What's new_2018

2018

日本学術振興会の平成30年度二国間交流事業・共同研究に採択(2.8付通知)されました。
事業名:中国(中国科学院(CAS))との共同研究
課題名:PM2.5曝露による動脈硬化の増悪機序の解明
期 間:平成30年4月1日-平成33年3月31日

JSPSの本事業の趣旨は、個々の研究者交流を発展させた二国間の研究チームの持続的ネットワーク形成を目指しており、我が国の大学等の優れた研究者が相手国の研究者と協力して行う共同研究の実施に要する経費を支援するもので、我々が開発したユニークな動脈硬化ウサギモデルを用いて、PM2.5の動脈硬化の発生・進展への影響を調べ、その作用メカニズムを明らかにすることによって、将来、動脈硬化の新たな治療法の開発への貢献を目的とするCASとの共同研究は、学術的価値・交流の意義・社会的貢献・若手研究者養成への貢献・実現可能性、将来発展可能性等の審査基準の観点からの選考により採用されました。