PAGE TOP

国立大学法人

山梨大学大学院総合研究部医学域 社会医学講座

社会医学講座 | 山梨大学医学部

Department of Health Sciences,Basic Science for Clinical Medicine,
Division of Medicine, Graduate School Department of Interdisciplinary Research,
University of Yamanashi

おしらせ

Journal Club 通信を更新しました      2017.7.21

2016年の業績2017年の業績を更新しました      2017.7.20

Journal Club 通信を更新しました      2017.7.18

教室員の紹介、小島助教の紹介を追加しました      2017.7.3

Journal Club 通信を更新しました      2017.6.30

2017年の業績を更新しました      2017.6.26

教室員の紹介、大岡助教の紹介を追加しました      2017.6.23

大学院生・研究生の紹介を更新しました      2017.6.22

Journal Club 通信を更新しました      2017.6.22

Journal Club 通信を更新しました      2017.6.15

Journal Club 通信を更新しました      2017.5.31

Journal Club 通信を更新しました      2017.3.1

Journal Club 通信を更新しました      2017.2.22

Journal Club 通信を更新しました      2017.2.16

Journal Club 通信を更新しました      2016.12.20

2016年の業績を更新しました      2016.8.2

2015年の業績を更新しました      2016.8.2

Journal Club 通信を更新しました      2016.7.19

教室員の紹介、大西特任准教授の紹介を追加しました      2016.7.12


以前の更新情報はこちらから

Journal Club 通信

ジャーナルクラブは疫学論文のCritical Reviewを行う会です
毎週水曜日午後6時~7時 本講座で開催
このコーナーでは毎週のクラブの報告をいたします

2017年7月19日    担当:武内

Effect of Short-Term vs. Long-Term Blood Storage on Mortality after Transfusion
~ 短期間貯蔵と長期間貯蔵血液輸血後の死亡率の違い ~
出典: The New England Journal of Medicine 375号 November 17,2016
著者: N.M.Heddle,R.j.Cook,D.M.Arnold,Y.Liu,R.Barty,M.A.Crowther, P.J.Devereaux,J.Hirsh,T.E.Warkentin,K.E.Webert,D.Roxby, M.Sobieraj-Teague,A.Kurz,D.I.Sessler,P.Figueroa,M.Ellis,and J.W.Eikeboom
<論文の要約>
【背景】
これまでのRCTは、長期間貯蔵した輸血は、患者の有害事象を増加させない、ということを示唆しているが、これらの試験はハイリスク集団に限定されており、死亡率における臨床的に重要な差を検出するにはパワーが足りない。一般的な入院患者において、血液の貯蔵期間が、輸血後の死亡率に影響を与えるかどうかを検討した。

【方法】
本RCTは4ヶ国の6つの病院で行われた。赤血球輸血を必要とする患者を、最も短い期間貯蔵された血液(短期間グループ)、もしくは最も長い期間貯蔵された血液(長期間グループ)に1対2の比率で無作為に割り付けた。パイロットデータより、B型とAB型では、血液貯蔵の平均期間の差が10日以内であり、目標に到達しなかったので、一次解析はA型もしくはO型の患者のみとした。すべての患者は、標準治療を受けたので、書面によるインフォームドコンセントは差し控えた。主要アウトカムは入院中の死亡率であり、研究施設と患者の血液型で調整した後、ロジスティック回帰モデルの方法で評価した。

【結果】
2012年4月から2015年10月に、合計31,497名の患者がランダム化割付された。このうち、登録基準に満たなかった6,761名がランダム割付後に除外された。一次解析にはA型もしくはO型患者20,858名が含まれた。このうち、6,936名は短期間グループに、13,922名は長期間グループに割り付けられた。それぞれの平均の貯蔵期間は、短期間グループは13.0日、長期間グループは23.6日だった。短期間グループでは634名(9.1%)、長期間グループでは1,213名(8.7%)が死亡した(オッズ比1.05、95%信頼区間0.95-1.16、P=0.34)。この解析は24,736名すべての血液型患者を含めた時、死亡率は9.1%と8.8%、それぞれ(オッズ比1.04、95%信頼区間0.95-1.14、P=0.38)と同様の結果だった。事前に指定された3つのハイリスクのサブグループ(心臓血管外科手術下の患者、または集中治療を受けた患者、もしくはがん患者)においても結果は一致した。

【結論】
一般的な入院患者において、新しい血液と標準的な基準に沿った古い血液による輸血の死亡率に有意差はない。


<ジャーナルクラブでのディスカッション>
■パイロット研究からこの研究の方法を作成している。引用文献があった方がよいのではないか。(例:B型とAB型は、輸血の平均的な貯蔵期間の差が10日以内であったこと、サンプルサイズの計算根拠として)

■輸血した入院患者が退院後、他の病院(研究施設外)へ入院し輸血した場合は、解析に含まれているのか記載がなかった。記載して教えてほしい。

■研究施設の輸血ストックが少ない場合、選択できる輸血が少ないため、短期間貯蔵グループと長期間貯蔵グループの輸血貯蔵期間が同じになるケースもあるだろう。

■日本の基準では、輸血用赤血球貯蔵期間は最大21日間となっている。現状では日本の輸血用血液は不足しており、本研究結果により日本の基準を見直す一助になる可能性がある。


最近のジャーナルクラブ通信

2017.7.12 Experiences of discrimination and incident type2 diabetes mellitus: The multi-ethnic study of atherosclerosis (MESA)
~2型糖尿病の発生と主要な差別体験:アテローム性動脈硬化症の多民族研究~
2017.7.5 Associations of Parental Depression With Child School Performance at Age 16 Years in Sweden
~スウェーデンにおける親のうつ病と16歳時の学業成績との関連~
2017.6.21 The Effect of Nonsurgical Periodontal Therapy on Hemoglobin A1c Levels in Persons With Type 2 Diabetes and Chronic Periodontitis
A Randomized Clinical Trial
~2型糖尿病と慢性歯周炎患者におけるヘモグロビンA1cに対する非外科的歯周治療の効果~
~無作為化臨床試験~
2017.6.14 Association between active commuting and incident cardiovascular disease, cancer, and mortality: prospective cohort study
~ 活動的な通勤と心血管疾患及び癌の発生、死亡率との関連:前向きコホート研究 ~
2017.6.7 Sustained enjoyment of life and mortality at older ages: analysis of the English Longitudinal Study of
Ageing
~ 高齢者の継続的な楽しみは死亡と関連する:イギリス・エイジング縦断研究からの分析 ~
2017.5.24 Migraine and risk of cardiovascular disease in women:prospective cohort study
~ 女性の片頭痛と心血管イベントリスクについて:前向きコホート研究 ~

Last Update: 2017.7.21

第27回日本疫学会学術総会のホームページへ エコチル調査のホームページへ エコチルやまなしのホームページへ 出生コホート研究センターのホームページへ