English

掲載日:2018.11.09 お知らせ

本学名誉教授(医学部内科学講座第3教室 前教授)小林哲郎先生が日本医師会より「日本医師会医学賞」を受賞

平成30年11月1日(木)、日本医師会館(東京都文京区)で開催された「日本医師会設立71周年記念式典並びに医学大会」において、本学名誉教授(医学部内科学講座第3教室 前教授)小林哲郎先生が平成30年度日本医師会医学賞(Medical Award of The Japan Medical Association)を受賞しました。

この賞は、日本医師会会員で医学上重要な業績をあげた研究者に、毎年1回、基礎医学・社会医学・臨床医学を通じ計3名に与えられる賞です。

小林哲郎名誉教授は、現在も公益財団法人冲中記念成人病研究所所長として研究を続けており、平成30年11月1日の式典にて「緩徐進行1型糖尿病(SPIDDM)の成因、診断 および発症・進展阻止治療に関する研究」と題して受賞講演を行いました。

 

 


このページについて問い合わせる

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合せ内容

内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。