English

第90回 薬理学会年会に参加して

久保田啓太さん

医学部医学科 2013年入学

2017年3月15日―17日 長崎ブリックホール

私は3月15日~17日に長崎県で行われた第90回薬理学会年会に参加させて頂き、多くの事を学び、山梨大学内にとどまっていたら分かり得ない、とても有意義な時間を過ごすことができました。
 私は学生セッションで口頭発表を致しました。持ち時間が8分と限られる中、自分の研究内容をいかに多くの人にいかに分かり易く伝えるかがポイントでした。その準備段階で苦労したのはどの情報を発表してどの情報は発表しないかの取捨選択でした。今回の私の発表は疼痛セッションの一部に組み込まれていましたので、普段発表している疼痛に関する背景は必要最小限に抑えました。同じ研究テーマでも時と場合によって発表する内容や見せ方を変えなければなりません。そう言った意味で、今回の限られた時間内で自分の研究内容を分かってもらう為に、準備段階で試行錯誤するということはとても勉強になりました。
 また、今回最も収穫が大きかったのは、同じ疼痛を研究する他の学生と親睦を深める事が出来た事です。山梨大学内にいる限りでは同じ疼痛を研究している学生に会う事はなかなか難しいのですが、今回のように学会に参加することによって全国から集結する学生と出会う機会があります。特に今回は九州大学の修士大学院生とお話しできたのではとても貴重でした。その大学院生は研究2年目で僕がこのリエゾンのプログラムに入って4年目なので研究期間だけでいったら僕の方が長いのですが、その方はしっかりとご自身の研究内容とビジョンを捉えられていて、レベルの高さを感じました。視線を県内から全国に移すと、優秀な学生はとても多いと気づかされました。
 今回の学会参加を通じて、発表したことにより得たものはもちろんあったのですが、それよりも他の学生と親睦を深める事が出来た事はとても良かったです。これからも自分の研究と同時に人との繋がりを大切にしていきたいと思います。


一覧

このページについて問い合わせる

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合せ内容

内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。