English

研究室紹介

博士課程 医学領域/研究室紹介

 

講座名 主な研究テーマ 担当教員
解剖学講座
構造生物学教室
クライオ電子顕微鏡を用いた細胞内小器官、タンパク質複合体の三次元構造および機能の解明 小田 賢幸
解剖学講座
細胞生物学教室
線毛を介した神経系の新しい情報伝達機構の解明
医工融合に基づいた新規がん診断装置の開発
竹田 扇
発生生物学講座 脊椎動物における循環器系の形成機構の解明 川原敦雄
生理学講座
統合生理学教室
知覚と判断の神経メカニズムの解明 宇賀貴紀
神経生理学講座 大脳および小脳における感覚運動情報処理基盤の解明および先端的光学イメージング手法の開発 喜多村和郎
生化学第1講座 シナプス機能の分子基盤 大塚稔久
生化学第2講座 細胞増殖因子のシグナル伝達機構
がん悪性化の分子機構、上皮間葉転換(EMT)
宮澤恵二
分子細胞機能学講座 齋藤正夫
先端応用医学講座 ・医薬品・医療機器及び治療法の開発、研究支援体制構築に関する研究
・細胞間情報伝達の分子基盤に関する研究(分子情報伝達学部門)
岩崎 甫
薬理学講座 グリア細胞と脳機能、脳疾患に関する研究 小泉修一
分子病理学講座 分子病理学、生活習慣病の分子病態解析、動脈硬化の治療法解決とトランスレーショナルリサーチ 範 江林
微生物学講座 肝炎ウイルス感染による病原性発現機構に関する研究とその応用 森石恆司
免疫学講座 アレルギー疾患発症メカニズムの解明 中尾篤人
法医学講座 陳旧・変性試料についてのDNA解析、脳損傷時の細胞反応 安達 登
社会医学講座 胎児期からのコホート研究(縦断研究)を中心とした疫学研究
遺伝要因と環境要因の交互作用に関するゲノム研究
格差社会と健康に関する社会疫学研究
山縣然太朗
生命倫理学講座 生命倫理学、脳神経倫理学を中心とする応用倫理学研究 香川知晶
内科学第1講座 ウイルス性肝炎における薬剤耐性機序の全ウイルス遺伝子解析による解明
ウイルス性肝炎における肝発癌機序のヒトゲノムおよびウイルス因子の網羅的解析を用いた検討
Wntシグナルmodulator分子であるDKKファミリーの大腸発癌における役割の解析
榎本信幸
内科学第2講座 動脈硬化の無侵襲測定機器の開発 久木山清貴
内科学第3講座 腎臓病、高血圧、糖尿病の発症機序におけるセリンプロテアーゼの役割 北村健一郎
神経内科学講座 臨床神経学、神経変性疾患の分子遺伝学、自律神経とマイクロニューログラフィー 瀧山嘉久
血液・腫瘍内科学講座 がん細胞の代謝特性の解析 桐戸敬太
小児科学講座 悪性腫瘍の化学療法、小児血液学、特に小児白血病、白血病細胞生物学的特性の研究 杉田完爾
精神神経医学・
臨床倫理学講座
