English

第5回サイエンス・インカレが開催されました。

リエゾンアカデミー事務局

2016年3月5-6日 神戸国際会議場

 平成28年3月5日からの2日間、神戸国際会議場にて文部科学省主催、独立行政法人科学技術振興機構後援による、「第5回サイエンス・インカレ」が開催されました。これは、大学1-4年の理系学生による全国規模の自主研究の祭典です。今年度は口頭発表46題、ポスター発表131題の発表が行われました。
 ライフサイエンス特進コースからは医学科4年の古谷智さん(生化学講座第二教室、演題名:上皮間葉転換制御因子による細胞老化制御とがん悪化機構に関する研究)がポスター発表を行い、学生6名(含発表者)、教員2名が参加しました。
 1日目は、口頭発表、ポスター発表共に、各審査員による厳正な審査が行われました。口頭発表は分野別に8つの会場に分かれ、発表15分、質疑応答10分の計25分、ポスター発表は発表7分、質疑応答5分の計12分行われました。1日目の最後(懇親会の前)には、口頭発表優秀者8名(各会場の発表者より1名が選出)が発表されました。
 2日目は朝10時より、優秀者による口頭発表が行われ、午後には表彰式が行われました。
今年度からサイエンス・インカレ・アンバサダー制度が導入され、アンバサダーに任命された人たちが積極的にポスター発表者と議論している姿が見られました。また、メッセージボードが各会場に設置され、発表に対する様々な感想が貼られていました。 


一覧

このページについて問い合わせる

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合せ内容

内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。