English

掲載日:2018.9.21 お知らせ

米科学誌「Blood」の表紙を飾る。井上教授及び築地助教(臨床検査医学講座)の”血小板と肺発生”に関する研究

平成30年5月に血液学のトップジャーナル米科学誌「Blood」に受理された山梨大学医学部臨床検査医学講座 井上克枝教授及び築地長治助教ら研究グループによる血小板と肺発生に関する研究が高く評価され、論文掲載号のBlood Commentaries(エディトリアル)で紹介されるとともに表紙を飾りました。

築地助教は、「大変名誉なことに驚きと喜びを感じています。今回の研究を端緒とした呼吸器疾患をターゲットにしたテーマもすでに始まっており、またよい報告ができるよう一層励んで参ります。」と述べています。

リンク:http://www.bloodjournal.org/content/132/11

 


このページについて問い合わせる

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合せ内容

内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。