English

掲載日:2020.2.07 お知らせ

2020年度入学試験における新型コロナウイルスへの対応について(2/17更新)

山梨大学を受験される皆さまに、以下のご対応をお願い申し上げます。

 

  • 試験当日に発熱や咳などの症状がある受験生は、必ずマスクを着け、時間に余裕をもってご来場ください。試験会場に到着後、あるいは試験中に著しく症状が悪化した場合には、山梨大学の腕章をつけた職員に、そのことをすみやかに申し出、指示に従ってください。
  • 症状がない受験生も、試験会場ではなるべくマスクを着け、手洗いを励行してください。
  • 会場建物の入口に、消毒用アルコール及びマスクを用意しますので、適宜、ご利用ください。
  • 本人確認などのため、試験監督者から指示があった場合はマスクを取り外してください。試験当日は、監督者もマスクを着用しています。

 

受験される皆さまには、本学のホームページ等にご注意いただき、できるだけ情報収集にお努めください。

なお、インフルエンザなど、他の感染症も流行しております。当日までなるべく人混みへの外出を避け、マスクの装着や手洗いの励行に努め、体調を整えてください。
皆さまが、良いコンディションで受験に臨まれることを願っております。

 

 

◆関連情報(2月17日 変更)

新型コロナウイルス関連肺炎について(注意喚起)

 

2月13日付で文部科学省から新たな 中国から帰国した児童生徒等への対応について の通知がありました。該当する学生は、症状等により、出席停止の対象となる場合があります。

 

湖北省からの帰国者と、湖北省在住者と接触した帰国者に加え、浙江省からの帰国者と、浙江省在住者と接触した帰国者の相談窓口が「帰国者・接触者相談センター」になりました。

 

 

湖北省と浙江省を除く中国本土、香港、マカオからの帰国者については、下記の通りです。

 

1.湖北省からの帰国者または湖北省在住者と接触があった方に加え、浙江省からの帰国者または浙江省在住者と接触があった方

  • 帰国日から2週間以内に、発熱(37.5℃以上)と呼吸器症状(以下、症状)がある学生は他の人との接触を避け、マスクを着け、すみやかに「帰国者・接触者相談センター」に電話相談してください。
  • 症状がない学生も、帰国後2週間はなるべく外出を控え、自宅に滞在し、健康観察を行ってください。症状が出た場合はすみやかに「帰国者・接触者相談センター」に電話相談してください。

 

2.湖北省を除く中国本土から帰国し、かつ湖北省の方と接触がない方

  • 帰国日から2週間以内に症状がある学生は、他の人との接触を避け、マスクを着用し、すみやかに医療機関を受診してください。
  • 症状がない学生は、帰国後2週間は健康観察を行ってください。症状が出た場合はすみやかに医療機関を受診してください。 

 

帰国者・接触者相談センターは、それぞれ以下の通りです。

 

  • 甲府市健康支援センター医務感染症課:055-237-8952
  • 中北保健福祉事務所地域保健課:055-237-1403

 

 

 


このページについて問い合わせる

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合せ内容

内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。