PAGE TOP

国立大学法人

山梨大学大学院総合研究部医学域 社会医学講座

社会医学講座 | 山梨大学医学部

Department of Health Sciences,Basic Science for Clinical Medicine,
Division of Medicine, Graduate School Department of Interdisciplinary Research,
University of Yamanashi

おしらせ

2021年の業績を追加しました     2021.11.17

Journal Club 通信を更新しました     2021.11.17

2021年の業績を追加しました     2021.11.9

2021年の業績を追加しました     2021.11.2

Journal Club 通信を更新しました     2021.10.27


以前の更新情報はこちらから

Journal Club 通信

ジャーナルクラブは疫学論文のCritical Reviewを行う会です
毎週水曜日午後6時~7時 本講座で開催
このコーナーでは毎週のクラブの報告をいたします

2021年11月10日    担当:島村

Air pollution and IgE sensitization in 4 European birth cohorts—the MeDALL project
~ ヨーロッパの4つの出生コホートにおける大気汚染とIgE感作— MeDALLプロジェクト ~
出典: J Allergy Clin Immunol 2021; 147: 713 -22
著者: Erik Melen, MD, PhD, Marie Standl, PhD, Ulrike Gehring, PhD, Hicran Altug, PhD, Josep Maria Anto, MD, PhD, Dietrich Berdel, MD, Anna Bergstr€om, PhD, Jean Bousquet, MD, PhD, Joachim Heinrich, PhD, Gerard H. Koppelman, MD, PhD, Inger Kull, PhD, Christian Lupinek, MD, Iana Markevych, PhD, Tamara Schikowski, PhD, Elisabeth Thiering, PhD, Rudolf Valenta, MD, Marianne van Hage, MD, PhD, Andrea von Berg, MD, Judith M. Vonk, PhD, Magnus Wickman, MD, PhD, Alet Wijga, PhD, and Olena Gruzieva, MD, PhD
<論文の要約>

【背景】
大気汚染への長期曝露がアレルギー感作に影響を与えるかどうかは以前から議論されている。

【目的】
出生時およびその後の検体採取時の大気汚染への曝露と、16歳までの小児における一般的な食品および吸入アレルゲン、または特定のアレルゲンに対するIgE感作との関連を調査する。

【方法】
4つのヨーロッパの出生コホートから合計6163人の小児がMeDALL(アレルギー発症メカニズム)プロジェクトに参加した。以下の指標はLand Use Regression(LUR)モデルを使用して推定した。
・空気力学的直径が2.5mm未満(PM2.5)、10mm未満(PM10)、および2.5~10mm(PM2.5-10)の粒子状物質の屋外レベル
・PM2.5吸光度(PM2.5フィルターの黒さ(汚れ具合)の測定)
・窒素酸化物レベル
4~6歳(n=5989)、8~10歳(n=6603)、および15~16歳(n=5825)で採取された血液サンプルをImmunoCAP法によってアレルゲン抽出物に対するIgE感作を分析した。さらに、MeDALLマイクロアレイチップ(n=1021)を使用して、132個のアレルゲン分子に対するIgEを測定した。

【結果】
大気汚染は、16歳までの(1つ以上の)一般的なアレルゲン抽出物に対するIgE感作と一貫した関連はなかった。ただしアレルゲンごとの分析では、カバノキに対する感作リスクの増加が示唆された(NO2曝露の10mg/m3増加あたりのオッズ比[OR]1.12[95%信頼区間1.01-1.25])。マイクロアレイデータのサブ集団では、チモシー(オオアワガエリ)の主要抗原Phleum pratense1(Phlp1)および猫アレルゲンFelis domesticus1(Feld1)に対するIgEが3.5 ISU-E以上の小児と出生時のPM2.5曝露の間に関連があった(曝露の5mg/m3増加あたりそれぞれ、チモシーOR 3.33[95%信頼区間1.40-7.94]および猫OR 4.98[95%信頼区間1.59-15.60])。

【結論】
大気汚染への曝露は、アレルギー感作の全体的なリスクを高めないようである。ただし、カバノキ、草花粉Phlp1および猫Feld1アレルゲン分子に対する感作は、特定の汚染物質に関連している可能性がある。

<ジャーナルクラブでのディスカッション>
    ■研究対象集団に関して、Figure2のフォレストプロットからはBAMSEコホートが他コホートとは異なる傾向を示しているため、研究間の異質性が高くなりメタアナリシスで有意な結果が出にくくなっていると推測された。これは、BAMSEコホートの行われたスウェーデンと、他のドイツ・オランダが地理的に離れていることで大気汚染物質濃度に差異があることが一因と推測された。
    ■大気汚染曝露を受けた年齢とバイオサンプリングのタイミングについて、それぞれ出生時・4-6歳・8-10歳・15-16歳のデータを使用して層別解析をすることによって、より詳細に大気汚染曝露の影響を分析できる可能性が考えられる。
    ■IgE値のカットオフの設定が> 0.35kUA/L(クラス1以上)と低く、偽陽性を拾いアウトカムが過大評価になる可能性がある。この問題について本研究では、より高いカットオフ値(≥ 0.70kUA/ Lおよび≥ 3.5kUA/ L)を設定し感度分析を行っており、結果に影響を与えなかったと説明されている。

最近のジャーナルクラブ通信

2021.11.10 Air pollution and IgE sensitization in 4 European birth cohorts—the MeDALL project
~ヨーロッパの4つの出生コホートにおける大気汚染とIgE感作— MeDALLプロジェクト~
2021.10.20 Social isolation and its psychosocial factors in mild lockdown for the COVID-19 pandemic:
a cross-sectional survey of the Japanese population
~COVID-19パンデミック時の自粛生活における社会的孤立とその心理社会的要因:日本人を対象とした横断的調査~
2021.10.6 Associations of specific types of sports and exercise with all-cause and cardiovascular-disease
mortality: a cohort study of 80 306 British adults
~特定の種類のスポーツや運動と全死因および心血管疾患因性の死亡率との関係:英国成人80,306人におけるコホートスタディ~
2021.9.22 Smoking, physical inactivity and obesity as predictors of healthy and disease-free life expectancy
between ages 50 and 75: a multicohort study
2021.9.8 Parental education and cancer mortality in children, adolescents, and young adults: A case-cohort
study within the 2011 Italian census cohort

Last Update: 2021.11.17

第27回日本疫学会学術総会のホームページへ エコチル調査のホームページへ エコチルやまなしのホームページへ 出生コホート研究センターのホームページへ