English

地域の方々から“相談してよかった”と感じて頂けるような保健師になることが現在の目標です

橋本 直奈さん

2015年 看護学科卒業

中野区役所

学校生活で頑張ったこと、楽しかったこと

 病院や地域での臨地実習は大変ではありましたが、大学時代に最も力を入れて取り組み、やりがいのあった時間だと思います。勉強以外では、趣味やバイトにも時間を費やし、いろいろな経験ができた学生生活だったと思います。

 

なぜ保健師になりたいと思ったか

 元々父の影響で母子保健に興味があったことに加え、臨地実習を通して、「対象者の方を“患者さん”としてだけではなく、“1人の生活者”として捉える」ということを学び、病院だけでなく、対象者の方が退院後に地域へ戻った時、少しでもその人らしく生活できるようサポートする仕事というのに魅力を感じたからです。

 

なぜ現在の職場を選んだか

 様々な人が住み、人の移り変わりの激しい東京で働くことで、様々な経験を積むことができると思ったこと、また、地域のコミュニティ力が低下しつつある東京でこそ、人と人を繋ぐ保健師の役割が重要になってくるのではないかと考えたことなどが理由の一つです。

 

現在の状況や将来の夢

 現在私は中高生の頃からの目標を叶え、地域で母子保健の仕事に従事しています。保健師として自分が対象者の方にできることは何か等日々悩むこともありますが、周りの優しい先輩方に支えられ、やりがいのある仕事を楽しむことができています。今後、様々な分野で経験を重ねながら、地域の方々から“相談してよかった”と感じて頂けるような保健師になることが現在の目標です。


このページについて問い合わせる

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合せ内容

内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。