English

生命医科学

 

医療機関や保険医療行政の現場において活躍できる生命医科学分野の高度専門職業人を育成

 

 

 

将来の医学や生命科学研究を担う研究者・技術者および社会医学、健康科学分野の研究成果を医療機関や保健医療行政の現場において実践できる高度専門職業人の育成を目的とし、本専攻は平成28年度より「生命医科学専攻」に名称変更されました。

 

医工農融合及び文理融合による教育課程の一層の充実により、最新の生命科学や先端医療技術の教育はもとより、それまで医学を学んでこなかった入学生に対しても医学の基本を十分に学べるような教育課程が準備されています。さらに、高度専門技術者が持つべき医療倫理観、医学研究倫理観を養い、先端治療技術に対する倫理的、法的、社会的諸問題に関する考えを確立することを目指し、また、社会人進学者については、医療、行政、教育現場の人材の再教育、高度技能教育の場として位置づけ、現場での具体的な課題解決のための実践的な研究および教育を行っています。

 

入学後円滑に研究が行えるよう、入学前から指導教員を決め、すぐに指導が受けられるような体制をとっています。指導教員の研究分野は多岐にわたり、生命科学から社会医学、臨床研究まで、入学生の多様な要請に応えられる充実した教育と指導を受けることができます。

 

本専攻では、基礎医学から先端医学までをカバーする下記のような多彩な授業科目の受講が可能です。

 

授業科目

科目区分 授業科目
大学院共通科目 科学者倫理
キャリアマネジメント
サイエンスコミュニケーション
医科学基礎 人体形態・機能学概論
人体病態学概論
社会医学概論
臨床医学概論
生命倫理概論
実験動物学・動物倫理学概論
生命科学関連 生命科学特論Ⅰ(形態機能学)
生命科学特論Ⅱ(病態制御学)
社会医学関連 社会医学特論Ⅰ
社会医学特論Ⅱ
応用医科学関連 先進医科学特論Ⅰ(先進医療・内科)
先進医科学特論Ⅱ(先進医療・外科)
先進医科学特論Ⅲ(先進医療技術・医療システム)
精神神経医学・臨床倫理学・臨床心理学特論
トランスレーショナル関連 創薬・医療技術開発学特論
心理健康科学特論
健康公共政策概論
インターンシップ
関連科目※ 医療・福祉機器特論
大規模離散構造処理額特論
機械学習特論
生命情報学特論
細胞生産プロセス工学特論
発生制御学特論
特別研究

※「関連科目」は、他専攻の開講科目です。

 

研究室について

このページについて問い合わせる

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合せ内容

内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。