日13:30-14:20.甲府富士屋ホテル
山縣然太朗:健康寿命日本一・山梨県の取り組みと現状(特別講演)
ABiS International Symposium "MRI and Cohort Studies: Development of Imaging Science in Human Biology". September 26, 2017. Tokyo
Zentaro Yamagata: Current State of Developing Cohort Studies in Japan (Japan Environment and Children's Study (JECS))
The 21st IEA_World Congress of Epidemiology(WCE2017). Aug 20, 2017. Sonic City, Saitama, Japan
Zentaro Yamagata: The state of the art research on children's environmental epidemiology and its future strategy (Symposiumu 2: moderator)
第76回日本公衆衛生学会総会シンポジウム9.2017年10月31日13:30-15:00.鹿児島県歴史資料センター黎明館(鹿児島市)
山縣然太朗:シンポジウム9「健やかな親子とは:健やか親子21(第2次)の重点課題戦略と「愛の鞭ゼロ作戦」」(北澤潤先生とともに座長)
第62回日本生殖医学会学術講演会・総会 シンポジウム8「ART出生児の遺伝的安全性」.2017年11月17日13:40-15:00.ドリームシップ(山口県下関市)
山縣然太朗:大規模出生コホートの意義と倫理課題(演者)

学会・研究会等 new

第27回日本疫学会学術総会.2017年1月25日-27日.ベルクラシック甲府(甲府市)
秦淳,永井亜貴子,平田真,鎌谷洋一郎,玉腰暁子,山縣然太朗,武藤香織,松田浩一,久保充明,清原裕,二宮利治:慢性期循環器疾患患者における死亡リスク予測モデルの開発:バイオバンク・ジャパン
横道洋司,野田北斗,永井亜貴子,平田真,秦淳,岡田恵美子,鵜川重和,二宮利治,清原裕,玉腰暁子,武藤香織,鎌谷洋一郎,村上善則,松田浩一,中村祐輔,久保充明,山縣然太朗:スタチンは他の抗脂質異常症薬に比べて全癌・大腸癌死亡を減少させている可能性がある:BioBank Japan
金谷久美子,亀田貴之,浜崎景,足立雄一,大西一成,黒沢洋一,稲寺秀那,中山健夫:Effects of Asian dust for allergic
symptoms may be partly attributed to PAH-quinone
大西一成,野島正寛,関山剛,黒崎泰典,大谷眞二,黒沢洋一,篠田雅人,山縣然太朗:エアロゾルモデルを用いた越境大気汚染物質による健康影響予測
鈴木春満,門田文,奥田奈賀子,早川岳人,西信雄,中村保幸,有馬久富,柳田昌彦,八谷寛,山縣然太朗,佐藤敦,宮川尚子,大久保孝義,岡村智教,上島弘嗣,岡山明,三浦克之:社会的要因及び生活習慣と抑うつとの関連:NIPPON DATA2010
駒崎裕子,藤原武男,小川卓也,荒木美祐,佐藤美理,山縣然太朗,森山啓司:日本の中学生における不正咬合と顎関節症との関連性について~甲州市母子保健縦断調査~
大出幸子,Deshpande Gautam,高橋理,横道洋司,山縣然太朗:HbA1c monitoring interval for stable Diabetes patients
on medication treatment
須田英子,小田政子,小田和早苗,山本緑:エコチル調査におけるインフォームド・アセント2:参加児への伝え方に対する養育者の意識とその理由
秋山有佳,篠原亮次,市川香織,尾島俊之,玉腰浩司,松浦賢長,山崎嘉久,山縣然太朗:経済状況別にみた育児満足感に関わる育児環境要因の検討~健やか親子21データから~
佐藤美理,溝呂木園子,大西一成,篠原亮次,鈴木孝太,山縣然太朗:3歳児の発熱に関する要因の検討-山梨県内のエコチル調査のデータから
溝呂木園子,佐藤美理,秋山有佳,大西一成,横道洋司,篠原亮次,鈴木孝太,山縣然太朗:5歳児健診で発達障害が疑われた児と関連する1歳6か月時の生活習慣
長野康平,菊池信太郎,中村和彦,山縣然太朗:東日本大震災後の福島県郡山市における小中学生の体力・運動能力~4年間の推移~
塚原怜,鈴木孝太,山縣然太朗:妊娠前の体格別にみた、妊娠中の体重増加と出生体重における妊婦の身長の影響
岡安こずえ,佐藤美理,山縣然太朗:思春期の口腔内細菌の相対量に関連する因子の検討
小村慶和,横道洋司,山縣然太朗:ペット飼育の有無が高齢者の要介護認定に及ぼす影響の検討
石山ゐづ美,赤間公子,山縣然太朗:就学前後の子どものインフォームド・アセントに関する研究
大西一成:社会医学とコホート研究(一般口演 座長)
第31回日本助産学会学術集会.2017年1月18日~19日.あわぎんホール(徳島県 徳島市)
大西一成:オキシトシン・コルチゾールの母子関係形成と子どもへ与える影響(教育講演4/招待)
JSPSキックオフミーティング.2017年2月23日~24日.名古屋大学
大西一成,牧輝弥,Banzragch Nandintsetseg,篠田雅人:バイオエアロゾル研究計画 モンゴル土壌と気象庁エアロゾルモデルを用いた越境大気汚染物質による健康影響予測
第120回日本小児科学会学術集会.2017年4月14日-16日.グランドプリンスホテル新高輪 他(東京都港区)
山縣然太朗,溝呂木園子:乳児期の母親の喫煙対策の効果
