PAGE TOP

国立大学法人

山梨大学大学院総合研究部医学域 社会医学講座

社会医学講座 | 山梨大学医学部

Department of Health Sciences,Basic Science for Clinical Medicine,
Division of Medicine, Graduate School Department of Interdisciplinary Research,
University of Yamanashi

おしらせ

Journal Club 通信を更新しました      2017.3.1

Journal Club 通信を更新しました      2017.2.22

Journal Club 通信を更新しました      2017.2.16

Journal Club 通信を更新しました      2016.12.20

2016年の業績を更新しました      2016.8.2

2015年の業績を更新しました      2016.8.2

Journal Club 通信を更新しました      2016.7.19

教室員の紹介、大西特任准教授の紹介を追加しました      2016.7.12

Journal Club 通信を更新しました      2016.7.12

2016年の業績を更新しました      2016.7.12

Journal Club 通信を更新しました      2016.6.29

English Profileを更新しました      2016.6.20

教室員の紹介、針谷助教の紹介を追加しました      2016.6.20

教室員の紹介、三宅講師の紹介を追加しました      2016.6.17

教室員の紹介、秋山助教の紹介を追加しました      2016.6.17

教室員の紹介、横道准教授の業績を更新しました      2016.6.13

Journal Club 通信を更新しました      2016.6.6

教室員の紹介を更新しました      2016.6.1

Journal Club 通信を更新しました      2016.5.27

講座の沿革を更新しました      2016.5.25

教室員の紹介を更新しました      2016.5.25

2011年の業績を追加しました      2016.5.11

2013年の業績を追加しました      2016.5.11

教室員の紹介を更新しました      2016.5.2

教室員の紹介、横道助教の業績を更新しました      2016.4.13

教室の方針を更新しました      2016.4.11

研究内容を更新しました      2016.4.11

講義内容を更新しました      2016.4.11

教室員の紹介を更新しました      2016.4.11

大学院生・研究生の紹介を更新しました      2016.4.11

講座の沿革を更新しました      2016.4.11

Journal Club 通信を更新しました      2016.4.11

Journal Club 通信を更新しました      2016.4.7

リンクのページに、第27回日本疫学会学術総会を追加しました      2016.2.3


以前の更新情報はこちらから

Journal Club 通信

ジャーナルクラブは疫学論文のCritical Reviewを行う会です
毎週水曜日午後6時~7時 本講座で開催
このコーナーでは毎週のクラブの報告をいたします

2017年3月1日    担当:田中

Association between breastfeeding and intelligence, educational attainment, and income at 30
years of age: a prospective birth cohort study from Brazil
~ 母乳哺育と知能、学歴、30歳時の収入の関連:ブラジルの前向き出生コホート研究 ~
出典: Lancet Glob Hearth 2015:3:e199-205
著者: CesarG Victoria, Bernardo Lessa Horta, Chrisian Loret de Mola, Luciana QuevedoTavaresPinheiro, Denise P Gigante, Helen Goncalvas, Fernando C Barros
<論文の要約>
【背景】
母乳哺育の短期的な恩恵は明確になっているが、長期的な人的資本との因果関係については未だ確立されていない。我々は母乳を与えられた期間と知能指数 (IQ)、学歴、30歳時の収入の関連を評価するため、母乳哺育の社会的なバイアスが強くないような設定の下、研究を実施した。

【デザイン】
前向き出生コホート研究

【セッティング】
1982年から前向きに、ブラジルのペロタスで新生児を対象とした人口ベースの出生コホート研究を実施した。母乳哺育に関する情報は幼児期に収集した。30歳時点でのIQ (ウェクスラー成人知能検査Ⅲ)、学歴、収入について調査した。解析は10の交絡変数で調整した線形モデルとG-formulaによった。

【対象者】
ブラジルのペロタスで出生した新生児

【結果】
2012年6月4日から2013年2月28日までに組み入れられた新生児の5914人のうち、3493人からIQと母乳を与えられた期間に関する情報を収集した。粗解析及び多変量解析からは、母乳を与えられた期間と母乳以外のものを与えられた時期とIQ、学歴、収入には正の関連があった。母乳を与えられた期間とIQ、学歴の間に用量反応性が存在することが確認された。交絡調整後の解析からは、12ヶ月以上の期間母乳で育てられた者は、1ヶ月未満の期間母乳で育てられた者に比較してIQが高く (3.76ポイント, 95%信頼区間: 2.20–5.33)、学歴が長く (0.9年, 95%信頼区間: 0.42–1.40)、月収が多かった (341.0 Brazilian reals, 95%信頼区間: 93.8–588.3)。mediation analysisよれば、収入の72%がIQに起因することが示唆された。

【結論】
母乳哺育は、30年後の知能テスト成績の向上と関連していた。母乳哺育は現実社会で学歴や成人期の収入を増加させるような重要な効果があるかもしれない。


<ジャーナルクラブでのディスカッション>
■母集団をブラジルの市街地で出生した者と設定しているため、人種(アジア系)、貧困地域に居住する者を含んでいないと考えられる。このため、ブラジルにおける母乳哺育とIQ、学歴、収入の関係を他のブラジル人や他の国の人に外挿するには限界があるだろう。

■出生時の家計収入が多いほど30歳時点のIQが高いことが示されている。そのことに関する考察が欲しい。

■成人期のIQを決定する要因の多くは、遺伝や生育環境であると言われている。この研究は両親のIQを考慮しておらず、母乳哺育期間と30歳時点のIQに本当に関連があるかどうかが分からない。


最近のジャーナルクラブ通信

2017.3.1 Association between breastfeeding and intelligence, educational attainment, and income at 30 years of age: a prospective birth cohort study from Brazil
~ 母乳哺育と知能、学歴、30歳時の収入の関連:ブラジルの前向き出生コホート研究 ~
2017.2.22 Passive Smoke Exposure as a Risk Factor for Oral Clefts—A Large International Population-Based
Study
~ オーラルクレフト(口唇口蓋裂)のリスク因子としての受動喫煙-大規模かつ国際的な地域住民研究 ~
2017.2.15 Association of “Weekend Warrior” and Other Leisure Time Physical Activity Patterns With Risks for All-Cause, Cardiovascular Disease, and Cancer Mortality
~ 「weekend warrior」と他の余暇身体活動パターンと全原因、心疾患およびがんによる死亡リスクの関連 ~
2017.2.8 Incidence of Dementia over Three Decades in the Framingham Heart Study
~ フラミンガム心臓研究における30年間での認知症発症率 ~
2016.12.14 70-Gene Signature as an Aid to Treatment Decisions in Early-Stage Breast Cancer
~ 早期乳がんに対する治療決定の支援としての70遺伝子について ~
2016.11.30 Effect of Palliative Care–Led Meetings for Families of Patients With Chronic Critical Illness A Randomized Clinical Trial
~ 長期重症患者の家族に対する緩和ケア医師主導ミーティングの効果について―無作為比較試験 ~

Last Update: 2016.8.2

第27回日本疫学会学術総会のホームページへ エコチル調査のホームページへ エコチルやまなしのホームページへ 出生コホート研究センターのホームページへ