臨床精神神経診断治療学一般 鈴木健文
皮膚科学講座 癌免疫療法の基礎研究、HIV・ヘルペスウイルスの感染メカニズムの解析  
外科学第1講座 サイトカイン制御による炎症性腸疾患の新規治療、癌ワクチンと免疫賦活による食道癌治療、低酸素状態の改善による膵臓癌治療、虚血再還流時の肝障害発生秩序の解明とその防御法の確立、トリプルンネガティブ乳癌の新規治療法の開発 癌患者の血液を用いた液体生検 市川 大輔
外科学第2講座 虚血性心疾患・心臓弁膜症・大動脈疾患・先天性心疾患・手足の血管病の外科治療、肺・縦隔疾患の外科治療、小児疾患の外科治療 中島博之
整形外科学講座 脊椎脊髄外科、骨軟部腫瘍の手術療法、手の外科、微小血管外科による四肢再建術、関節再建術、脊椎関節疾患の分子生物学的研究 波呂浩孝
脳神経外科学講座 脳血管障害の病態解明と治療法の開発 木内博之
麻酔科学講座 虚血性心疾患患者の麻酔、脳循環と麻酔薬、体温調節機構と麻酔薬、神経原性疼痛 松川 隆
産婦人科学講座 体細胞クローン技術を用いた再生医療 平田修司
泌尿器科学講座 排尿障害、腹腔鏡下手術、泌尿器科悪性腫瘍、腎不全治療学、腎移植 武田正之
眼科学講座 網脈絡膜疾患、眼遺伝、光干渉断層計による黄斑部疾患研究、緑内障スクリーニングシステムの開発、網膜神経節細胞の障害秩序解明、遠隔眼科治療システムの構築 飯島裕幸
耳鼻咽喉科・頭頚部
外科学講座
機能再建外科と癌免疫療法による頭頸部腫瘍の治療、上気道粘膜免疫の病態研究、内耳のイオン環境の恒常性に関する分子生物学的研究、機能再建手術と人工臓器による聴覚の再獲得 増山敬祐
放射線医学講座 放射線診断学、磁気共鳴医学、放射線治療学、IVR(インターベンション)、核医学 大西 洋
歯科口腔外科学講座 生体材料、力学的刺激を応用した顎骨再生に関する研究
顎変形症と顎関節症発症に関する形態および力学解析
口腔外科手術における三叉神経知覚誘発電位および神経組織変化に関する研究
上木耕一郎
臨床検査医学講座 血小板の血栓止血以外の役割に関する研究、抗血小板薬モニター法を含む新たな検査法の開発、血小板シグナル伝達に関する研究 井上克枝
人体病理学講座 甲状腺疾患の分子病理的および外科病理学的解析、甲状腺腫瘍の遺伝子背景, 乳腺病理 加藤良平
地域医療学講座 地域医療政策、医療経済学、医療の質の評価、電子カルテ、診療情報の活用 佐藤 弥
救急集中治療医学講座 多臓器不全敗血症の病態解明と治療法の開発、血液浄化療法、液体呼吸法の確立 松田兼一
薬剤部 患者QOL向上を目的とした製剤設計に関する研究 小口敏夫
数理科学講座 数学、代数幾何学、表現のモジュライに関する研究、統計学、看護統計学 中本和典