ESHG2017 (European Society of Human Genetics).May 27-30, 2017.Copenhagen, Denmark
Zentaro Yamagata, Tadao Ohoka, Kaori Muto: Attitudes toward informed assent for genetic research
Kaori Muto, Zentaro Yamagata, Akiko Nagai: Amended act on the protection of personal information of Japan and its impact to research and direct-to-consumer testing
30th Annual Meeting of SPER(Society for Pediatric and Perinatal Epidemiologic Research). June 19-20, 2017. Seattle, Washington
Kohta Suzuki, Rei Tsukahara, Zentaro Yamagata: Factors associated with the difference between estimated fetal weight at
the final prenatal check-up and actual birthweight
50th Annual SER Meeting. June 20-23, 2017. Seattle, Washington
Kohta Suzuki, Rei Tsukahara, Zentaro Yamagata: Factors associated with the difference between estimated fetal weight at
the final prenatal check-up and actual birthweight
Miri Sato, Kohta Suzuki, Kazunari Onishi, Sonoko Mizorogi, Zentaro Yamagata:Factors associated with selective study participation in the Japan Environment and Children’s Study (JECS) among the participants in Yamanashi regional centre
第64回日本小児保健協会学術集会.2017年7月1日15:00-15:40.大阪国際会議場
秋山有佳:3・4か月児の母親の再喫煙と市区町村の母子保健施策取組状況との関連-健やか親子21の調査から-
山縣然太朗:ポスターセッション座長(育児3)
The 21st IEA_World Congress of Epidemiology(WCE2017). Aug 19-22, 2017. Sonic City, Saitama, Japan
Harumitsu Suzuki, Aya Kadota, Nagako Okuda, Takehito Hayakawa, Nobuo Nishi, Yasuyuki Nakamura, Hisatomi Arima, Masahiko Yanagita, Hiroshi Yatsuya, Zentaro Yamagata, Atsushi Satoh, Naoko Miyagawa, Takayoshi Ohkubo, Tomonori Okamura, Hirotsugu Ueshima, Akira Okayama, Katsuyuki Miura: The Association between social factor, lifestyle and subclinical depression status examined by Kessler 6 among Japanese representative population: NIPPON DATA2010
Miri Sato, Kazunari Onishi, Sonoko Mizorogi, Kohta Suzuki, Zentaro Yamagata: Comparison of characteristics between participants and non-participants of a sub-cohort study: The Japan Environment and Children's Study
Kohta Suzuki, Rei Tsukahara, Zentaro Yamagata: Trajectories of maternal blood pressure during pregnancy grouped by pregestational weight status
Yuka Akiyama, Ryoji Shinohara, Kaori Ichikawa, Toshiyuki Ojima, Koji Tamakoshi, Kencho Matsuura, Yoshihisa Yamazaki, Zentaro Yamagata: An association between relapse of smoking in mothers of 3-4-month-old babies and municipalities' approach of maternal and child health measures in Japan
