PAGE TOP

国立大学法人

山梨大学大学院総合研究部医学域 社会医学講座

社会医学講座 | 山梨大学医学部

Department of Health Sciences,Basic Science for Clinical Medicine,
Division of Medicine, Graduate School Department of Interdisciplinary Research,
University of Yamanashi

おしらせ

Journal Club 通信を更新しました      2017.5.10

Journal Club 通信を更新しました      2017.3.1

Journal Club 通信を更新しました      2017.2.22

Journal Club 通信を更新しました      2017.2.16

Journal Club 通信を更新しました      2016.12.20

2016年の業績を更新しました      2016.8.2

2015年の業績を更新しました      2016.8.2

Journal Club 通信を更新しました      2016.7.19

教室員の紹介、大西特任准教授の紹介を追加しました      2016.7.12

Journal Club 通信を更新しました      2016.7.12

2016年の業績を更新しました      2016.7.12

Journal Club 通信を更新しました      2016.6.29

English Profileを更新しました      2016.6.20

教室員の紹介、針谷助教の紹介を追加しました      2016.6.20

教室員の紹介、三宅講師の紹介を追加しました      2016.6.17

教室員の紹介、秋山助教の紹介を追加しました      2016.6.17

教室員の紹介、横道准教授の業績を更新しました      2016.6.13

Journal Club 通信を更新しました      2016.6.6

教室員の紹介を更新しました      2016.6.1

Journal Club 通信を更新しました      2016.5.27

講座の沿革を更新しました      2016.5.25

教室員の紹介を更新しました      2016.5.25

2011年の業績を追加しました      2016.5.11

2013年の業績を追加しました      2016.5.11

教室員の紹介を更新しました      2016.5.2

教室員の紹介、横道助教の業績を更新しました      2016.4.13

教室の方針を更新しました      2016.4.11

研究内容を更新しました      2016.4.11

講義内容を更新しました      2016.4.11

教室員の紹介を更新しました      2016.4.11

大学院生・研究生の紹介を更新しました      2016.4.11

講座の沿革を更新しました      2016.4.11

Journal Club 通信を更新しました      2016.4.11

Journal Club 通信を更新しました      2016.4.7

リンクのページに、第27回日本疫学会学術総会を追加しました      2016.2.3


以前の更新情報はこちらから

Journal Club 通信

ジャーナルクラブは疫学論文のCritical Reviewを行う会です
毎週水曜日午後6時~7時 本講座で開催
このコーナーでは毎週のクラブの報告をいたします

2017年5月10日    担当:小村

Attendance at Religious Services, Prayer, Religious coping, and Religious/Spiritual Identity as
Predictors of All-Cause Mortality in the Black Women’s Health Study
~ Black Women’s Health Studyにおける、全死亡率の予測因子としての礼拝への出席、祈り、病気やストレスに対して宗教的な対処を行うこと、宗教的・霊的なことに信仰があついと自覚していること ~
出典: American Journal of Epidemiology. 2017;185(7):515–522
著者: Tyler J. VanderWeele, Jeffrey Yu, Yvette C. Cozier, Lauren Wise, M. Austin Argentieri, Lynn Rosenberg,
Julie R. Palmer, and Alexandra E. Shields
<論文の要約>
【背景と目的】
過去の縦断的研究では一貫して、礼拝への出席と少ない全死亡との関連が示されているが、他の宗教的・霊的な習慣と死亡との関連に関する文献は限られている。この研究は、宗教的・霊的事項と全死亡率との関連を評価することを目的とした。

【方法】
2005年から2013年12月31日まで、Black Women’s Health Study (BWHS)への参加する3万6613人をフォローし、比例ハザードモデルを用いて宗教的・霊的な習慣と全死亡率の関連を評価した。

【結果】
沢山の人口動態学的指標と健康に関する共変量を調整した後であっても、他の宗教的・霊的な習慣に関する変数と同様に、礼拝への出席は礼拝に行かないことと比較して、かなり低い死亡率比を示した(死亡率比=0.64、95%CI: 0.51-0.80)。人口動態学的指標と健康に関する共変量を調整すると、日に数回祈ることは死亡と関連が見出されなかったが、他の宗教的・霊的な習慣に関する変数で調整すると、死亡率比は高くなった(1日に3回以上 vs 週1回未満で、死亡率比=1.28、95%CI: 0.99-1.67;P-trend<0.01)。病気やストレスに対して宗教的な対処を行うことと非常に信心深いと自覚していることは、年齢のみで調整すると関連があったが、人口動態学的指標と健康に関する共変量を調整すると関連は弱まり、他の宗教的・霊的な習慣に関する変数を追加して調整すると関連はほとんど無くなった。

【解釈】
この結果から、このコホートにおいて礼拝に出席することは最も強い死亡の予測因子であることが示唆された。


<ジャーナルクラブでのディスカッション>
■ 不健康な人ほど礼拝に出席しにくくなるので、頻繁に礼拝に出席できる人というのは、もともと健康な人である可能性が高い。この研究は縦断研究であるものの、ベースライン時における調整が不十分であるため、因果の逆転が起きている可能性がある。

■ この研究では礼拝へ出席することによる効果が表れるまでの誘導時間を考慮していない。もし、誘導時間が短いと仮定すれば、今回の標本集団の平均年齢が50歳程度であることから、ベースライン時にすでに曝露の影響を受けていることになる。この仮定が正しければ、ベースライン時点で癌、心筋梗塞、脳卒中の既往で調整することは、曝露とアウトカムの関連を弱めている可能性がある。


最近のジャーナルクラブ通信

2017.5.10 Attendance at Religious Services, Prayer, Religious coping, and Religious/Spiritual Identity as
Predictors of All-Cause Mortality in the Black Women’s Health Study
~ Black Women’s Health Studyにおける、全死亡率の予測因子としての礼拝への出席、祈り、病気やストレスに対して宗教的な対処を行うこと、宗教的・霊的なことに信仰があついと自覚していること ~
2017.3.1 Association between breastfeeding and intelligence, educational attainment, and income at 30 years of age: a prospective birth cohort study from Brazil
~ 母乳哺育と知能、学歴、30歳時の収入の関連:ブラジルの前向き出生コホート研究 ~
2017.2.22 Passive Smoke Exposure as a Risk Factor for Oral Clefts—A Large International Population-Based
Study
~ オーラルクレフト(口唇口蓋裂)のリスク因子としての受動喫煙-大規模かつ国際的な地域住民研究 ~
2017.2.15 Association of “Weekend Warrior” and Other Leisure Time Physical Activity Patterns With Risks for All-Cause, Cardiovascular Disease, and Cancer Mortality
~ 「weekend warrior」と他の余暇身体活動パターンと全原因、心疾患およびがんによる死亡リスクの関連 ~
2017.2.8 Incidence of Dementia over Three Decades in the Framingham Heart Study
~ フラミンガム心臓研究における30年間での認知症発症率 ~
2016.12.14 70-Gene Signature as an Aid to Treatment Decisions in Early-Stage Breast Cancer
~ 早期乳がんに対する治療決定の支援としての70遺伝子について ~

Last Update: 2016.8.2

第27回日本疫学会学術総会のホームページへ エコチル調査のホームページへ エコチルやまなしのホームページへ 出生コホート研究センターのホームページへ