PAGE TOP

国立大学法人

山梨大学大学院総合研究部医学域 社会医学講座

社会医学講座 | 山梨大学医学部

Department of Health Sciences,Basic Science for Clinical Medicine,
Division of Medicine, Graduate School Department of Interdisciplinary Research,
University of Yamanashi

おしらせ

2019年の業績を追加しました      2019.7.4

Journal Club 通信を更新しました     2019.7.1

2019年の業績を追加しました      2019.6.18

2018年の業績2019年の業績を追加しました      2019.4.19

教室員の紹介大学院生・研究生の紹介を更新しました     2019.4.15

Journal Club 通信を更新しました     2019.3.27

Journal Club 通信を更新しました     2019.3.25

Journal Club 通信を更新しました     2019.3.5


以前の更新情報はこちらから

Journal Club 通信

ジャーナルクラブは疫学論文のCritical Reviewを行う会です
毎週水曜日午後6時~7時 本講座で開催
このコーナーでは毎週のクラブの報告をいたします

2019年6月19日    担当:田中

Child mortality in England compared with Sweden: a birth cohort study
~ スウェーデンと比較したイギリスの子どもの死亡率:出生コホート研究 ~
出典: Lancet 2018; 391: 2008–18
著者: Ania Zylbersztejn, Ruth Gilbert, Anders Hjern, Linda Wijlaars, Pia Hardelid
<論文の要約>
【背景】
イギリスにおける乳幼児死亡率はスウェーデンと比較すると2倍高い。不利な出生時の特徴と社会経済的要因がこの違いを説明する程度を明らかにすることを目的とした。

【方法】
2003年1月1日から2012年12月31日までに単胎で出生したコホートをイギリスの診療記録とスウェーデンの出生記録を入院記録と死亡記録とでリンクさせた全国統計を使用した。我々はアウトカムとして日齢2~27、日齢28~364、1~4年の死亡原因を分析した。我々は、3つの年齢層のすべてにおいてスウェーデンと比較したイギリスのハザード比を推定するためにコックス比例ハザード回帰モデルを当てはめた。モデルは、出生特徴(在胎週数、出生体重、性別、先天異常)、社会経済要因(母の年齢と社会経済的地位)で調整した。

【結果】
イギリスのコホートは3,932,886の出生と11,392の死亡、スウェーデンのコホートでは1,013,360の出生と1,927の死亡を含んだ。調整前のイギリスとスウェーデンを比較したハザード比は、日齢2~27が1.66(95%CI:1.53~1.81)、日齢28~364が1.59(95%CI:1.47~1.71)、1~4年が1.27(95%CI:1.15~1.40)であった。日齢2~27におけるイギリスの死亡の過剰リスクは、77%が出生特徴によって、3%は社会経済的要因によって説明された。日齢28~364では68%が出生特徴によって、11%は社会経済的要因によって説明された。1~4年では調整後も両国間で有意差は認められなかった。

【解釈】
スウェーデンと比較したイギリスの過剰な子どもの死亡率は、イギリスにおける出生時の好ましくない特徴が大きく影響していることが示された。社会経済的要因は、不利な出生特徴と生後1ヵ月以降の死亡率上昇との関連性を通じてこれらの違いに寄与した。イギリスでの子どもの死亡率を減少させるための政策は妊娠前と妊娠中の女性の健康を改善し、社会経済的不利益を減少させることによって不利な出生特徴の減少に最も大きな影響を与える可能性がある。



<ジャーナルクラブでのディスカッション>
    ■他国間のデータベースは異なる部分も多く、比較することはなかなか難しいことだと思われる。限界はあるものの、異なる2国の国内データベースを使用し比較した方法は、大変参考になる方法を学ぶことができた。
    ■限界で述べられているが、本研究では民族についての情報がなかった。移民が多い国であり民族によって様々な背景が異なると考えられることから、母親の特徴についても、妊娠前、妊娠中の健康状態が異なるかもしれない。今回は情報がなく不明であるが、民族も考慮した結果を知りたいと思った。
    ■限界で述べられているが、社会経済的指標がイギリスでは地域レベルである一方で、スウェーデンでは収入による個人レベルであり、両国で異なっている。今回の結果では、社会経済的要因と乳幼児死亡率との関連が明らかになった。イギリスでは11%、スウェーデンでは3%が社会経済的要因によって説明されたが、その寄与する意味はもしかしたら少し異なる可能性が考えられる。

最近のジャーナルクラブ通信

2019.6.19 Child mortality in England compared with Sweden: a birth cohort study
スウェーデンと比較したイギリスの子どもの死亡率:出生コホート研究 ~
2019.6.12 Effect of Doxepin Mouthwash or Diphenhydramine-Lidocaine-Antacid Mouthwash vs Placebo on Radiotherapy-Related Oral Mucositis Pain
The Alliance A221304 Randomized Clinical Trial
~ 放射線療法に関連した口腔粘膜炎の疼痛に対するドキセピン洗口剤またはジフェンヒドラミン-リドカイン-制酸剤洗口剤対プラセボの効果:Alliance A221304無作為化臨床試験 ~
2019.3.20 Plasma tea catechins and risk of cardiovascular disease in middle-aged Japanese subjects: The JPHC study
~ 中年日本人被験者における血漿茶カテキンと心血管疾患のリスク:JPHC研究 ~
2019.3.13 Alcohol use and burden for 195 countries and territories,1990-2016:a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study2016
~ 195ヵ国におけるアルコール摂取と負担1990~2016:世界の疾病負担研究(Global Burden of Disease Study)2016に関する系統的解析 ~
2019.2.27 Low bone mineral density in elite female athlete with a history of secondary amenorrhea in their teens
~ 10代での続発性無月経歴があるエリート女性アスリートの低い骨密度 ~

Last Update: 2019.7.4

第27回日本疫学会学術総会のホームページへ エコチル調査のホームページへ エコチルやまなしのホームページへ 出生コホート研究センターのホームページへ