Izumi Ishiyama, Kimiko Akama, Zentaro Yamagata: Empirical research on capability of informed assent around 7 year old children: A pilot study
Kazunari Onishi, Masanori Nojima, Tsuyoshi Thomas Sekiyama, Yasunoari Kurosaki, Shinji Otani, Masato Shinoda, Youichi Kurozawa, Zentaro Yamagata: Prediction of health effects of cross-border atmospheric pollutants using the Model of Aerosol Species in the Global Atmosphere (MASINGAR) (oral)
Hiroshi Yokomichi, Mie Mochizuki, Michiaki Kubo, Zentaro Yamagata: Cause-specific mortality rate in Japanese type 2 diabetic patients with complications of macro- and microvascular disease: BioBank Japan cohort (oral)
Kumiko T Kanatani, Takeo Nakayama, Yuichi Adachi, Kei Hamazaki, Hidekuni Inadera, Kazunari Onishi, Youichi Kurozawa, Satoshi Sasaki: Study Japan Environment and Children. High Frequency of Vitamin D Deficiency in Pregnant Japanese Women Associated with UV Avoidance and Hypo-Vitamin D Diet(Oral)
Toshio Masumoto, Kazunari Onishi, Hiroaki Matsushita, Hiroki Amano, Shinji Otani: The relation between gestational serum oxytocin concentration and medical history in Japanese women(Poster)
第76回日本公衆衛生学会総会.2017年10月31日~11月2日.宝山ホール、かごしま県民交流センター他(鹿児島県鹿児島市)
山縣然太朗:ランチョンセミナー4 座長「アウトカムリサーチは実臨床にどのように貢献できるのか ~研究のゴールは医療現場で求められるエビデンス~」(2017年10月31日12:20-13:20)
大西一成,佐藤美理,鈴木孝太,山縣然太朗:妊娠初期における血中スギ特異的 IgE クラス判定と花粉症(アレルギー性鼻炎)との関係
横道洋司,山縣然太朗:痩せた糖尿病性腎症患者では動脈硬化性疾患による死亡リスクが増加している
小島令嗣,佐藤美理,秋山有佳,山縣然太朗:中学生におけるネット依存とその関連要因 甲州思春期調査より
大岡忠生,秋山有佳,篠原亮次,市川香織,尾島俊之,玉腰浩司,松浦賢長,山崎嘉久,山縣然太朗:地域の主要産業と人口規模が妊婦の喫煙行動へ及ぼす影響-健やか親子21最終評価から-
山北満哉,安藤大輔,佐藤美理,秋山有佳,鈴木孝太,山縣然太朗:加速度計で測定した身体活動、座位時間と1年後の骨量増加の関連
宮下真由美,山縣然太朗,田中太一郎:特定健診受診率向上にむけた未受診者対策の取り組みについて
佐藤美理,大西一成,鈴木孝太,山縣然太朗:乳幼児期の発熱頻度の回答時期による検討-山梨県内のエコチル調査のデータから
榊原文,濱野強,篠原亮次,秋山有佳,中川昭生,山縣然太朗,尾﨑米厚:生後3-4か月の子どもを持つ母親の育児困難感とソーシャル・キャピタルとの関連
秋山有佳,佐藤美理,山北満哉,横道洋司,山縣然太朗:思春期の児童生徒における抑うつ傾向とカルシウム含有食品摂取状況との関連
芳我ちより,有野久美,神埼由紀,山縣然太朗:夕食時刻と就寝時刻の間隔と中学生の体格の関連
大澤絵里,今村晴彦,朝倉敬子,西脇祐司,尾島俊之,山縣然太朗:乳幼児期におけるかかりつけ医の有無と望ましい予防接種行動の関連
井上みゆき,秋山有佳,山縣然太朗:1歳6ヶ月児の事故・けがによる医療機関受診と関連する生活要因
上原里程,篠原亮次,秋山有佳,市川香織,尾島俊之,松浦賢長,山崎嘉久,山縣然太朗:母子保健対策に関する市町村の庁内他部局連携:健やか親子21最終評価から
山崎さやか,篠原亮次,秋山有佳,山縣然太朗:母親の育児に対する否定的感情と育児相談相手の数との関連-健やか親子21最終評価より-
平出諒太,佐藤美理,大岡忠生,山縣然太朗:中学生における咬合機能の検討
日吉恭則,篠原亮次,山縣然太朗:山梨県の新設看護学部に入学した学生の看護職志望理由と入学理由等に関する検討
武内美惠,山縣然太朗:東南アジア,国内離島における看護研修プログラム評価の尺度開発と展望
大山裕冬,大西一成,佐藤美理,黒沢洋一,山縣然太朗:一般用途における衛生マスクと N95カップ型マスクの防御係数に関する検討
金谷久美子,浜崎景,稲寺秀邦,黒沢洋一,大西一成,増本年男,中山健夫:燃焼性大気汚染物質の、黄砂の健康影響への修飾
浜崎景,金谷久美子,稲寺秀邦,増本年男,黒沢洋一,大西一成,中山健夫:黄砂・PM2.5の乳幼児の目/鼻/呼吸器症状への影響-エコチル追加調査より-