Doctor’s Course(Medicine): Lab Information

 

Department Main Research Focus Teaching Staff
Anatomy and Structural Biology Structural biology of organelles and protein complexes using cryo-electron microscopy Toshiyuki ODA
Anatomy and Cell Biology Functional analysis on the novel neural signaling system through cilium Sen TAKEDA
Interdisciplinary approaches to the development of a new medical diagnostic machine
Developmental Biology Molecular mechanisms of cardiovascular development in vertebrates Atsuo KAWAHARA
Physiology 1 Regulation of cell proliferation by ovarian steroid hormones Takanori UKA
Physiology 2 Sensorimotor information processing in the brain and development of advanced optical imaging technique kazuo KITAMURA
Biochemistry 1 Molecular mechanisms of synaptic structure and function Toshihisa OHTSUKA
Biochemistry 2 Mechanisms of growth factor signaling, Molecular mechanisms of tumor progression, epithelial-mesenchymal transition (EMT) Keiji MIYAZAWA
  Masao SAITOH
Advanced Biomedical Research 1. Research & development of innovative therapeutics, applying advanced medical science.
2. Creation and management of medical research infrastructure in academia.
3. Pathophysiological roles and molecular mechanisms of intercellular communication (Division of Molecular Signaling).
Masaru IWASAKI
Neuropharmacology Regulation by glial cells of brain functions and diseases Schuichi KOIZUMI
Molecular Pathology Molecular pathology, elucidation of molecular mechanism of the life-related disease, atherosclerosis, translational research Jianglin FAN
Microbiology Study of molecular biology on hepatitis virus infection and the pathogenesis Kohji MORIISHI
Immunology How allergic diseases occur?: molecular mechanism and new approaches for the prevention and treatment Atsuhito NAKAO
Forensic Medicine DNA analysis on the highly degraded samples, mainly ancient human skeletons. Mechanism of the neuronal death and degeneration after trauma. Noboru ADACHI
Health Sciences TThe birth cohort study (the longitudinal study) on the fetal programming (fetal environments relate to health status of adults)
Genomic epidemiology to clarify the interaction between genetic factors and environmental factors
Social epidemiologic studies on social inequalities in health
Zentaro YAMAGATA
Neuropsychiatry and Clinical Ethics Bioethics & Neuroethics Bioethics & neuroethics Chiaki KAGAWA
Gastroenterology and Hepatology Analysis of the correlation between drug resistance and hepatitis virus genomic structures.
A role of DKK family members in colorectal carcinogenesis.
Investigation for the molecular mechanism of hepatocarcinogenesis induced by hepatitis virus through determining complete viral genomic sequences.
Nobuyuki ENOMOTO
Cardiovascular and Pulmonary Science and Medicine A development of non-invasive measurements of unstable atherosclerotic plaque Kiyotaka KUGIYAMA
Internal Medicine 3 Role serine proteases in the development of kidney diseases, hypertension, and diabetes Kenichiro KITAMURA
Neurology Clinical neurology, Molecular genetics in hereditary neurodegenerative disorders, Microneurography in autonomic nervous system Yoshihisa TAKIYAMA
Hematology/Oncology Glycolysis and cancer Keita KIRITO
Pediatrics Pediatric hematology and oncology Kanji SUGITA
Neuropsychiatry and Clinical Ethics Clinical neuropsychiatric diagnosis and therapeutics in general Takefumi SUZUKI
Dermatology A novel immunotherapeutic approach for cancer (melanoma). Analyses of HIV and herpes virus infection.  
