PAGE TOP

国立大学法人

山梨大学大学院総合研究部医学域 社会医学講座

社会医学講座 | 山梨大学医学部

Department of Health Sciences,Basic Science for Clinical Medicine,
Division of Medicine, Graduate School Department of Interdisciplinary Research,
University of Yamanashi

おしらせ

2016年の業績を更新しました      2016.8.2

2015年の業績を更新しました      2016.8.2

Journal Club 通信を更新しました      2016.7.19

教室員の紹介、大西特任准教授の紹介を追加しました      2016.7.12

Journal Club 通信を更新しました      2016.7.12

2016年の業績を更新しました      2016.7.12

Journal Club 通信を更新しました      2016.6.29

English Profileを更新しました      2016.6.20

教室員の紹介、針谷助教の紹介を追加しました      2016.6.20

教室員の紹介、三宅講師の紹介を追加しました      2016.6.17

教室員の紹介、秋山助教の紹介を追加しました      2016.6.17

教室員の紹介、横道准教授の業績を更新しました      2016.6.13

Journal Club 通信を更新しました      2016.6.6

教室員の紹介を更新しました      2016.6.1

Journal Club 通信を更新しました      2016.5.27

講座の沿革を更新しました      2016.5.25

教室員の紹介を更新しました      2016.5.25

2011年の業績を追加しました      2016.5.11

2013年の業績を追加しました      2016.5.11

教室員の紹介を更新しました      2016.5.2

教室員の紹介、横道助教の業績を更新しました      2016.4.13

教室の方針を更新しました      2016.4.11

研究内容を更新しました      2016.4.11

講義内容を更新しました      2016.4.11

教室員の紹介を更新しました      2016.4.11

大学院生・研究生の紹介を更新しました      2016.4.11

講座の沿革を更新しました      2016.4.11

Journal Club 通信を更新しました      2016.4.11

Journal Club 通信を更新しました      2016.4.7

リンクのページに、第27回日本疫学会学術総会を追加しました      2016.2.3


以前の更新情報はこちらから

Journal Club 通信

ジャーナルクラブは疫学論文のCritical Reviewを行なう会です
毎週水曜日午後6時~7時 本講座で開催
このコーナーでは毎週のクラブの報告をいたします

2016年7月13日    担当:溝呂木

Cardiovascular safety of metylphenidate among children and young people with attention-deficit/hyperactivity disorder(ADHD): nationwide self controlled case series study
~ 注意欠陥多動性障害(ADHD)の小児と若者におけるメチルフェニデートの心血管安全性:全国自己対照ケースシリーズ研究 ~
出典: BMJ 2016 May 31 ;353:i2550
著者: Ju-Young Shin, Elizabeth E Roughead, Byung-Joo Park, Nicole l Pratt
<論文の要約>
【目的】
ADHDの小児と若者におけるメチルフェニデート治療が心血管イベントと関連するかを調査すること

【研究デザイン】
自己対照ケースシリーズ解析

【【セッティング】
韓国の2008年1月1日から2011年12月31日の国民健康保険データベース

【参加者】
心血管イベントを経験し、メチルフェニデートの処方を少なくとも1回は受けた17歳以下の1224人

【主要アウトカム】
次の心血管イベントの診断された記録(一次か二次かどちらか):不整脈(ICD-10コード I44,45,47,48,49)、高血圧(I10-15)、心筋梗塞(I21)、脳卒中(I63)、心不全(I50)。罹患率比は条件付きポワソン回帰で計算し、時間依存性の併存症と併用薬で調整した。

【結果】
不整脈のリスクの増加が全暴露期間、つまりメチルフェニデート治療期間で観察され(罹患率比1.61、95%信頼区間1.48‐1.74)、このリスクは先天性心疾患の児において高かった。心筋梗塞のリスクは有意ではなかった(1.33、0.90‐1.98)けれども、メチルフェニデート治療開始後8-56日の早期のリスクは高かった。高血圧、脳卒中、心不全では有意なリスク増加は観察されなかった。

【結論】
心筋梗塞と不整脈の相対危険は、ADHDの小児と若者において、メチルフェニデート治療の開始早期に増加した。けれども、絶対リスクは低く、特に軽度のADHD児においては、メチルフェニデートのリスクとベネフィットのバランスが注意深く考慮されるべきである。


<ジャーナルクラブでのディスカッション>
■自己対照ケースシリーズという手法(ロスマンの症例クロスオーバー研究と同義)は、交絡が制御できる魅力的なデザインだと思われる。本文中にはこのデザインの強みが多くあげられており、限界が記載されていない。しかし、同一個人がコントロールであるため、対照とケースの時点の影響を受けることが限界だろう。

■時間依存性交絡として、年齢、併存症および併用薬を投入したモデルとの記載があるが、どのように行ったのかは述べられていない。具体的な方法を記載したほうがよいと思う。

■処方日と処方日数から曝露期間が計算されているため、実際の内服状況が厳密に反映されているわけではない。しかし、デザインからは過小評価と考えられるので、結果解釈への影響は少ないと考えられる。


最近のジャーナルクラブ通信

2016.6.29 A Trial of Calcium and Vitamin D for the Prevention of Colorectal Adenomas
~ 大腸腺腫予防のためのカルシウムとビタミンDの試験 ~
2016.6.29 A Trial of Calcium and Vitamin D for the Prevention of Colorectal Adenomas
~ 大腸腺腫予防のためのカルシウムとビタミンDの試験 ~
2016.6.22 Association Between Rotating Night Shift Work and Risk of Coronary Heart Disease Among Women
~ 女性における、夜勤と冠動脈性心疾患の関連 ~
2016.6.8 Weight change between successive pregnancies and risks of stillbirth and infant mortality: a nationwide cohort study
~ 連続した妊娠の間の体重変化と死産及び幼児死亡率のリスク:全国調査によるコホート研究 ~
2016.6.1 Benzodiazepine use and risk of incident dementia or cognitive decline: prospective population based study
~ ベンゾジアゼピンの使用と認知症または認知機能低下のリスクについて:前向きの地域住民をベースにした研究~
2016.6.29 A Trial of Calcium and Vitamin D for the Prevention of Colorectal Adenomas
~ 大腸腺腫予防のためのカルシウムとビタミンDの試験 ~

Last Update: 2016.8.2

第27回日本疫学会学術総会のホームページへ エコチル調査のホームページへ エコチルやまなしのホームページへ 出生コホート研究センターのホームページへ