梅村朋弘,寺崎寛章,小林章雄,大西一成,日下幸則,鈴木孝太:コルカタ(インド・西ベンガル州)における公共用水質の調査
第5回日本健康スポーツ科学学会.2017年8月28日~29日.東京
大西一成:日常生活で予防に用いるマスクの漏れ率
第58回大気環境学会.2017年9月6日~8日.兵庫
大西一成,奥田知明,福池晃,金谷久美子,野島正寛,増本年男,中山健夫,黒沢洋一,山縣然太朗:鳥取県米子市に飛来した粗大粒子及びPM2.5の成分比較と発生源解析による検討
金谷久美子, 亀田貴之,大久保綾乃,森育子,増本年男,黒沢洋一,大西一成,奥田知明,中山健夫:燃焼性大気汚染物質の、黄砂の健康影響への修飾  エコチル調査追加調査『黄砂と子どもの健康調査』より
金谷久美子,浜崎景,足立雄一,稲寺秀邦,増本年男,黒沢洋一,大西一成,中山健夫:黄砂・PM2 . 5 の健康乳幼児の目・鼻・呼吸器症状への影響
梶野瑞王,五十嵐康人,財前祐二,足立光司,関山剛,Joseph Ching,大畑昌輝,チョン千香子,藤谷雄二,古山昭子,萩野浩之,須藤菜那,亀田貴之,猪股弥生,大西一成:粒子酸化脳に着目した新健康影響指標の提案にむけて
The 29th Annual Scientific Conference of the International Society of Environmental Epidemiology (ISEE). Sep. 24-28. Sydney, Australia
Kazunari Onishi: The relationship between airborne pollen and cedar-specific immunoglobulin E during early pregnancy: a subdivision of a nationwide birth cohort study
Kumiko T Kanatani, Takayuki Kameda, Ayano Okubo, Susumu Tohno, Yuichi Adachi, Kei Hamazaki, Hidekuni Inadera, Kazunari Onishi, Youichi Kurozawa, Takeo Nakayama: The effects of Asian dust for allergic symptoms may be partly attributed to PAH-quinone, secondarily formed on the dust surface - Observational study in 3 regions in Japan
Kumiko T Kanatani, Yuichi Adachi, Kei Hamazaki, Hidekuni Inadera, Kazunari Onishi, Youichi Kurozawa: The effect of Asian dust on infants’ nose, eyes and respiratory symptoms
Kazunari Onishi, Masanori Nojima, Tsuyoshi Thomas Sekiyama, Yasunori Kurosaki: Assessing health risks of exposure to Asian dust among healthy individuals
Yusuke Fujitani, Kazunari Onishi, Shinji Otani, Toshio Masumoto, Hiroki Amano, Tsuyoshi: The effect of Asian dust event and pollen daily symptoms on healthy subjects
Abir Majbauddin, Kazunari Onishi, Shinji Otani, Yasunori Kurosaki, Toshio Masumoto: Influence of the Asian Dust-Borne Air Pollutants and Heavy Metals on Healthy Subjects: An internet survey in Yonago, Japan
平成29年度鳥取大学乾燥地研究センター共同研究発表会.2017年12月2日~3日.鳥取
大西一成,黒崎泰典,野島正寛,弓本桂也,奥田知明,関山剛,福池晃,金谷久美子:黄砂・大気汚染物質濃度上昇イベントにおける健康影響評価

講演会・研修会 new

1月
山梨大学医学部 研究倫理講習会(平成28年度 第5回).2017年1月17日18:00-19:00.山梨大学医学部 臨床小講堂
山縣然太朗:改訂個人情報保護法に伴う医学系研究倫理指針の改正について
2月
山梨県地域歯科保健研修会.2017年2月2日13:30-16:15.かいてらす(甲府市)
山縣然太朗:健康格差からみた山梨県の歯科保健の課題~小児を中心に
乳幼児学校保健研修会(日本小児科医会主催).2017年2月11日.三井住友銀行東館ライジング・スクエア(東京都千代田区)
山縣然太朗:健やか親子21 第一次から浮かび上がってきた子育てに関連した課題
峡南保健所管内母子保健推進会議・研修会.2017年2月15日10:00-11:45.南巨摩合同庁舎
山縣然太朗:峡南地域の子どもの健康と、地域保健と学校保健の連携について
山梨大学医学部 臨床研究資格制度 臨床研究講習会(平成28年度 第10回).2017年2月22日17:30-19:00.山梨大学医学部臨床小講堂
山縣然太朗:「医学研究における研究デザインとその具体例」③バイアスはどう防ぐ?
