English

掲載日:2019.7.02 お知らせ

医学部附属病院にて「七夕コンサート」を開催

 令和元年6月26日(水)、医学部附属病院外来玄関ホールにて、新元号に代わり初となる七夕コンサートを開催いたしました。

 

 このコンサートは、入院患者さんやそのご家族の皆様の癒しとなるよう毎年開催しているものです。会場には吹き流しや患者さんの願い事が書かれた短冊が飾られ、七夕の雰囲気を醸し出していました。

 

 コンサートでは、毎年ご協力いただいている女性演奏グループ「パルフェ」のお二方による、フルートとキーボードの素敵なアンサンブルによる「ユモレスク」や「ふるさと」等の演奏から始まり、空きビンをつかったおもしろ楽器演奏、ヴァンフォーレ甲府のマスコットキャラクター・ヴァンくんが踊りを担当した「パプリカ」など、趣向を凝らした演奏により、会場を大変盛り上げてくださいました。

 

 また、こちらも恒例の本学医学部学生による医学部交響楽団による「美女と野獣」や、「花のワルツ」などの演奏では、管弦楽器の音色が玄関ホールに厳かに響き渡り、七夕の夜空に花を添えました。

 

 今回参加くださった病院患者の皆様、また、素晴らしい演奏をいただきましたパルフェの皆様、医学部交響楽団の皆様、そしてヴァンフォーレ甲府から、会場を大いに盛り上げてくれたヴァンくんさんには、心よりお礼を申し上げます。年に一度の逢瀬を遂げる織姫と彦星のように、来年もつつがなくこの七夕コンサートを行えますよう願っております。


このページについて問い合わせる

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合せ内容

内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。