English

掲載日:2019.8.01 お知らせ

医学部附属病院にて「夏祭り・納涼花火大会」を開催

  令和元年7月31日(水)、医学部附属病院外来玄関ホールにて、夏祭りおよび納涼花火大会を開催いたしました。

 

 夏祭りでは、梅雨明け早々の蒸し暑さの中、玄関ホールを埋め尽くすほどの大勢の患者さまやご家族さまがお越しくださり、大変な盛り上がりの中で、ヨーヨー釣りやストラックアウト、かたぬきなど、お祭りならではの出し物を楽しんでくださっていました。

 

 また今回は特別に、ヴァンフォーレ甲府からマスコットキャラクターの「ヴァンくん」に加え現役選手3人までもがおいでくださり、サイン入りうちわを配ったり、写真撮影に応じたりしていました。

 

 その後、武田病院長のあいさつを皮切りに手持ち花火がはじまり、お祭りのフィナーレに市川大門の花火師「マルゴー」さんが鮮やか且つ大迫力の打ち上げ花火を上げた瞬間、会場は夏の暑さに引けを取らないほどの熱気と大歓声に包まれました。うっとりするような時の中で、夜空には色とりどりの花火が、そして会場にはお越しくださった皆様の十人十色の笑顔が咲いていました。

 

 最後に、お越しくださった患者様、ゲストで来てくださったヴァンフォーレ甲府の皆様と千両役者のヴァンくん、また、会場の設営や対応を担ってくれた学生ボランティアの「サニースマイル」さんには心より感謝を申し上げます。皆様ひとりひとりの存在というピースが夏祭りというパズルの盤上を埋め尽くし、素晴らしい一枚の絵が完成されたのだと思います。本当にありがとうございました。

 

ベビーカーの上からバスケットボール

みんなでヨーヨー釣れるかな?

ヴァンフォーレ甲府からの熱い激励

参加いただいた病院長・看護部長・事務部長

夏の風物詩「手持ち花火」

大迫力の「打ち上げ花火」


このページについて問い合わせる

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合せ内容

内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。