母子保健研修((公財)山口県健康福祉財団 山口県健康づくりセンター).2017年2月24日13:30-15:30.山口県健康づくりセンター(山口市)
山縣然太朗:「健やか親子21」第2次を踏まえた母子保健活動のあり方
鹿児島大学_疫学研究の倫理に関するセミナー.2017年2月28日17:30-19:00.鹿児島大学医学部(鹿児島市)
山縣然太朗:個人情報保護法改訂に伴う人を対象とした医学系研究に関する倫理指針改正のポイント
3月
「個人情報保護法改正に伴う倫理指針改訂のポイント・留意点」に関する社内講演(大日本住友製薬).2017年3月2日10:30-11:30.大日本住友製薬株式会社 東京本社(東京都中央区)
山縣然太朗:個人情報保護法改正に伴う倫理指針改訂ポイント・留意点
全国医学部長病院長会議_医学研究倫理指針等説明会.2017年3月8日13:00-16:30.東京医科歯科大学(東京都文京区)
山縣然太朗:個人情報保護法改訂に伴う 「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」 改正により、現場で実施するポイント(講演③)
第22回外国人留学生等研究発表会.2017年3月16日13:30-17:00.山梨大学医学部キャンパス 臨床小講堂
黄梟山梨県高齢者における病院・診療所へのアクセスの時間とADL変化の関係
金沢医科大学病院_治験・臨床研究の倫理に関する教育研修会.2017年3月21日18:00-.同院(石川県河北郡内灘町)
山縣然太朗:改正 研究倫理指針のポイント
4月
山梨大学医学部 研究倫理講習会(平成29年度 第1回).2017年4月13日18:00-20:00.山梨大学医学部 臨床大講堂
山縣然太朗:人を対象とする医学系研究に関する倫理指針改正の概要と研究者がすべきこと
日本学術会議 臨床医学委員会.2017年4月14日12:00-13:00.日本学術会議
山縣然太朗:個人情報保護法改訂に伴う 人を対象とする医学系研究に関する 倫理指針改正の留意点/ 臨床研究法施行後の留意点
医療ビッグデータ・コンソーシアム 第2回予防医療・健康情報部会(日経メディカル開発).2017年4月25日13:30-16:00.海運クラブ(東京都千代田区)
山縣然太朗:医学系研究指針改正で何が変わるのか
6月
静岡市立静岡病院「医療倫理講演会」.2017年6月26日.同院(静岡県静岡市)
山縣然太朗:個人情報保護法改訂に伴う 人を対象とする医学系研究に関する 倫理指針改正の留意点/臨床研究法について
7月
平成29年度 山縣班研修会(主催:厚生労働省、運営事務局:日本家族計画協会).2017年7月10日.平和と労働センター・全労連会館(東京都文京区)
山縣然太朗:講義「地域特性に応じた母子保健計画の策定と取組の工夫~PDCAサイクルを効率的に進めるポイント~」
愛知医科大学特別講義.2017.年7月14日11:30-12:40.同大(愛知県長久手市)
山縣然太朗:ライフヘルスケアを支える疫学~研究と政策基盤としてのコホート研究~
平成29年度エコチル調査管理者研修.2017年7月20日.フクラシア浜松町(東京都港区)
山縣然太朗:エコチル調査の研究ガバナンス
平成29年度 山縣班研修会(主催:厚生労働省、運営事務局:日本家族計画協会).2017年7月21日.エル・おおさか(大阪府大阪市)
山縣然太朗:講義「地域特性に応じた母子保健計画の策定と取組の工夫~PDCAサイクルを効率的に進めるポイント~」
山梨大学医学部 臨床研究講習会(平成29年度 第2回).2017年7月25日17:30-18:30.山梨大学医学部 臨床小講堂
横道洋司:クリニカルクエッションの解決につながる解析手法の例
8月
平成29年度 健康科学大学 研究倫理研修会.2017年8月9日13:30-15:30.健康科学大学看護学部(都留キャンパス)
