English

第3回サイエンス・インカレ

久保田 啓太さん

医学部医学科 2013年入学

2014年3月1-2日 幕張メッセ国際会議場

第三回サイエンスインカレを見学してみて

私は、2014年3月1日、2日に行われた第三回サイエンスインカレを見学させて頂いて、私自身の今後につながるような色々なことを感じ取ることが出来ました。
まず感じたのは、発表内容が充実しているか否かではなく、発表が上手な人とそうではない人がいるのだということです。2日間という短期間に、口頭発表およびポスター発表を多く見学することにより、発表者の発表スキルを比較することが出来、また発表が上手か否かによって、私たち見学者の興味の駆り立てられ具合や理解度が大きく変わってくるのです。やはり私が、発表が上手だと感じた発表者は審査員の方々からも同様なコメントをもらっていました。
また、上述の内容と重なるのですが、専門分野以外の見学者たちへの説明の仕方にも配慮しなければならないと感じました。例えば、工学部の人たちの中で、医学系についての基礎知識を持っている人はどれほどいるのか。そんなに多くはないのでしょうか。そういった状況では、やはり専門用語の乱発を避け、極力、噛み砕いた表現を使うのが良いのではないかと思います。しかし、専門用語を使わずにできるだけ理解しやすい表現を使うためには、発表者自身が発表内容についてしっかりと理解していなければならず、また見学者の知識が少ないからといって、事実とは異なるような簡単な言い回しでごまかしてもいけないと思います。もし私が今後、サイエンスインカレに発表者として参加するようなことがあれば、医学系の人のみならず、多くの分野の方々に理解してもらえるような発表を心掛けてまいりたいです。
そして最も強く感じたことは、私も早くこの場所に立ちたいという思いです。同じ学部生が各々の研究成果をサイエンスインカレという場所で発表する。それぞれ、研究成果の完成度には差がありますが、しかしそれまでの研究成果をみんなの前で発表するということはとても素晴らしいことだと思います。私の研究に対するモチベーションは今回のサイエンスインカレ見学を通して大いに駆り立てられ、もっと研究をしていきたいという思いが強くなりました。私も早くサイエンスインカレに発表者として立てることできるように、日々好奇心をもって研究に取り組んでいきたいと思います。今回は、見学させて頂き有り難うございました。


一覧

このページについて問い合わせる

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合せ内容

内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。