English

信州大学医学部と山梨大学医学部合同の医学教育成果発表シンポジウムが開催されました。

リエゾンアカデミー事務局

2016年11月12日 信州大学松本キャンパス

日時:平成28年11月12日(土)
場所:信州大学松本キャンパス
主幹校:信州大学

参加概要
 11月12日、信州大学松本キャンパスにて合同シンポジウムが行われ、山梨大学からは教員6名、学生1名が参加しました。このシンポジウムでは、平成24年度文部科学省大学改革推進事業「基礎・臨床を両輪とした医学教育改革によるグローバルな医師養成」の5年間にわたる活動成果を合同で発表しました。内容は以下の通りです。

〇 基調講演 「今後の医学教育改革と医師養成の方向性について」
文部科学省 医学教育課 企画官 佐々木 昌弘先生
〇 取り組みの紹介
 ・「150通りの選択肢からなる参加型臨床実習プログラム」
信州大学医学部医学教育研修センター長 多田 剛先生
 ・「リエゾンアカデミー研究医養成プログラム」
  山梨大学医学部リエゾンアカデミー特進コース部会委員長 杉田完爾先生
〇 学生による成果発表
 ・信州大学医学部医学科5年次生 奥野衆史さん
 ・山梨大学医学部医学科3年次生 加藤大貴さん
〇 パネルディスカッション
 座長:長野県立病院機構 理事長 久保 惠嗣先生
 信州大学
多田剛先生
 学生:奥野衆史さん,四ノ宮健太さん,田中玲於奈さん,宮本真吾さん(全員5年次生)
 山梨大学
 杉田完爾先生
 学生:加藤大貴さん(3年次生)
 特任助教:安村美里,平山友里

山梨大学の採択事業「医学医療の高度化の基盤を担う基礎研究医の養成」と信州大学の採択事業「グローバルな医学教育認証に対応した診療参加型臨床実習の充実」は大きく異なる取り組みですが、双方の活動状況を報告し、情報発信する良い機会になりました。また、長野県内の病院関係者や他大学医学部の教員も多数参加し、ディスカッションではとても活発な意見交換が行われました。


一覧

このページについて問い合わせる

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合せ内容

内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。