山縣然太朗:人を対象とする医学系研究に関する倫理指針改訂のポイント
9月
第1回峡南保健所管内愛育会長・班長研修会.2017年9月1日13:30-16:00.南巨摩合同庁舎(南巨摩郡富士川町)
山縣然太朗:山梨県の子どもの健康について、子どもの健やかな成長のため地域組織に期待されること
エコチル調査スタッフ研修(東京会場).2017年9月15日10:45-17:00.フクラシア東京ステーション(東京都千代田区)
山縣然太朗:エコチル調査の研究ガバナンス
平成29年度 第一回保健活動業務研修.2017年9月19日13:30-16:00.ウェルネス柏(千葉県柏市)
山縣然太朗:健やか親子21(第2次)とその評価
エコチル調査スタッフ研修(大阪会場).2017年9月20日10:45-17:00.TKPガーデンシティ大阪梅田(大阪府大阪市)
山縣然太朗:エコチル調査の研究ガバナンス
10月
船橋市保健所講演会.2017年10月13日15:00-17:00.船橋市保健福祉センター(千葉県船橋市)
山縣然太朗:健やか親子21(第2次)を踏まえた母子保健事業のあり方
医療ルネサンス 甲府フォーラム「百寿者に学ぶ健康長寿」.2017年10月25日13:00-15:30.山梨県立文学館(甲府市)
山縣然太朗:健康長寿のために(ディスカッション)
11月
日本小児保健協会_第33回小児保健セミナー.2017年11月12日10:00-16:10.エッサム神田ホール(東京都千代田区)
山縣然太朗:ライフコースヘルスケアから見た虐待防止-健やか親子21の重点課題-(講演および座長)
第22回福祉医療健康講座~山梨大学公開講座~すこやかに生きる.2017年11月23日13:00-15:30.山梨県立男女共同参画推進センター ぴゅあ富士(都留市)
山縣然太朗:ロコモティブシンドロームをご存じですか?~美しいエージングとは~(コーディネーター)
山梨大学医学部 臨床研究講習会(平成29年度 第4回).2017年11月24日17:30-18:30.山梨大学医学部 臨床小講堂
山縣然太朗:承認されない研究計画、倫理申請の例
12月
研究倫理指針研究会(日本赤十字秋田看護大学).2017年12月1日16:30-18;00.日本赤十字秋田看護大学
山縣然太朗:研究倫理指針改訂と個人情報保護

その他(受賞・新聞記事等) new

山縣然太朗:平成31年4月甲府市が保健所を設置します(山縣委員長から樋口資料に提言書を提出).広報 こうふ(732)8頁.2017.1
横道洋司:スタチンはがん死亡リスクを下げるか~日本のコホート研究.ケアネット(2017.2.22)記事
横道洋司:スタチンでがん死亡リスク低下の可能性 4万例超の国内多施設コホート研究.Medical Tribune ウェブ(学会レポート 2017.02.28)記事
山縣然太朗:大人はどうすればいいのか<公衆衛生学の視点から>(日本小児連絡協議会主催 パネルディスカッション
「スマホ時代を賢く生きる 困っていませんか!?子どものスマホ」から).よぼう医学 第516号.2017.2
大西一成:肺洗浄と山梨県の大気汚染の特徴<第9回 山梨大学医学部大西准教授の環境医学ニュースの読み方.BBSラジオ「午後はドキドキ!」(2017.1.25(水)14:20~)
大西一成:モンゴルの大気汚染事情変化<第10回 山梨大学医学部大西准教授の環境医学ニュースの読み方.BBSラジオ「午後はドキドキ!」(2017.2.22(水)14:20~)
大西一成:花粉症と空気清浄機<第11回 山梨大学医学部大西准教授の環境医学ニュースの読み方.BBSラジオ「午後はドキドキ!」(2017.3.22(水)14:20~)
