English

掲載日:2018.7.31 お知らせ

医学部眼科学講座の飯島裕幸教授が第35回日本眼循環学会にて松山賞を受賞【Prof. Hiroyuki Iijima was honored with the 2018 founder’s medal, Matsuyama Medal, of Japanese Society for ocular circulation.】

平成30年7月20日(金)から21日(度)、ホテルブエナビスタ(松本市)で開催された「第35回日本眼循環学会」において、医学部眼科学講座の飯島裕幸教授が第7回松山賞を受賞しました。

この賞は、眼の循環に関する国内学会である日本眼循環学会の前身、日本眼微小循環研究会の創始者で、眼循環研究で先駆的業績を残した松山氏を顕彰して、本学会に多大な貢献をした研究者に対して毎年1名に与えられる賞です。

飯島教授は日本眼微小循環研究会の発足当時から、眼循環研究に関して多くの学術的貢献を行い、2004年の日本眼循環学会発足以後、本会の理事として会の発展に貢献したことが評価されて受賞しました。平成30720日(金)の総会で、飯島教授のライフワークのひとつである、網膜静脈閉塞症に関する受賞講演を行いました。

 

日本眼循環学会ホームページ ( http://www.ganjunkan.org/

35回日本眼循環学会ホームページ(http://convention.jtbcom.co.jp/35jsoc/

 

Professor Hiroyuki Iijima in Department of Ophthalmology was honored with the 2018 founder’s medal, Matsuyama Medal, on July 20th, 2018 during the 35th annual meeting of Japanese Society for ocular circulation held in Matsumoto city, Nagano, Japan.

Matsuyama medal is conferred to the researcher who made a great contribution to Japanese Society for ocular circulation on the honor of the late Shuichi Matsuyama, who was the founder of the preceding society and made pioneer achievement in the field of ocular circulation.

Professor Iijima was honored because of his many academic publications so far on ocular circulation a

nd his contribution as one of the board members of the society since the beginning of Japanese Society for ocular circulation in 2004. He made an award lecture on the branch retinal vein occlusion, which is one of his life work studies.


このページについて問い合わせる

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合せ内容

内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。