Surgery 1 Novel therapy for esophageal cancer with cancer vaccination., Innovative therapy for inflammatory bowel disease with cytokine regulation., Pancreatic cancer treatment by the improvement of cancer tissue hypoxia., Elucidation of mechanisms and establishment of protection of liver-ischemia reperfusion injury., Innovative therapy for so-called triple negative breast cancer. Ichikawa Daisuke
Surgery 2 Cardiac surgery for ischemic, valvular and congenital heart diseases. Vascular surgery. Thoracic surgery for benign and malignant lung diseases. Pediatric surgery. Hiroyuki NAKAJIMA
Orthopaedic Surgery #1: Development of surgical treatment for spine and spinal cord disorders, bone and soft tissue tumors, hand and pediatric disorders, and reconstruction of extremity and joints.
#2: Molecular biologic investigation for spinal disorders, rheumatoid arthritis, and bone and cartilage metabolism.
Hirotaka HARO
Neurosurgery Pathophysiological investigation of stroke and innovation of the surgical treatment. Hiroyuki KINOUCHI
Anesthesiology Anesthesia for patients with coronary artery disease, Cerebral circulation and anesthesia, Thermoregulation and anesthesia, Neuropathic pain Takashi MATSUKAWA
Obstetrics and Gynecology Regenerative medicine using sotatic cell nuclear transfer, Study of carcinogenesis of uterine cervical cancer. Shuji HIRATA
Urology Lower urinary tract dysfunction, Minimally invasive therapy, Endoscopic surgery, Urological oncology, Treatment of renal failure, Renal transplantation Masayuki TAKEDA
Ophthalmology Chorioretinal disorders, Ocular genetics, Macular diseases and optical coherent tomography, Diagnostic system for glaucoma, Mechanism of retinal ganglion cells, Ophthalmological telemedicine system Hiroyuki IIJIMA
Otorhinolaryngology, Head & Neck Surgery Functional reconstructive surgery and adoptive immunotherapy for head and neck cancer, Pathophysiology of mucosal immune system in upper respiratory tract, Molecular biology of inner ear ion homeostasis, Functional surgery and implantation for hearing recovery Keisuke MASUYAMA
Radiology Diagnostic imaging, Magnetic resonance imaging, Radiation oncology, Interventional radiology, Nuclear medicine Hiroshi ONISHI
Oral and Maxillofacial Surgery Jaw bone regeneration using bio-materials and dynamic stimulation, Morphological and dynamic analysis related to incidence of jaw deformity and temporomandibular joint dysfunction, Changes in trigeminal somato-sensory evoked potential and nerve tissue after maxillofacial surgery Koichiro UEKI
Clinical and Laboratory Medicine A role of platelets beyond hemostasis, development of novel laboratory tests including monitoring system for anti-platelet drug, platelet signal transduction Katsue SUZUKI-INOUE
Human Pathology Molecular and surgical pathology of thyroid diseases, Genetic background of thyroid cancer, Breast pathology Ryohei KATOH
Community and Family Medicine Community health policy, Health economics, Evaluation of the quality of medical care, Electronic medical records, Utilization of medical information Wataru SATO
Emergency & Critical Care Medicine Development of novel therapeutics for multiple organ failure (MOF). Mechanisms of MOF. Blood purification. Liquid ventilation. Kenichi MATSUDA
Clinical Pharmaceutics Pharmaceutical design and development of hospital preparations for improved QOL in patients Toshio OGUCHI
Mathematical Sciences Mathematics, Algebraic Geometry, Moduli of representations, Statistics, Statistics for Nursing Research Kazunori NAKAMOTO