山縣然太朗:年頭座談会「子どもの健やかな育ちを社会全体で支える」(柳澤正義,神ノ田昌博,高橋孝雄,山縣然太朗,笹木葉子).月刊 母子保健 第693号(2017年1月号) 記事
山縣然太朗:「健康長寿日本一」になった山梨県の取り組みと県民性(取材).ヘルシスト 41(1)(通巻241号).2017.1
山縣然太朗:子どもの健康とICT(スマートフォン・タブレット端末など)(平成27年度研修会報告).神奈川県医師会 学校医部会報 31:12-15.2017.3
山縣然太朗:子ども5000人 健康追跡30年 甲州市と山梨大 妊娠中から母子調査.朝日新聞(2017.4.21)記事
山縣然太朗:健康長寿へ五つの柱 県包括ケア推進協 次期プラン骨子案提示.山梨日日新聞(2017.8.2)記事
山縣然太朗:健康長寿に関する取材(ピッピと学ぶ長生き検定 今すぐ実践!3つの健康スイッチを大公開).広島テレビ(2017.6.3 OA)
山縣然太朗:第6回エコチル調査シンポジウム開催.エコチル調査だより Vol.12.2017.8
山縣然太朗:笛吹市と包括的連携協定を締結.山梨大学ホームページ>トピックス(2017.8.25)記事
山縣然太朗:雑穀食 高い栄養価 山間地 かつての主食.読売新聞(2017.10.8)記事
山縣然太朗:長寿の秘訣に興味津々 医療ルネサンス甲府フォーラム 百寿者は好奇心旺盛.読売新聞(2017.10.26)記事
山縣然太朗:100歳以上の高齢者に学ぶ健康長寿 医療ルネサンス甲府フォーラム.読売新聞(2017.11.29)記事
山縣然太朗:長寿県に学べ!健康習慣の県民性(特集 敬老の日).週刊朝日(9月22日号)記事
山縣然太朗:うどん県の悩みは「糖尿病」の死亡率 健康寿命“県民性”で明確.AERA dot(2017.9.19)記事
山縣然太朗:子どもの心の健康:起立性調節障害(OD)をご存じですか。.甲州市 健康新聞 第6刊(甲州市健康づくり推進協議会).2017.10
大西一成:テレビ朝日 林修の今でしょ! 講座 2時間スペシャル 「カビ・ダニ・PM2.5」の撃退法を学ぶ対策SP!!(2017.6.13放送)
大西一成:インド大気汚染の深刻化の日本への影響.フジテレビ グッディ(2017.11.21放送)
大西一成:マスクの正しいつけ方.TBSテレビ 健康カプセル ゲンキの時間(2017.3.19放送)
大西一成:日本の黄砂の健康影響.テレビ朝日 サンデーステーション(2017.5.14放送)
大西一成:アジア諸国の大気汚染<第12回 山梨大学医学部大西准教授の環境医学ニュースの読み方.BBSラジオ「午後はドキドキ!」(2017.4.25(水)14:20~)
大西一成:肌と大気汚染<第13回 山梨大学医学部大西准教授の環境医学ニュースの読み方.BBSラジオ「午後はドキドキ!」(2017.6.28(水)14:20~)
大西一成:異常気象とPM2.5<第14回 山梨大学医学部大西准教授の環境医学ニュースの読み方.BBSラジオ「午後はドキドキ!」(2017.8.23(水)14:20~)
大西一成:黄砂で心筋梗塞のリスク?<第15回 山梨大学医学部大西准教授の環境医学ニュースの読み方.BBSラジオ「午後はドキドキ!」(2017.9.20(水)14:20~)
大西一成:鳥が語る大気汚染<第16回 山梨大学医学部大西准教授の環境医学ニュースの読み方.BBSラジオ「午後はドキドキ!」(2017.10.25(水)14:20~)
大西一成:インド大気汚染の日本への影響は?<第17回 山梨大学医学部大西准教授の環境医学ニュースの読み方.BBSラジオ「午後はドキドキ!」(2017.11.22(水)14:20~)
大西一成:ラニーニャ現象の日本への影響は?<第18回 山梨大学医学部大西准教授の環境医学ニュースの読み方.BBSラジオ「午後はドキドキ!」(2017.12.27(水)14:20~)

前のページに戻る