English

掲載日:2017.12.14 お知らせ

平成29年度本学公開講座「すこやかに生きる」を開催

 平成29年12月9日(土)、医学部キャンパスにおいて、本学公開講座「すこやかに生きる」を開催し、「ロコモティブシンドローム(運動器不安定症)をご存知ですか?~美しいエージングとは~」をテーマとする講演と体操が行われ、約70名が参加しました。

 講座では、波呂浩孝 医学部教授が講義を行い、健康寿命の延伸に向けたロコモティブシンドローム対策の必要性を述べました。

その後、医学部附属病院リハビリテーション部の遠藤 浩 理学療法士及び樫山あさみ 作業療法士が予防体操を指導しました。

 参加者は、講義に熱心に耳を傾け、楽しく予防体操を実践するなど、有意義な講座となりました。

 

講演する波呂教授

体操指導する遠藤理学療法士(左)

と樫山作業療法士(右)

 

参加全員で予防体操を実践

 


このページについて問い合わせる

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合せ内容

内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。