English

掲載日:2017.5.18 お知らせ

放射線医学講座の小宮山貴史先生がCypos賞Gold Medalを受賞しました。

平成29年4月13日(木)から16日(日)、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催された第76回日本医学放射線学会総会において、医学部放射線医学講座の小宮山貴史先生がCypos賞Gold Medalを受賞しました。
この賞は放射線科の国内最大の学会である日本医学放射線学会総会で電子ポスター発表された中から優秀な演題に贈られるもので、4演題のなかの1つに小宮山先生の発表が選ばれました。
受賞タイトルは「IA期非小細胞肺癌に対する線量増加体幹部定位放射線治療成績」です。
早期肺癌に対して治療効果をより高めるために従来よりも高い線量で定位放射線治療を行った結果の発表で、副作用が増えることなく、治療効果が高まったことが示され、今後の肺癌診療に寄与する内容です。
受賞した小宮山先生は「大西先生、栗山先生をはじめ多くの先生方のご指導の下、山梨大学が特に力を入れて取り組んでいる早期肺がん定位照射について発表させていただく機会をいただき、さらにこのような賞をいただけたことを大変うれしく思います。これからも大西先生がいつもお話されている「患者さんを第一に」という信念を大切にし、日々の診療・教育・研究に真摯に取り組んでいきたいと思います。」と述べています。


このページについて問い合わせる

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合せ内容

内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。