English

鉄門レクチュア

木村 徳秀さん

医学部医学科 2013年入学

2014年3月17日 東京大学医学部鉄門記念講堂

今回鉄門レクチュアに参加させていただいたため報告させていただきます。
講義全体の内容としては、はじめは簡単な自己紹介、その次に水チャネルの説明、最後はメッセージであったように思われます。しかし後に述べますが、スライドのみでの理解であるため内容の理解はあまりできていません。
感想といたしましては、英語をもっと勉強しなくてはならないというものでした。講師の方が外国人であるため講義はすべて英語で行われることは想定済だったのですが、いざ会場で講義を聞くとやはり理解ができず、正直とても辛かったです。特にジョークなどで会場が盛り上がっている中で自分だけがついていけずにいる時は自分の理解力のなさをより自覚しました。
自分は英語において語彙力もなければリスニング力もなく、たとえば大学受験の英語ですら理解できないことが多々あるほどです。そのうえ医学的な知識もないので、たとえば英語での論文の抄読会などでも分からないところばかりです。英語ができないことは理解していたのですが、今回の講義によってその不足している英語力を補わなければならないことをはっきり意識しました。
また、私により英語力の向上に刺激を与えたことは学生による質疑応答です。自分と学年が三つも違わないのにも関わらず、しっかり講義を理解して英語できちんと質疑応答をしている姿はとてもまぶしく、自分もそのようにならなくてはならないと思うほどでした。
今回の講義では講義の内容は理解できませんでしたが、英語力の大切さを痛感しました。将来世界で研究していく意志のある自分としては、英語は絶対に避けては通れないものであります。そのため、日頃からインターネットなどで外国人による英語の講義を聞いたり、英単語を覚えるなど初心に帰って基礎から英語を勉強したりするなどして英語力をあげていきます。


一覧

このページについて問い合わせる

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合せ内容

内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。