PAGE TOP

国立大学法人

山梨大学大学院総合研究部医学域 社会医学講座

社会医学講座 | 山梨大学医学部

Department of Health Sciences,Basic Science for Clinical Medicine,
Division of Medicine, Graduate School Department of Interdisciplinary Research,
University of Yamanashi

おしらせ

Journal Club 通信を更新しました      2016.12.20

2016年の業績を更新しました      2016.8.2

2015年の業績を更新しました      2016.8.2

Journal Club 通信を更新しました      2016.7.19

教室員の紹介、大西特任准教授の紹介を追加しました      2016.7.12

Journal Club 通信を更新しました      2016.7.12

2016年の業績を更新しました      2016.7.12

Journal Club 通信を更新しました      2016.6.29

English Profileを更新しました      2016.6.20

教室員の紹介、針谷助教の紹介を追加しました      2016.6.20

教室員の紹介、三宅講師の紹介を追加しました      2016.6.17

教室員の紹介、秋山助教の紹介を追加しました      2016.6.17

教室員の紹介、横道准教授の業績を更新しました      2016.6.13

Journal Club 通信を更新しました      2016.6.6

教室員の紹介を更新しました      2016.6.1

Journal Club 通信を更新しました      2016.5.27

講座の沿革を更新しました      2016.5.25

教室員の紹介を更新しました      2016.5.25

2011年の業績を追加しました      2016.5.11

2013年の業績を追加しました      2016.5.11

教室員の紹介を更新しました      2016.5.2

教室員の紹介、横道助教の業績を更新しました      2016.4.13

教室の方針を更新しました      2016.4.11

研究内容を更新しました      2016.4.11

講義内容を更新しました      2016.4.11

教室員の紹介を更新しました      2016.4.11

大学院生・研究生の紹介を更新しました      2016.4.11

講座の沿革を更新しました      2016.4.11

Journal Club 通信を更新しました      2016.4.11

Journal Club 通信を更新しました      2016.4.7

リンクのページに、第27回日本疫学会学術総会を追加しました      2016.2.3


以前の更新情報はこちらから

Journal Club 通信

ジャーナルクラブは疫学論文のCritical Reviewを行なう会です
毎週水曜日午後6時~7時 本講座で開催
このコーナーでは毎週のクラブの報告をいたします

2016年11月16日    担当:小村

Enrique Regidor, Fernando Vallejo, José A Tapia Granados, Francisco J Viciana-Fernández, Luis de la Fuente, Gregorio Barrio
~ 社会経済的集団ごとにみた、スペインの経済危機の間の死亡率の変化:3600万人のコホート研究 ~
出典: THE LANCET Available online 13 October 2016 In Press
著者: Enrique Regidor, Fernando Vallejo, José A Tapia Granados, Francisco J Viciana-Fernández, Luis de la Fuente, Gregorio Barrio
<論文の要約>
【背景】
マクロ経済の変動が各社会経済的集団の死亡率に与える影響についての研究は、あまりなく、それらの結果もまちまちである。大恐慌中とその前とで、スペインの異なる社会経済的集団の死亡率の傾向を分析して、各集団内での変化を定量化した。

【方法】
2001年の国勢調査のデータを用いて、全国規模の前向き研究を行った。2001年11月1日にスペインに住んでいたすべての人が2011年12月31日まで追跡された。経済危機前の2004年から2007年までの4年間と経済危機中である2008年から2011年までの4年間の各暦年において10歳以上74歳以下であり、2001年に生存している35,951,354人が含まれ、それらの人の全死因死亡率と死因別死亡率を分析した。二種類の世帯の裕福さの指標を用いて、個々人を、低・中・高、に分類した。その指標とは、家の床面積(<72m2, 72-104 m2, >104 m2)と、自宅に住む人が所有している車の数(0台, 1台, 2台以上)である。ポアソン回帰を用いて、経済危機前の2004-2007年と経済危機中である2008-2011年における、社会経済的集団ごとの死亡率の年間のパーセント減少量(以下、APR)を算出し、同様にエフェクトサイズも、経済危機前後のAPRの差を用いて測定した。