博士課程 医学領域/研究室紹介

 

讲座名 主要研究课题 担任教员
解剖结构生物学讲座 用低温电子显微镜法研究细胞器、蛋白质复合体的三维结构和功能 小田 賢幸
解剖细胞生物学讲座 神经系统新的情报传导机制的研究 竹田 扇
医工融合新型癌症诊断装置的开发
发生生物学讲座 脊椎动物循环系统形成机理的阐明 川原敦雄
生理学第一讲座 雌性激素诱导细胞增殖调节机制的研究 宇賀貴紀
生理学第二讲座 大脑和小脑感觉运动信息调节机制及先进光学影像技术的开发 喜多村和郎
生化学第一讲座 神経元突触功能的分子基础研究 大塚稔久
生化学第二讲座 细胞增殖因子的信号传导机制
肿瘤恶性化的分子机制、上皮-间质转化(EMT)
宮澤恵二
分子细胞机能学讲座 齋藤正夫
先端応用医学讲座 ・医药、医疗器械以及治疗方法的开发、研究体制管理
・细胞间信号传递的分子机制 (分子情报学部门)
岩崎 甫
药理学讲座 神经胶质细胞(glial cell)和脑机能、脑疾患有关的研究 小泉修一
分子病理学讲座 生活习惯病的分子机制解析、动脉硬化的治疗方法和转化医学研究 範 江林
微生物学讲座 森石恆司
免疫学讲座 过敏性疾患病发病机理的解明 中尾篤人
法医学讲座 陈旧・变性样本的DNA解析、脑损伤时的细胞反应 安達 登
社会医学讲座 ①胎儿期开始的人群流行病学
②遗传和环境的相互作用
③健康与貧富差別的社会流行病学
山縣然太朗
生命伦理学讲座 以生命伦理学、脑神经伦理学为中心的应用伦理学研究 香川知晶
内科学第一讲座 通过病毒基因组研究病毒性肝炎的耐药性机制
病毒性肝炎与肝癌发生机制相关的人类基因组及所有相关病毒因子
大肠癌发生中Wnt信号调节分子-DKK 家族的作用
榎本信幸
内科学第二讲座 动脉硬化不稳定斑块非侵袭诊断仪器的开发 久木山清貴
内科学第三讲座 丝氨酸蛋白酶在肾脏疾病、高血压及糖尿病发病机制中的作用 北村健一郎
神经内科学讲座 临床神经学、神经变性疾病的分子遗传学、自律神经和显微神经图法 瀧山嘉久
血液・肿瘤内科学讲座 癌细胞的代谢特性的解析研究 桐戸敬太
小儿科学讲座 恶性肿瘤的化学疗法、小儿血液学、特别是有关小儿白血病、白血病细胞生物学的特性的研究 杉田完爾
精神神经医学・
临床伦理学讲座
难治性精神障碍的治疗法开发 鈴木健文
皮肤科学讲座 癌症免疫疗法的基础研究、人类免疫缺陷病毒(HIV)和单纯疱疹病毒感染的机理解析  
外科学第一讲座 通过调控细胞因子治疗炎症性肠疾患、通过癌症疫苗和免疫激活法治疗食道癌、通过改善低氧状态治疗脾脏癌、缺氧再灌注肝脏疾病的发生机理的解明和预防法的建立、`triple negative乳腺癌的新型疗法的开发 市川 大輔
外科学第二讲座 缺血性心脏病・心脏瓣膜病・主动脉疾病・先天性心脏病・手足血管病的外科治疗、肺・縦隔疾患的外科治疗、小儿疾病的外科治疗 中島博之
整形外科学讲座 脊椎脊髓外科、骨软组织肿瘤的手术疗法、手外科、微小血管外科法四肢再建术、关节再建术、脊椎关节疾病的分子生物学研究 波呂浩孝
脑神经外科学 脑血管障碍的病态解明和治疗法开发 木内博之
麻醉科学讲座 缺血性心脏病患者的麻醉、脑循环和麻醉药、体温调节机构和麻醉药、神经原性疼痛 松川 隆
妇科产科学讲座 运用体细胞克隆技术的再生医疗 平田修司
泌尿科学讲座 排尿障碍、腹腔镜手术、泌尿科恶性肿瘤、肾衰治疗学、肾移植 武田正之
眼科学讲座 视网膜疾患、眼遗传、光干涉断层计法治疗黄斑部疾患的研究、白内障筛查系统的开发建立、视网膜神经节细胞的损伤机理的解明、边远地区眼科治疗系统的建立 飯島裕幸
耳鼻喉科・头颈部外科讲座 机能再建外科和头颈部肿瘤的免疫疗法治疗、上呼吸道粘膜免疫的病理研究、有关内耳的负离子环境的恒定性的分子生物学研究、机能再建术和人工脏器的听觉再建 増山敬祐
放射医学讲座 放射线诊断学、核磁共振医学、放射线治疗学、IVR治疗(Interventional Radiology)、核医学 大西 洋
齿科口腔外科学讲座 生物材料、力学刺激在腭骨再生中的应用研究
颚变形症和颚关节症发病的形态及力学分析
关于口腔外科手术中三叉神经知觉诱发电位及神经组织变化的研究
上木耕一郎
临床检查学讲座 除血栓止血以外的血小板作用的研究、包括筛选抗血小板药物在内的新的检查法的开发、以及血小板信号传递相关的研究 井上克枝
人体病理学讲座 内分泌疾患的外科病理学、甲状腺疾患的机能形态学解析 加藤良平
地域医疗学讲座 医疗情报系统的开发和评价 佐藤 弥
急救集中治疗医学讲座 多脏器衰竭败血症的病态解明和治疗法的开发、血液净化疗法、液体呼吸法的建立 松田兼一
药剂部 为提高患者生活質量(QOL)的制剂设计研究 小口敏夫
数理科学讲座 有关数学、代数几何学、表现的moduli的研究、统计学、看护统计学 中本和典

このページについて問い合わせる

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合せ内容

内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。