English

木下真直君の論文が『Cellular and Molecular Neurobiology』に受理される

リエゾンアカデミー事務局

2012年8月3日

 医学科6年特進コース学生の木下真直君(薬理学講座)の論文「Secretion of matrix  
metalloproteinase-9 from astrocytes by inhibition of tonic P2Y14receptor-mediated signal(s)」が『Cellular and Molecular Neurobiology』に受理されました。この論文は、アストロサイトにおけるP2Y14受容体への持続的なシグナルが、脳の病態形成・リモデリングなどにおいて重要なmetalloproteinase-9の発現を制御することで、脳内の恒常性維持を担っている可能性を明らかにしたものです。

一覧

このページについて問い合わせる

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合せ内容

内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。