【結果】
個々人を家の床面積で分類した場合、3つの社会経済的集団における全死因死亡率の年間減少量は、2004-2007年においては、低集団で1.7%(95%CI 1.2-2.1)、中集団で1.7%(1.3-2.1)、高集団で2.0%(1.4-2.5)であり、2008-2011年においては、低集団で3.0%(2.5-3.5)、中集団では2.8%(2.5-3.2)、高集団では2.1%(1.6-2.7)であった。所有している車の数で分類した場合、全死因死亡率は、2004-2007年においては、低集団で0.3%(-0.1-0.8)、中集団で1.6%(1.2-2.0)、高集団で2.2%(1.6-2.8)であり、2008-2011年においては、低集団で2.3%(1.8-2.8)、中集団で2.4%(2.0-2.7)、高集団で2.5%(1.9-3.0)であった。どちらの富の指標を使っても、低社会経済的集団において、エフェクトサイズが最大となった。

【解釈】
スペインにおいては、おそらくはリスクファクターへの曝露が減少したために、経済危機の前よりも経済危機中において全死因死亡率がより減少し、特に低社会経済的集団でそうであった。


<ジャーナルクラブでのディスカッション>
◆研究対象者を74歳までとした理由が述べられていないので、説明したほうがよいのではないか。

◆Wealth Indicatorに関して、どういった理由から今回のように3分割したのかが論文からは読み取れない。また、これらのIndicatorは地域、家族構成によって意味合いが異なってくるので、必ずしも社会経済的状況を正しく表しているとは限らないと思う。

◆Table2, 3では、全死因死亡率のAPRと死因別死亡率のAPRの推移が、Table4では性別と年齢で層化したAPRの推移が、各Wealth Indicator別に示されている。検定を沢山行っているのでP値を調整すべきであると思う。

◆がんによる死亡率が経済危機中において緩やかであった理由については、がん治療の多くは高額であるため、医療費による影響についても議論した方がよいと思う。また医療へのアクセスのし易さもこれに関連する議論になるだろう。

◆経済危機中の死亡率の変化をみているとあるが、この期間中にあらゆる変化が同時に起こっており、何が原因となって、このような結果となったかは明確にはなっていない。しかし、多くの信頼性の高い引用文献を用いて議論していることが、解釈の説得力を強めていると感じた。


最近のジャーナルクラブ通信

2016.11.16 Enrique Regidor, Fernando Vallejo, José A Tapia Granados, Francisco J Viciana-Fernández, Luis de la Fuente, Gregorio Barrio
~ 社会経済的集団ごとにみた、スペインの経済危機の間の死亡率の変化:3600万人のコホート研究 ~
2016.11.2 Secondhand smoke and incidence of dental caries in deciduous teeth among children in Japan: population based retrospective cohort study
~ 日本の子どもにおける2次喫煙と乳歯う蝕の発生との関係:集団後ろ向きコホート研究 ~
2016.10.12 A Randomized Trial of Low-Cost Mesh in Groin Hernia Repair
~ 鼠径ヘルニアの修復における低コストメッシュのランダム化試験 ~
2016.10.05 Fresh fruit consumption and major cardiovascular disease in China
~ 中国での新鮮な果物の摂取と重大な心血管疾患との関連 ~
2016.9.14 Association of pediatric dental caries with passive smoking
~ 受動喫煙と小児の齲蝕との関係 ~
2016.09.07 Effect of multidimensional lifestyle intervention on fitness and adiposity in predominantly migrant preschool children (Ballabeina): cluster randomised controlled trial
~ 移民を中心とした就学前の子どもの運動能力と肥満への多面的なライフスタイル介入の効果(Ballabeina):クラスターランダム化比較試験 ~

Last Update: 2016.8.2

第27回日本疫学会学術総会のホームページへ エコチル調査のホームページへ エコチルやまなしのホームページへ 出生コホート研究センターのホームページへ