English

掲載日:2018.11.16 お知らせ

「肝臓のプロスタシンで、生活習慣病を“一網打尽”にする!」に関わる寄附募集を開始いたしました。

肥満は糖尿病、脂肪肝、コレステロール異常といった複数の生活習慣病の原因になります。

私たち山梨大学内科学講座第三教室(糖尿病・内分泌内科、腎臓内科)は、肝臓に存在する「プロスタシン」と呼ばれるタンパク質の量を増やすことにより、肥満マウスの脂肪肝、糖尿病、コレステロール異常といった複数の生活習慣病の治療につながることを明らかにしました。

私たちは、肝臓のプロスタシンに注目して、複数の生活習慣病を“一網打尽”にする全く新しい治療法の開発を目指しています。

 

【代表研究者】

 内科学第3教室(糖尿病・内分泌内科、腎臓内科)

 講師  土屋 恭一郎

 

寄付金の受付や研究の詳細は、以下URLをご覧ください。

https://kifu.med.yamanashi.ac.jp/news/cd/20181116/seq/1/

 

 


このページについて問い合わせる

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合せ内容

内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。